2019年08月18日

「ラストエンペラー天津脱出」に惹かれて日本郵船歴史博物館へ  (咲)

8月15日、来週開く高校の担任の先生の「めざせ白寿の会」の打ち合わせで横浜へ。
午後早めに終わるのがわかっていたので、何か面白そうな催しはないかと検索。
awajimaru.jpg

日本郵船歴史博物館の企画展「淡路丸船長の日記 〜ラストエンペラー天津脱出〜」が気になって行ってみました。

ラストエンペラーといえば、清朝最後の皇帝溥儀。
映画は、ベルナルド・ベルトルッチ監督の『ラストエンペラー』(1987年製作、日本公開1988年1月23日)が有名ですが、私は本作が公開される前年に観た『火龍』(1986年製作、日本公開1987年9月)の方が強く印象に残っています。
『ラストエンペラー』で溥儀を演じたジョン・ローンは、実に美しかったけれど、『火龍』で溥儀の後半生を演じたレオン・カーフェイ(梁家輝)の方が、より溥儀に近いかなと。歴史に翻弄された愛新覚羅溥儀の人生を、食い入るように観たのを思い出します。

今回の特別展では、1931年11月に天津脱出をしなければならなかった溥儀を乗せた「淡路丸」の船長の日記が展示され、当時の秘話が添えられていました。

今回、初めて日本郵船歴史博物館を訪れたのですが、特別展に至る常設展が面白くて、なかなか特別展にたどり着けませんでした。
実は、私の母方の祖父は、昭和10年頃まで大阪商船の船長として外国航路を回っていたので、展示を見ながら、祖父がどんな風に船上で仕事をしていたのだろうと思い巡らしました。
祖父は、家族と過ごすためか、台湾の基隆港の水先案内人に転職。昭和20年、終戦前に台湾で病に倒れ、亡くなってしまいました。神戸に家があったので、祖母や母はすぐにも帰りたかったと思うのですが、とても帰れる状況でなく、終戦後、9月に引き揚げてきました。
母からよく、「五郎さん(祖父のこと)は、戦争が終わったら、豪華客船で世界一周に連れてってあげるねと言ってたのに・・・」と聞かされました。
船長や水先案内人の給与はかなり高かったそうで、神戸の家も贅を尽くしたものでした。ブラジルの蝶で出来た絵や、ジャワ更紗(私が生まれた時、おくるみに使っていた)など、世界各地のものが普通に家にあったのを思い出します。
私が世界に目が向いたのも、祖父のDNAかなと。
いい午後のひと時でした。


日本郵船歴史博物館
https://museum.nyk.com/index.asp



posted by sakiko at 20:48| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

ちょっと勝手が違った夏コミケ。 来年はGWコミケですって (咲)

8月10日(土)、抜けるような青空の中、恒例の夏コミケへ。
副店長のミッキーさんから、7時半過ぎ、「こんなに空いてる電車(ゆりかもめ)は初めて」とのメール。ちょうど新宿駅のホームにいたのですが、確かに、りんかい線も空いてました。

実は、前日の9日(金)夜7時のニュースで、「今日から東京ビッグサイトで恒例のコミックマーケットが・・・」というので、えっ?と思ったのです。というのも、10日が初日と思い込んでいたから。
案内をちゃんと読んでない私。 お恥ずかしい。
駅からの導線も、いつもとちょっと勝手が違うし、入口で通行証と引換えに、10日と書かれたブルーのリストバンドを渡され、何、これ?と。

シネジャの設置場所 西地区 ”え”ブロック 30b に到着。
暑いのを覚悟していたら、意外に冷房が効いている♪

隣りは、何回かお隣りだったインド映画のマサラ上映を楽しむ男性。
その方から事情を教えていただきました。
今年は東京オリンピックの準備で、東ホールが使えないので、会場が狭くなり、例年の3日間ではなく、4日間の開催になったとのこと。それでも、例年の75%しか参加サークルを受け入れられないので、規模は縮小。
一般入場者は、これまで無料だったけど、一日ごとに500円でリストバンドを購入。
参加サークルの人は、通行証と引換えに貰うことになっているのだと判明しました。

思えば、来年はちょうど東京オリンピックの開催中の時期。
コミケは、前倒しで、GW(2020年 5月 2日 〜 5日)に開催されることが決まっていることも教えていただきました。
来年は、4月1日の香港でのレスリー追悼記事を遠藤智子さんに速攻で書いていただいて、4月10日には入稿しないと・・・と、来年発行の103号のことが頭を駆け巡りました。

さて、今回の夏コミケの顛末です。
natucomiche.jpg

セッティングして、ミッキー副店長と最近観た映画についておしゃべりしていたら、以前にお隣で親しくなった映画本を出している男性の姿が。
このところ、ガン(銃)の本の売れ行きがいいからか、壁を背にした特等席をあてがわれて戸惑ってるとのご挨拶。映画本の方は、お父様が入院したり、印刷屋さんが廃業したりで、滞っているとのこと。

10時。開場のアナウンス。静かに拍手が広がる大好きな時間。
あまり人が流れてこない・・・と、心配しましたが、程よく覗いてくださる方がいて、ほっ!
いつも来てくださる香港映画好きの奥さまも11時前にいらしてくださいました。
続いて、写真家の島津美穂さん。今年も4日間ボランティアスタッフでコミケを支えているそう。
彼女から、ちょっと寂しいお知らせを聞いてしまいました。レスリー・チャン存命中から、ずっと毎月のように開かれていた会が、去年の12月を最後に開かれてないというのです。命日とお誕生日に贈る千羽鶴は、続けているとのことなのですが、主宰する人たちも、いろいろと事情が出来たのでしょう。

そんな中、なんと、レスリーが好きという男性が・・・
表紙の「追悼 張國榮 (レスリー・チャン)」に気づいてくださったのです。
なんといっても、『欲望の翼』のヨディが好きとのこと。
追悼記事の載っているバックナンバーも、「お金あるかな〜」と言いながら、すべて購入してくださいました。レスリーに多謝♪ 遠藤智子さんに多謝♪

インド映画好きの方のためにと、公開中の『あなたの名前を呼べたなら』『シークレット・スーパースター』のチラシのほか、インド映画掲載号を明示した案内を置いていたのですが、やはり効果ありました。来年は、頑張ってインド映画特集も組まなくちゃ。

ヨコハマ・フットボール映画祭の実行委員長さんで、東京国際映画祭のスタッフの方も、去年に引き続き立ち寄ってくださいました。

そんなこんなで、1年ぶりのコミケも無事終了。

ご購入くださった皆さま、お声をかけてくださった皆さま、今年もどうもありがとうございました。
また来年、5月に♪




posted by sakiko at 18:57| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

済州島の旅(2)西帰浦で画家イ・ジュンソプを偲ぶ  (咲)

7月30日(火)
済州島滞在3日目。有無を言わせず、私の希望で西帰浦(ソギポ)へ。
酒井充子監督の映画『ふたつの祖国、ひとつの愛 〜イ・ジュンソプの妻〜』(2014年12月13日公開)で知った非業の死を遂げた画家イ・ジュンソブが、日本人の奥様と二人の息子さんと共に、1年弱暮らしたのが西帰浦。
P1290594 cheju.JPG
一家が間借りした茅葺の家(復元)のそばには、イ・ジュンソブ美術館も建てられているので、ぜひ訪れたいと思っていたのです。

去年7月、釜山を訪れた時、偶然にもイ・ジュンソブ一家が済州島に渡る前、1か月過ごした汎一洞に宿泊したということもありました。
その時の日記 
釜山の旅 2日目朝 『友へ チング』と国民的画家イジュンソプゆかりの汎一洞を歩く (咲)

イ・ジュンソプについて紹介しておきます。

李仲燮(イ・ジュンソプ)
1916年9月、日本統治下の朝鮮半島で富裕な農家の次男として生まれる。
1936年20歳のとき、東京の帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)に入学。その後、文化学院美術部に移り、三井財閥企業の役員を父に持つ山本方子と出会う。1943年、ソウルで開かれた美術展のために帰国するが、戦況が悪化し日本に戻れなくなる。故郷の元山に帰ったジュンソプは、方子を呼び寄せて結婚。1950年朝鮮戦争が勃発し、家族で釜山、済州島へと避難する。1952年36歳のときに妻子3人を日本へ送還。翌年、特別滞在許可を得て1週間足らず日本に滞在するが、これが家族との最後の別れとなる。
1955年アジアの芸術家として初めてニューヨーク近代美術館に作品が所蔵される。しかし満を持して開催した個展は、銀紙画を春画とみなした当局から撤去命令がでる。この頃から栄養不良や拒食症等で衰弱していき、1956年9月6日、誰にも看取られずに息を引き取った。享年39歳。
1970年代にジュンソプの残した作品群への評価が高まり、一枚の絵が最高35億ウォン(約3.2億円)の値がついた。現在では、美術館が建てられ、韓国の国民的画家と呼ばれている。

さらに詳細は、下記をご覧ください。
『ふたつの祖国、ひとつの愛 〜イ・ジュンソプの妻〜』
酒井充子監督インタビュー

さて、イ・ジュンソプを偲ぶ旅に戻ります。
新済州市のホテルメゾングラッド近くの「恩南洞」バス停から、360番のバスでバスターミナルへ。5番乗り場から、281番のバスに乗車。

バスターミナルの観光案内所で、282番のバスでも行けると教えてもらったのですが、282番のバスの運転手さんに「イ・ジュンソブ?」と聞いたら、運転手さんと、一番前に座っていた年配のご夫婦が声をそろえて「違う。あっち」(という意味のハングルだと思う!)と、281番の乗り場を指してくださいました。
私はハングルはできないので、イ・ジュンソブの名前を言っただけなのですが、わかってくれました。さすが、国民的画家!

済州島を北から南に山越えして、1時間ちょっとで、西帰浦の東門ロータリー到着。
バス停のちょっと手前に、「イ・ジュンソブ通り」と日本語も併記された案内板があり、間違いないと、ほっ!
バス停そばの文房具屋さんで、方向を確認。市場を目指していけばいいとのことでした。
P1290560 cheju.JPG
市場のアーケードの入り口付近
P1290647 320.JPG
その向かい側が、1996年にイ・ジュンソブ通りと名付けられた通りのスタート地点。
ここから、坂を下っていきます。
P1290576 cheju.JPG

P1290587 cheju.JPG
イ・ジュンソブの絵のモチーフが道にはめ込まれています。
P1290593 cheju.JPG
マンホールもイ・ジュンソブ
P1290579 cheju.JPG
排水溝?も
P1290599 cheju.JPG
壁には、絵の複製

P1290603 cheju.JPG
イ・ジュンソブ美術館への道
P1290614 cheju.JPG
イ・ジュンソブ美術館

中の写真は撮れなかったのですが、1階入って左手がイ・ジュンソブの生涯をたどる展示。説明はハングルと英語。
イ・ジュンソブが家族に宛てた日本語の手紙や、奥様の山本方子(やまもとまさこ)さんからの手紙も展示されていて、それにはハングルや英語の訳はなく、日本人には読めるものの、それでいいのか・・・と思いました。
P1290607 cheju.JPG
美術館3階のテラスからは、西帰浦の町とその向こうに島が見えました
P1290623 cheju.JPG
美術館から程近いところにイ・ジュンソブ一家が間借りしていた茅葺の家。1997年に復元されたものだそうです。
一番端の扉を入ると、手前に竈。奥に3畳弱の土間のような部屋。
ほんとに狭くて、暗くて、こんなところで一家4人が暮らしていたのかと涙。
でも、奥様によれば「幸せなとき」だったとのこと。

39歳で非業の死を遂げたイ・ジュンソブ。
かつて過ごした地に、美術館が出来、そこに至る道が「イ・ジュンソブ通り」と名付けられるなどとは思いもよらなかったことでしょう。
歴史に翻弄されたイ・ジュンソブの人生。
せめて、存命中に絵がもっと評価されて売れていれば、39歳という若さで命を落とすこともなかったのではと、涙です。

10歳の妹の孫の男の子も、彼の人生を知って、ちょっとしんみりしていました。
いい勉強になったのではないでしょうか。

と思ったのも束の間、「どこかで休みたい」と言われてしまいました。
私も、暑かったので、パッピンス(かき氷)が食べたいなと。
それなのに、なかなかお店がない!
P1290657.JPG
思わず「パッピンス!」と叫んだら、なんと、パッピンスの写真がパン屋さんの表に・・・
無事、いただきました。
P1290652.JPG
出てきたときに写真を撮り忘れ、少し食べた無残な姿ですみません・・・

その後、アーケードの市場へ。
P1290668.JPG
帽子屋さんに、なぜかヒジャーブ(イスラームの女性が髪の毛を隠すためのスカーフ)が・・・
こんなところにも、ムスリマの観光客が来るのでしょうか。
お店の人に聞いてみたかったけど、ハングルができないので諦めました。

あ〜 どこへいっても、イスラームにかかわるものが気になる私!







posted by sakiko at 22:41| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月04日

済州島の旅(1) イ・ビョンホン贔屓の運転手さん   (咲)

7月28日(日)〜31日(水)の3泊4日で済州島に行ってきました。
妹がエアーとホテルのパッケージを予約してくれて、夏休みに入った妹の孫の小学校5年生の男の子を連れての旅。
ばばぁ二人に文句言わずについてきてくれて、ありがたいことです。もっともママの目がなくて、ゲームし放題なのが嬉しいらしい。

空港に着いて、まず観光案内所へ。
お目当てのイ・ジュンソプ美術館も、4・3記念館も、いずれもパンフレットはありませんでした。地図やバスの路線図は確保。

ホテルは新済州市にあるメゾングラッド。地図をみたら、数年前に来たときと場所が同じ。以前は済州グランドホテルでした。繁華街にあるので便利。
翌日のお昼に豚肉料理を食べることになっていたので、着いた日の夜は牛肉にしようと、町中の観光案内所でお薦めのお店を教えてもらいました。でも、行ってみたら、広いお店でちょっと気が向かなかったので、途中で見かけた落ち着いた佇まいの「安東牛肋」へ。
P1290403 cheju.JPG
これは大正解。6時前で空いていたのですが、後からどんどん地元の家族連れがやってきました。お肉も柔らかくて美味しいので追加もしたのに、3人で7500円位。

29日(月)は、妹がKONESTのツアー「東側+牛島コース」を予約してくれていました。
9時にホテルのロビー集合というので行ってみたら、なんのことはない、私たち3人だけ。日本語の出来るタクシーの運転手さんが出迎えてくれました。
P1290430 cheju.JPG
まずは、世界唯一の平地噴火口「サングムブリ」
広々として気持ちのいい大自然。
映画『恋風恋歌』やドラマ「結婚の女神」のロケ地だそうです。
遠くに、韓国で一番高いハルラ山が見えました。

次に、済州民俗村へ。
かつての中心地で役所もあったところ。
古い民家が百軒以上残されていて、今も人が住んでいます。
住民の女性が説明をしてくださいました。
済州島では男は働かず、複数の妻が働き詰めだったそう。(まったく〜)
P1290451 cheju.JPG
中でも水汲みは重要な仕事。甕を背負った像をあちこちで見かけました。
P1290487 cheju.JPG
城壁の向こうは、位の高い人たちが暮らすエリア
P1290476 cheju.JPG
古い民家を利用した食堂でランチ 豚肉の味噌炒めとチヂミ

フェリーに乗って牛島(ウド)へ
P1290524 cheju.JPG
車に乗ったままフェリーに。外に出ようとしたら、暑いから車に乗ったままでと言われ、乗車したまま牛島へ。15分程で到着。なんだか島に渡った気がしませんでした。
P1290527 cheju.JPG
牛島は、『連理の枝』『イルマーレ』をはじめ、映画の撮影地としても有名・・・とのことなのですが、さてはて・・でした。
P1290504.JPG
風光明媚な崖。
妹がかつて住んでいた隠岐・西ノ島の魔天崖みたいと!
P1290508 cheju.JPG
名物のピーナッツをかけたソフトクリームはあっさりした味。
P1290531 cheju.JPG
帰りは、車から出て、船の最上階へ。やっぱり、風をあびながらじゃないと!
P1290537.JPG
城山日出峯。ここも風光明媚。牛島がすぐ向こうに見えました。

帰路、運転手さんに「映画館で映画を観ますか?」と聞いてみました。
「いや〜映画は観ないね。もっぱらテレビで歴史ドラマ」との答えが返ってきました。
「チャングム、トンイ、オクニョなど、いいね」と。
でも、私が「オクニョのコ・スが好き」というと、「あの人、韓国人じゃないね。まるで外人」
ふ〜ん、そう見えるのか。

妹が、「ユ・ヘジンさんが好き」というと、
「あの人、演技はいいけど、顔が悪いね」
私が、「チョン・ウソンとイ・ジョンジェが好き」というと、
「チョン・ウソンねぇ・・(と、なぜか含み笑い!)、イ・ジョンジェはいいね。でも、今出てるドラマはつまらないから見るのをやめた」
「砂時計のイ・ジョンジェ、よかったですよね」と私。
「あれで有名になったからね。しゃべらないのにね。でも、砂時計、イ・ビョンホンがいいね。彼はハリウッドにも進出したしね。そうだ、映画といえば、『王になった男』は観にいったなぁ」
そうっか〜 運転手さん、イ・ビョンホンがお好きなのね。
普段行かない映画館にも行ってしまうのですから!

最近は、中国の歴史ドラマもよく見ているそう。
そんな話をしているうちに、帰りはあっという間にホテルに着きました。
運転手さん、誰かに似てると思ったら、キム・サンホさんでした!
一日、ありがとうございました。

P1290415.JPG
この写真では、キム・サンホさんに似てるかどうかはわかりませんが、こんな方でした!







posted by sakiko at 21:56| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

クラウドファンディング

映画を作るにはお金がかかります。
昨年大ヒットした『カメラを止めるな』が、クラウドファンディングで資金を集め300万円で作られたというのはよく知られています。今はひろく声をかけ、賛同者を募ることができるようになりました。
資金を集めるのも、形作るのもたいへん、出来上がって劇場にかかって、たくさんの人に観てもらえるまでまだまだ試練が続きます。
始まりのところ、ぜひご協力ください。そしてずっと応援していただけたなら大きな力になります。(白)

『無限ファンデーション』でお目にかかったばかりの大崎章監督と、2017年の作品『世界でいちばん美しい村』でご縁ができた石川凡監督がクラウドファンディング中です。

◆『無限ファンデーション』主題歌・西山小雨「未来へ」幻のMusic Video制作プロジェクト
https://motion-gallery.net/projects/mugen-foundation

◆『くじらびと』石川凡監督のライフワークです。
ベールを脱いだ予告編をご覧ください。生きることの意味、命の尊さを、鯨と死闘を繰り広げるくじらびとの姿を通し世界へ伝えます。完成まであと僅か、皆様の力が必要です。
https://motion-gallery.net/projects/whalehunter3
posted by shiraishi at 10:00| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする