2018年10月14日

エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」はペルシャの物語「レイラとマジュヌーン」から発想♪(咲)

10月11日(木)12時半から11月23日公開の『エリック・クラプトン 12小節の人生』(公式サイト)の試写。
eric.jpg

ザ・ビートルズをリアルタイムで好きだった私にとって、同時代のエリック・クラプトンといえばブルースのイメージ。ジャズ好きの妹が、ジミ・ヘンドリックスやB・B・キングなどと共に、聴いていた記憶があるので、てっきりブラックかと思い込んでいたほど。
エリック・クランプトンと25年来の友人であるリリ・フィニー・ザナック監督による、このドキュメンタリーを観て初めて、エリックがイギリス人だと知りました。お恥ずかしい。

さすがの私も名曲「いとしのレイラ」は知っていて、レイラといえば中東の女性によくある名前だけど、西洋にもあるのかなぁ〜と思っていたのでした。
映画の中で、エリック・クランプトンが、親友ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドに恋い焦がれて、叶わぬ思いに苦しんでいた時に、ペルシャの悲恋物語「レイラとマジュヌーン」のことを知り、それに着想を得て作ったのが「いとしのレイラ」だと説明されていました。
レイラの父親に結婚を許されなかった青年カイスが、狂人(マジュヌーン)になってしまう物語。私の恩師、岡田恵美子先生が、日本語訳「ライラとマジュヌーン アラブの恋物語」を出されています。(平凡社東洋文庫) 中東の古典的悲恋物語で、“ライラ”は、アラビア語読み。ペルシャ語では“レイラ”。

さて、パティ・ボイドは、1977年にジョージ・ハリスンと離婚し、1979年にエリック・クラプトンと結婚しています。恋は叶ったのに、結局、1988年に離婚。

思わぬイランとの繋がりにびっくりしながら、3時半から11月10日公開の『ビリオネア・ボーイズ・クラフ』公式サイト)の試写を拝見。
birionea.jpg


1980年代初頭のロサンゼルスで、高校の同級生二人が〈ビリオネア・ボーイズ・クラブ〉という投資グループを作り、ビバリーヒルズの富裕層を相手に詐欺を働き、ついには殺人まで犯してしまった実話に基づいた物語。
で、殺されてしまったのが、イラン人! 「そもそも悪いのは彼の祖国」なんて言葉が出てきました。1979年のイスラーム革命で、お金のあるイラン人の多くがアメリカに逃げたのですが、ロサンゼルスはイランゼルスと言われるほど、イラン人移民が多いのです。ビバリーヒルズに住む金持ちイラン人も大勢います。

2本続けて、思いもかけず“イラン”が顔を出した映画でした。
詳しい作品紹介は、いずれ!





posted by sakiko at 22:05| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

『殺る女』舞台挨拶、『僕の帰る場所』メイキングDVD

10月3日(水) 
完成披露試写の上映前舞台挨拶。記事はこちら
知英(ジヨン)さん、武田梨奈さん、宮野ケイジ監督が登壇。ネタバレしないように気遣いながらコメントしています。
知英さんは何本も見ているのに、お顔がすぐに浮かばない俳優さんの一人。年のせいじゃなく、たぶん作品ごとに全く印象が違うから。
男性客が多く、ジヨン〜、梨奈ちゃん〜と声がかかっていました。

IMG_6753.jpg

武田梨奈さんには10月11日に『殺る女』(10月27日)&『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』(11月3日公開)でインタビューさせていただきました。
『ハイキック・ガール』(2009)で本格主演。役柄そのままの空手が得意な女子高生で、綺麗なハイキックを決めて目が丸くなりました。2014年CMで瓦15枚を頭突きで割り、もっとびっくり。
あちこちで披露させられていましたが、したコメで「エアー瓦割り」を見せてくれたのはいつだったかな。いい子だなぁと思いましたが、インタビューのときもその印象は変わりません。美人で気さくってとても好かれますよね。

IMG_6822.jpg

原稿まとめ中です。(宿題がいっぱいだ)

10月9日(火)ポレポレ東中野で『僕の帰る場所』。前売り券で平日に鑑賞した先着30人にメイキングDVDのプレゼントがありました。当時の撮影シーンが1時間も入っていて、あのシーンの裏側がこうだったというのがわかります。テッちゃんに呼び名がついていました(笑)。試写を観たカウンくんの反応がいい!
メイキングDVDは劇場で販売しています。(白)
posted by shiraishi at 21:26| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

アジアフォーカス福岡国際映画祭の合間に訪ねた有田で、10/13 シネマ・ピクニックが開催されます (咲)

遠方の映画祭で唯一毎年行くことにしているアジアフォーカス福岡国際映画祭。
今年、絶対はずせなかったのは、イラン、インド、カザフスタンの3本。上映日程が8月末に発表されて、さっそくチェックしたら、カザフスタンの『父への電話』の上映が、9月15日と20日。 結局、16日〜20日の4泊5日で行ってきました。

福岡の映画サークルの方たちと、1年ぶりの再会。東京、名古屋、大垣からの友人たちも含めて、映画の合間には、お菓子や果物が飛び交い、終わってからは皆で映画談義の宴。今年は暗くてつらい映画が多かったけど、皆でわいわいがやがやが楽しかったねと。
DSCF5091 kankyakusyou s.JPG
福岡観客賞を受賞した香港の『大楽師』、観客賞第二位に当たる熊本賞を受賞したマレーシアの『光(ひかり)』、いずれも、ほっこりする映画で、やっぱり明るい映画が観客に好まれるなぁ〜と納得でした。   (観客賞授賞式については、また別に報告します。今更ですが・・・)

さて、9月19日は、映画祭をお休みして、有田まで行ってきました。
イランの国営放送に15年勤務していた上野菜穂子さんが、昨年帰国して、有田町地域おこし協力隊として有田で暮らしているので、訪ねた次第。運良くお仕事が休みの日で、車であちこち案内していただくことができました。

有田焼の成り立ちを見てほしいと、まずは窯元へ。
DSCF5163 arita s.JPG
DSCF5164 arita s.JPG
有田焼が分業で大量生産していること、小さなものから大きなものまで、型を使って作っていること、魚のトロ箱が焼き物の保管に利用されていることなど、見せていただきました。
DSCF5166 arita s.JPG
土日だと働いている人がいないのですが、平日で作業中の姿を見ることもできました。

DSCF5184 lunch 2.JPG
ギャラリー有田で、有田焼の様々な器に盛られたランチをいただきました。

DSCF5195 arita s.JPG
泉山磁石場。1616年(元和2年)、朝鮮人陶工・李参平により発見され、日本で初めて陶磁器が作られるようになりました。

DSCF5236 arita s.JPG
鳥居や狛犬も有田焼の陶山神社

DSCF5224 arita s.JPG
かつての映画館

DSCF5248 arita s.JPG
上野さんの町おこしの仕事の一つが古民家など空き家の利用を考えること。事務所も古民家です。(写真、左の建物)
映画館の無くなってしまった有田の町で、上野さんが企画したのが、空きアパートを利用しての野外映画上映会。開催は、10月13日(土)です!
もう満杯かもしれませんが、案内をこちらに載せておきます。

【シネマ・ピクニック】

DSCF5202 arita s.JPG
ブルーのタイルが印象的な空きアパート「銀英荘」。
L字型の建物の中央にある庭にスクリーンを張って映画を上映します。
お好きな椅子やシートを持ち込んで、ピクニック気分で映画を楽しみませんか?
***
上映するのは、ドキュメンタリー映画『カレーライスを一から作る』
武蔵野美術大学の学生たちが9か月かけて、カレーライスを一から作るお話です。
一から作る・・・つまり、カレーに必要な材料である米や野菜、家畜を一から育てる、カレーを食べる器も一から作ってみるのです!
こうした課外ゼミを計画したのが、「グレートジャーニー」で知られる探検家・関野吉晴。
「関野ゼミ」では、動物を屠ること、命をいただくことについても議論します。
悪戦苦闘の9か月後、いよいよ学生たちはカレーライスを作って食べます。
果たしてそのお味は・・・?
***
映画を観た後は、みんなでおいしいカレーライスをいただきます!
今回は有田のカフェ&レストランkasaneさんにお願いして、有田産の米、野菜、肉を使用した上映会限定カレーを作ってもらうことに。
お店では食べられないカレーですので、お楽しみに!

〇日時:2018年10月13日(土)
受付開始17:15/上映開始18:00 (上映終了予定19:40)
※雨天時は翌日の14日(日)に延期。メールで通知します。
〇料金:大人1,200円/大学生以下800円(映画+カレーライス)、幼児は無料
〇会場:銀英荘(佐賀県西松浦郡有田町泉山1−23−5)
※駐車場はろくろ座をご利用ください。
〇定員:30名程度 ※要予約
〇お申込み・お問い合わせ:有田町地域おこし協力隊(上野)
メール(info.aritakara@gmail.com)に、氏名、人数、連絡先をご記載ください。






posted by sakiko at 10:20| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』取材

10月1日(月)御法川修監督
10月2日(火)歌川たいじさん(原作)

IMG_6719.jpg


連日お目にかかってお話伺ってきました。
映画愛たっぷりの監督は「これで撮影しています」という勝負服(?)で。

IMG_6724.jpg

IMG_6727.jpg

新刊が出たばかりでお忙しい中、手作りケーキをお土産に持ってきてくださった歌川さん「僕の画像はフリー素材です」(笑)。ケーキはブラウニー部分の多いマーブルケーキ。ナッツやチョコのチャンクが入っているみたい。これがすごーくおいしかった!お料理上手で、映画の中のタイジくんが作る「まぜごはん」はご本人の歌川さんがほんとに作っているんですよ。記事まとめ中です。(白)

★2018年11月16日(金)より、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国公開
posted by shiraishi at 23:20| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

2代目高橋竹山さん インタビュー

10月1日(月)
前夜の台風の影響が交通機関に残っていますが、青空。
『津軽のカマリ』大西監督に続いて、出演された2代目高橋竹山さんにお目にかかりました。津軽三味線好きなら知らない人はいない、初代竹山の内弟子になり、1997年2代目を襲名した方です。
実家がお鮨屋さん、10歳から三味線にふれていた江戸っ子の17歳が、初めて聞いた竹山のレコードに衝撃を受け弟子入りを願い出ました。津軽弁もわからない中、一人で厳しい内弟子修行を続けたとは、ほんとにもう「よく頑張りました賞」を差し上げたいくらいです。
インタビューは書き起こし中です。少々お待ちを。

一本筋が通って、きっぷのいい、素敵なかたでした。三味線を弾く姿がまたカッコイイ! 弟子入りは無理ですが、来月のコンサートに行きたいとチケットを手に入れたところです。イープラス、チケットぴあ、ローソン、会場などで販売中です。

takahasi.jpg

初代竹山没後20年メモリアルコンサート
〜「民謡の心」唄から三味線へ、三味線から唄へと繋ぐ〜

出演:高橋竹山(津軽三味線) / 小田朋美(ピアノ)

日時:11月4日(日)13:15開場 14:00開演
会場:狛江エコルマホール

日時:11月10日(土)13:30開場 14:00開演
会場:江東区文化センター 2階ホール

高橋竹山オフィシャルHP https://www.chikuzan.jp/
労音 https://ssl.alpha-prm.jp/ro-on.jp/service/app/artist/detail/261/
posted by shiraishi at 22:19| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする