2021年09月26日

『スズさん〜昭和の暮らしと家族の物語』大墻敦監督取材(白)

suzu.jpg

9月24日(金)

これは11月初めに公開予定のドキュメンタリー昨品です。
ある家族の第2次世界大戦中とその後のお話。
https://kirokueiga-hozon.jp/movie/movie-suzusan

片渕須直監督の『この世界の片隅に』の主人公は「すず」さんでした。
名前は違っても、日本中にすずさんがいたはずです。
自分の祖母や母、叔母たちを思いながら懐かしく観ました。
たいへんな時代であったのに、一日一日工夫して丁寧に生きていた人たち、今の時代にも通じる作品です。
大墻監督の職場の大学までお邪魔して1時間ほどたっぷりお話を伺いました。
これから書き起こします。
10月末には東京国際映画祭が始まりますので、その前にブログに掲載予定です。

お昼に取材が終わり、そのまま東急池上線の「久が原」へ。
スズさんが住んだ家が「昭和のくらし博物館」として公開されています。
小泉和子館長はスズさんの長女で、生活史研究家。

IMG_6158.jpg
建物正面

IMG_6169.jpg
グッズ販売やバザーもあり

2階のミニギャラリーでは「すずさんとスズさん、そしてふたりのリンさん」展開催中でした。(白)
posted by shiraishi at 15:54| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月19日

風間志織監督取材(白)

IMG_6115.jpg

9月14日(火)
チョコリエッタ』(2014)がリバイバル上映されます。風間監督は高校生のうちにPFF(ぴあフィルムフェスティバル)に入選。2001年の『火星のカノン』、2004年『せかいのおわり』がベルリン映画祭フォーラム部門にノミネートされるなど、早くから花道を歩いて来た方という印象がありました。『チョコリエッタ』にはまだ十代だった菅田将暉さん、森川葵さん、三浦透子さんが顔を見せています。岡山天音さんもいます。今若手俳優として映画界を引っ張っている俳優さんです。
その後、新作発表されなかったので、そのへんとこれからのことを伺おうとお目にかかってきました。
ほぼ書き起こしてまとめたものをお送りして確認していただいています。24日の公開前にはブログに掲載しますので、お楽しみに。(白)

インタビュー記事はこちらです。





posted by shiraishi at 20:27| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

久しぶりに渋谷へ(白)

IMG_6108.jpg

◆9月8日(水)
13時、15時半と試写/ドキュメンタリー2本
どちらも2021年11月公開予定

『これは君の闘争だ』ブラジル/エリザ・カパイ監督
2010年代、高校生たちがバス運賃値上げ、学校の再編に反対してデモを始め、大きな運動に発展した。当時のメンバーだった3人が映像を見ながら解説する声がかぶせてある。若い人たちがこんなに頑張ったのに、ブラジルは2019年極右の大統領が誕生した。そこが解せない。

『記憶の戦争』韓国/イギル・ボラ監督(写真)
『きらめく拍手の音』のイギル・ボラ監督の2作目。1960年代後半から1973年韓国軍はベトナム戦争に参戦した。1968年ベトナム中部の村で起こった民間人虐殺事件。生き残った人々に焦点をあてたもの。家族を殺され自身も大けがを負いながら生き延びたタンさんは韓国を訪れ、当時の軍人に謝ってほしいと願う。
日本でも、元兵隊の人々が口を開かずに来て、亡くなる前に告白したりしている。墓場まで持って行きたいと思っていたのが重荷を下ろして懺悔したくなるのかもしれない。戦争ではみな狂気にかられているだろうし、手を下した兵隊たちも命令に従ったのだろうけど、やったことは消えない。記憶に蓋をしても、なくなるわけではない。いつか手を取り合える日が来てほしい。 (白)

posted by shiraishi at 18:58| Comment(0) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

ショーレ・ゴルパリアンさんの自伝本「映画の旅びと イランから日本へ」 (咲)

eigano tabibito.jpg

映画を通じて、イランと日本の架け橋としてご活躍されてきたショーレ・ゴルパリアンさんから、自伝を書きましたとご案内をいただきました。
9月1日にみすず書房から発刊されたご本がさっそく届いて、目次をみて、気になるところを読んでみたら、面白くて、結局、最初から一気に斜め読みしてしまいました。
(6日の午前中に『WHOLE/ホール』の監督さんたちへのインタビューを控えていて、準備しなくてはいけないのに・・・!)

映画にかかわる前のショーレさんの若いころの人生は、衝撃でした!
日本人男性を追いかけて来日。イラン・イラク戦争の時期だったこともあって、約10年日本で暮らした後、失恋も相まって帰国。イランでご結婚するも、ショーレさんが日本の永住権を取っていたことから、ご主人に日本に行こうと言われ、1991年12月に再来日。ご本人は不本意だったようですが、お陰で私たち日本人は、多くのイラン映画を観る機会に恵まれることになりました。
2度目の来日で、最初にイラン映画に関わる仕事をされたのは、1992年。モフセン・マフマルバフ監督の『サイクリスト』の日本語字幕。
私が初めてショーレさんにお会いしたのは、1995年のアジアフォーカス・福岡映画祭でイラン映画特集が組まれた時のことでした。
ショーレさんの歩みには、私自身のそのときそのときの思い出が蘇りました。
まさに、日本におけるイラン映画の歴史に重なります。

shoreh kiarostami.jpg
2010年 東京フィルメックス
『トスカーナの贋作』上映後のキアロスタミ監督の和やかなQ&A

shoreh naderi.jpg
2013年 第26回東京国際映画祭
左より、『ルールを曲げろ』ベーナム・ベーザディ監督と主演のネダ・ジェブライーリさん、アミール・ナデリ監督、ショーレ・ゴルパリアンさん


なにより興味深かったのが、キアロスタミ監督とアミール・ナデリ監督とのエピソード。
対照的な二人の巨匠の素顔がとてもよくわかります。ショーレさんが、個性的な巨匠たちのお相手でご苦労されたことも! 

ぜひご一読いただければと思います。
(ちょっとお高いので、図書館へのリクエストでも!)

***************

『映画の旅びと イランから日本へ』
著者:ショーレ・ゴルパリアン
みすず書房
発行日 2021年9月 1日
定価 3,960円 (本体:3,600円)
頁数 272頁
ISBN 978-4-622-09033-5
Cコード C0074
https://www.msz.co.jp/book/detail/09033/

目次
はじめに

序章 イランに生まれて
二つの町で/革命前のイラン映画/革命前夜

第1章 イランから日本へ
日本に行きたい/昭和最後の日本で/イラン大使の秘書として/イラン人と日本人

第2章 日本からイランへ
しばし日本とお別れ/日本のドラマをイランへ/イラン映画のニューウェーブ

第3章 再び日本へ
異国で子どもをかかえて/イランの映画を日本へ/クロサワとキアロスタミ

第4章 キアロスタミのかたわらで
日本のキアロスタミ/キアロスタミの映画/キアロスタミの哲学

第5章 イラン映画の監督たち
アミール・ナデリ/モフセン・マフマルバフ/マジッド・マジディ/アボルファズル・ジャリリ/カマル・タブリーズィー/ジャファル・パナヒ/バフマン・ゴバディ/アスガー・ファルハディ/イラン映画の現在

第6章 イランと日本を映画でつなぐ
合作映画をプロデュース/日本の監督がイランで撮る

第7章 イランの二巨匠が日本で撮る
ナデリの『CUT』/キアロスタミの『ライク・サムワン・イン・ラブ』/キアロスタミとの別れ

終章 四十年の軌跡
映画祭と映画人

索引・編集者付記

************************

ショーレさんにお世話になった取材の数々から一部をご紹介!

shoreh hana.jpg
『子供の情景』ハナ・マフマルバフ監督来日レポート
http://www.cinemajournal.net/special/2009/kodomo/index.html

shoreh farhadi.jpg
イラン映画『彼女が消えた浜辺』
アスガー・ファルハディ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2010/about_elly/index.html

shoreh salesman.jpg
イラン映画『セールスマン』
主演女優タラネ・アリドゥスティさんがやってきた!
http://www.cinemajournal.net/special/2017/salesman/index.html

shoreh ali talebi.jpg
イラン映画『バイオリン弾き』
モハンマド・アリ・タレビ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2017/violinist/index.html

shoreh just.jpg
2019年 東京国際映画祭『ジャスト 6.5』 監督&俳優インタビュー
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/471579541.html

shoreh kisya club.jpg
イランのショーレ・ゴルパリアンさんが日本映画ペンクラブ賞特別功労賞受賞 (咲)
http://cinemajournal.seesaa.net/article/464654333.html

DSCF3905 hotel new monn.JPG
『ホテルニュームーン』ショーレ・ゴルパリアンさんに聞く
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/477396950.html



posted by sakiko at 19:05| Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月31日

8月も今日でおしまい。(白)

残暑お見舞い申し上げます

8月は誕生月、思えば遠くへ来たもんだ、と旧友と話し合う年頃。
無事に迎えられたことに感謝。
自分への誕生日プレゼントに森崎ウィンくん主演のミュージカル「ジェイミー」観てきました。

053ffdf0231a504fced5d79b8b23c165-scaled2.jpg

こちらに「ジェイミー」記事。
メインキャスト3人のインタビューもあります(故郷ミャンマーについて話すウィン君に、胸がつまります)。
東京公演は無事終了。関西公演はこれからです。
お財布には厳しいお値段ですが、一度はご覧ください。コロナ禍の中、毎日の舞台をいつも以上に真剣につとめただろうキャスト・スタッフたち。払った以上の感激が持ち帰れます。

IMG_6099.jpg

つい先日は話題の『由宇子の天秤』の春本雄二郎監督取材。初めてお目にかかったのは2018年の『かぞくへ』のときでした。もう3年半以上過ぎましたが、イベントやSNSで拝見しているので、お久しぶりの感じはなく。でもこの間にほんとにいろんなことがありました。春本監督にもとても「濃い3年」だったそうです。
『かぞくへ』もとてもいい映画でしたが、予算的にもぐっとステップアップした『由宇子の天秤』はベルリン映画祭を始め、国内外の映画祭で先に上映され、高い評価を得ています。コロナ禍で公開がなかなか決まりませんでしたが、9月17日にやっと一般公開されます。
インタビュー原稿は夕べ出来上がって今、確認していただいています。公開の前の週には作品紹介とともにアップしますので、あと少しお待ちください。

ベイビーわるきゅーれ』の阪元監督がTwitterでシネジャのインタビューに言及、リンクも張ってくださったおかげで阪元監督記事へのアクセスがぐーんと伸びました。ありがとうございました!SNSの威力すごい。作品はとても好評で上映延長されています。

コロナ禍がこんなに長く続くとは思ってもみませんでしたが、これは抗いようがありません。自衛や手助けなどできることをやって、選挙にも忘れず行きましょう。せっかくの直接参加の機会を無駄にしないように。
だんだん横丁のご隠居化している(白)より。


posted by shiraishi at 14:00| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする