2020年06月04日

31年前の6月4日 ホメイニー師ご逝去、そして天安門事件  (咲)

1989年6月4日(日)は、私が何をしていたかを覚えている数少ない日の一つ。
その日は、ファルシー会(日本イラン文化交流協会の前身)主催で、浅草界隈の散策会でした。隅田川を眺めながら、お昼を食べているときに飛び込んできたのが、ホメイニー師ご逝去のニュース。赤いスカートを穿いていたのですが、あるイラン人の方から「ホメイニー師が亡くなるのを知っていたの?」と痛烈なジョークを言われました。
同席していたイランの方たちが同じスタンスだとわかっているからこその言葉なのですが、なんと答えていいのやらと、ちょっと戸惑ったのを思い出します。

没後31年を迎え、イラン・イスラム共和国大使館文化参事室(イラン文化センター)主催でバーチャル・セミナー「ホメイニー師の人物と立場」が開催されます。
khomeini seminar.jpg
日時:2020年6月6日(土)17:00〜19:00
Zoomを利用してのセミナーですが、zoomアプリをインストールしていなくても、
bit.ly/IranbunkaZoom
にアクセスすることで、簡単に参加できます。

詳細はこちらで


そして、もう一つ。1989年6月4日、中国では天安門事件が起こりました。
ちょうど1か月前の5月4日に、天安門広場に行ったばかりだったので、え? あそこで?と、とても身近に感じたのでした。
そも、北京はウィグルの旅の中継点で、1泊するだけの予定でした。ところが、ウルムチ界隈の砂嵐のため、飛行機が飛ばず、北京でもう1泊することになって、丸一日、北京で過ごすことになってしまったのです。添乗員さんが、ツアー参加者の希望の多かった故宮と天安門広場、そして私の希望を聞いてくれて景山公園に連れていってくれました。
天安門広場では、大勢がここに集まった時には、広場のところどころに即席トイレになるような工夫がしてあって、なるほど中国らしい!と感心したものです。

あれから31年。
香港で毎年開かれていた天安門事件追悼集会も、新型コロナウィルス感染予防の名目で、9名以上の集会が禁止され、これまでのような形でできなくなってしまいました。それでも、8名以下で集まったり、自主的に意思を表明しながら歩いたりと、キャンドルを手にした香港の人たちの姿に胸が熱くなります。
中国では、当時を知る人も口にせず、若い世代は何があったかも知らないとか。
31年前、勇気を持って立ち上がった人たちがいたことを忘れないでいたいと思います。


追記:
イラン大使館のペルシア語の名通訳である稲見誉弘さんから、ホメイニー師のご命日について、下記のような情報をいただきました。

逝去の日は、ホメイニー師の公式サイトなどを閲覧しても、西暦1989年6月3日土曜日(イラン暦1368年ホルダード月13日22時20分)とあります。
イランの人に聞いてみたところ、亡くなった日(命日)は、確かに6月3日ですが、イランでは亡くなった日ではなく、「埋葬された日」を基準とし、日本で言うところの「亡くなった日」とするようです!
ホメイニー師は翌日の6月4日に埋葬されたため、4日を、「逝去の日」とするとのことでした。


posted by sakiko at 17:57| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

緊急事態宣言は解除されたけれど(暁)

5月25日(月)に東京も緊急事態宣言は解除されたけれど、生活が元にもどるには時間がかかりそうです。映画館の開館や映画試写の開始なども、これから少しづつです。でもすぐ対応できるように、とりあえず来ている試写状を元に6月5日くらいからの試写日程を組み込めるものは組み込んでみました。それにしても、約2ヶ月間だったので、最終試写だいぶ終わっていますね。何作品かは、今後の試写日程とか予定とか連絡が来ていますが、なかなか情報わかりません。とりあえず6月5日までの最終試写日程があるものについて問い合わせたりしています。
それによると、まず『追龍』が6月1日(月)となっていて、明日だったので、試写はないかもと思い、フリーマンに問い合わせたところ、試写があるとのことだったので、明日動けたら行ってみようと思います。これは3月の試写の時に大阪アジアン映画祭とぶつかっていていけなくて、4月になったらと楽しみにしていたのですがいけなかったものです。それ以前に、2年前香港に行った時、1週間後か2週間後の公開で残念ながら香港で見ることができなかったという作品でもあるし、アンディファンでもあるので、宣言解除後、最初に見ることができたらとても嬉しい。もう2年香港に行っていないのでDVDもゲットしていなくて見ていなかったので。写真家森山大道さんを撮ったドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来は常に懐かしい』も6月4日が最終試写だったので、問い合わせたところこちらは試写は中止で、仕切りなおしといったところ。ほかにもあるけど、2週目以降のものについては大丈夫かもしれないけど、やはり確認してからでないと行けないかも。それにしてもつい最近動きだしたけど近場しか行っていないので、遠出できるかどうか不安ではあります。
家の外に出てもふらふら歩いている状態で(笑)、遠くには行けないかもしれません。しゃきっとしたいと思ってもだれてしまった体はなかなか元に戻らないかもしれません(笑)。
すぐに映画が観にいけそうなので、それに備えなくては。

それにしても、2ヶ月もあったのに、家の中は片付かずでした。たくさん溜まってしまった映画のチラシやパンフレットの整理や捨てる作業、やらなくてはと思いつつ、少ししか進んでいません。以前は、映画チラシなどは、なんでも持ってきたりしていましたが、それでもこの数年は自分が興味ありそうな作品をなるべく選んでもらって来ているので、捨てるはのやはり「捨てるぞ」と強い心をもたないと迷う場合が多いです。でも狭い家では置くところもなく、早めに断捨離をしなくてはと思っています。

posted by akemi at 21:19| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーロスペース再開記念で『希望のかなた』リバイバル上映 (咲)

緊急事態宣言解除で、映画館もやっと再開です。

渋谷ユーロスペースでは、6月1日(月)からの営業再開を記念して、2017年に公開されたフィンランドのアキ・カウリスマキ監督作品『希望のかなた』がリバイバル上映されます。

公開前に、難民映画祭で上映された折に、シリア難民を演じたシェルワン・ハジさんが来日。インタビューの時間をいただいたのですが、イケメンのシェルワンさんを前に、どきまぎしたひと時でした。
kibou sheerwan.jpg
『希望のかなた』主演シェルワン・ハジさんインタビュー(2017/11/26) こちらで!
フィンランドで暮らすようになったのは、ダマスカスでフィンランド女性と出会って一目惚れし結婚したから。
ご出身はシリア北西部のチグリス河沿いの町ですが、百年前に曽祖父が東トルコのワンから移住してきたとのこと。それを聞いて、ピンときました。シェルワンさん、クルド人でした。シェルはクルド語で獅子(ライオン)。ワンの獅子という次第です。
百年前というと、東トルコにいたアルメニア人が迫害にあった時期。クルドのハジ一家にも悲しい歴史があったのではないでしょうか。
『希望のかなた』でシェルワンさんが演じたのは、現シリアの圧政から逃れてヨーロッパを目指す途中で妹とはぐれてしまった難民。
アキ・カウリスマキ監督の難民3部作の2作目。辛辣なユーモアで不寛容な世界に声をあげています。
未見の方、もう一度観たい方、ぜひ!
35mmのフィルムでの上映です。

上映日程:
6月1日(月) 11:00
6月2日(火)〜5日(金) 13:20


◆『ようこそ、革命シネマへ』
そして、ユーロスペースでは、4月6日に公開が始まったとたんに中断してしまった『ようこそ、革命シネマへ』も、6月1日から上映が再開されます。
youkoso kakumei.jpg
作品紹介は、こちらで!
1989年、スーダンで4人の映画人により設立された映画製作集団「スーダン・フィルム・グループ」。同じ年、クーデターによりイスラーム急進派の独裁政権が誕生し、言論の自由は奪われ、映画も発禁処分となります。政治犯として投獄される者、国外へ亡命を余儀なくされる者。
長い時を経て再会した4人。スーダンの映画産業は既に崩壊し、映画館も皆無。かつて映画文化があったことを記録に残し、スーダンの人たちに映画を見せたいと奔走する姿を本作は追っています。映画愛に満ちた作品です。こちらもお奨めの映画です。是非!

ユーロスペース 公式サイト




posted by sakiko at 18:43| Comment(0) | 映画館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

『イップ・マン 完結』公開に向けて、お家で過去3作 (咲)

前にも書いた通り、テレビやパソコンで映画を観るのはあまり好きじゃないのですが、ムービープラスで、ドニー・イェン演じるイップ・マンのこれまでの3作を放映するとわかって、これは観なくてはと頑張りました。

ipp man 4.jpg

ウィルソン・イップ監督がドニー・イェンとタッグを組んで描いたイップ・マンの4作目にして最終章である『イップ・マン 完結』(原題:葉問4 Ip Man4)は、本来なら5月8日(金)公開予定でした。それにあわせての企画なのでしょう。
首都圏での外出自粛も解除されそうなので、近いうちに公開日も決まりそうですね。

◆『イップ・マン 序章』(原題:葉問 Ip Man)2008年製作。
1930年代の中国広東省佛山。イップ・マンは裕福な家で育ち、詠春拳の達人として人々の尊敬を集めていましたが、日中戦争勃発で邸宅を日本軍の司令部として使用されることになってしまいます。財産も没収されたイップ・マンは、生きるために慣れない力仕事をすることに・・・ その後、空手の名手である日本軍将校の三浦と対決し、勝ったがために撃たれてしまいます。 (日本人としては、どうにも居心地の悪い展開)

◆『イップ・マン 葉問』(原題:IP MAN 2)2010年製作
1949年、イップ・マンは英国統治下の香港に移住し、詠春拳の武館を開こうとしますが、なかなか思うようにいきません、武館が軌道に乗ってからも、様々な問題が襲い掛かります。
香港の人々の反英感情が高まる中、イギリス側の面子を保とうとする意向で、イップ・マンはイギリス人ボクサーとの生死を賭けた闘いに挑むことになります。
(これまた、なんともつらい展開)

『イップ・マン 序章』は、2010年10月の第23回東京国際映画祭で上映された後、すぐには公開されていません。2011年2月12日に公開された、『イップ・マン 葉問』が新宿武蔵野館で観客動員が5000人を突破したため、同劇場で2月19日に一般公開されたそうです。
映画祭で観たのか、劇場公開時に観たのか、思い出せません・・・
どっちにしても、そんなに前なの?と、びっくり。ついこの間観たような気がします。


◆『イップ・マン 継承』(原題:IP MAN 3)2015年製作
今日、録画しておいたのをやっと観ました。
実は、奥様とのエピソードが描かれたIP MAN 3が、一番好きです。これまでの2作品でも、端々にイップ・マンの奥様への優しい心遣いが描かれていますが、本作では、癌に冒された奥様との最後の日々を描いているので、物語の核になっているといえます。
詠春拳にはげむイップ・マンは、もちろん素敵ですが、奥様と手をとりあってダンスする姿は実に優雅です。

ドニー・イェンを初めて認識したのは『ワンス・アポン・ア・タイム 天地大乱』(1992年、ツイ・ハーク監督)でした。リー・リンチェイ(ジェット・リー)演じる黄飛鴻(ウォン・フェイフォン)の敵役で、眼光鋭く、嫌な悪人に見えたのですが、決めポーズがリーリンチェと負けず劣らず華麗で、「この人、凄い!」と印象に残りました。

礼節をわきまえ、物腰が柔らかいながら、詠春拳の技の鋭さが際立つドニー・イェンのイップ・マンは、ほんとに素敵です。まさにはまり役だなぁ〜と惚れ惚れします。

そして、これから公開になる『イップ・マン 完結』は、病に冒され、余命宣告を受けたイップ・マンが、一人残される息子の行く末を案じて、アメリカに息子の居場所を探しにいく物語。愛弟子のブルース・リーとも再会します。イップ・マンシリーズの最終章も涙なしには観られません。

『イップ・マン 完結』公式サイト:https://gaga.ne.jp/ipman4/


posted by sakiko at 22:26| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京の緊急事態宣言はまだ続いています。(暁)

北海道と東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県以外はすでに先週緊急事態宣言が解除されましたが、私が住む東京はまだ続いています。そろそろ明日25日には解除されるかもしれないというような状態です。でも宣言が解除されても、すぐには元にもどらないかもしれませんね。
今回、映画館も閉鎖され、試写室も閉じられ、映画はオンライン試写とかDVDとかで対応というのが多かったのですが、さらにオンライン配信での映画公開というのまで出てきました。普段Wi-Maxでパソコンを使っている私のパソコンでは動画を見るというのは厳しい状態です。緊急事態宣言が解除されても、すぐには元のようにはもどらないでしょうから、6月もオンライン試写というのが多いのかもしれません。なので、パソコンを新しくするときに対応できるように備えないといけないかも。
持病もちの私は、4月3日から自宅にこもっていので、もう1ヶ月と3週間自宅にいます。それまで、1週間のうち月曜〜金曜日の4^5日は出かけていたので、こんなに長い間、家にこもっているのは初めての経験でした。
自宅はアパートで狭いので、なかなか動けず運動不足です。、1ヶ月くらいすぎたころには、体の調子が悪くなり、歯茎から血が出て止まらなくなったり、むくみが右足に来て足がパンパンになったりしたのですが、これは運動不足で老廃物が溜まってしまった結果のようです。あるいは心臓病の影響で、肺に水が溜まってしまった影響かもしれません。いつも薬をもらいに行っている主治医の先生に相談したところ、利尿剤を1粒多く出してくれて、そういう状態になったときには多く飲むようになって、それは少し解消されたようです。そして、もう2ヶ月以上何を食べてもおいしくないと感じる状態で食欲もなく、便秘のような状態が続いています。もっともその状態なので、そんなには太くならずにいるのかもしれません。これ以上太ったら困ります(笑)。動けなくなってしまう
それでも、そろそれ緊急事態が解除されそうなので、そろそろ散歩でもと思って4日ほど前から少しづつ外に行き始めました。でも少し外を歩いただけでも息が切れすごく疲れます。なんとか、その状態を脱することができるといいのですが…。
1週間ほど前にパソコンのマウスが壊れてしまっていたので、一昨日は、隣駅の吉祥寺にあるヨドバシまで行き、新しいマウスに買い替えました。そして、昨日は2ヶ月ぶりくらいにレストランに行き外食しました。借りているアパートの更新が6月で、保証人の判が必要だったので妹に来てもらい判を押してもらうためです。いつもだったら私が妹のところに行くのですが、この状態だから、私はまだあまり動かなくていいように来てくれたのでした。
というわけで、昨日まで3日続けて近所にでかけているのですが、家にいるだけで、あまり動かないでいたものだから、カートを杖代わりにヨタヨタと歩く状態になっています。今までだったら10分くらいで歩けたところが30分くらいかかってしまったり、やはり体力の低下は明白です。ちゃんと元に戻るだろうかと心配。
それでも外に出られるようになったら、やることはいっぱいあります。歯医者も途中だったし、美容院にも行かないと髪がかなり伸びてしまい、じゃまでしょうがありません。暑くなってきたし髪を短くしたい。
そしてなによりも、どこか旅行に行きたいです。それにおいしいものも食べたい。そうしたら食欲も戻ってくるかもしれません。ああ、いつになったら元の生活が戻ってくるのでしょう。あるいは体力落ちたまま戻らないのかもしれません。そうなったら、そうなったで対応できるように考えなくては。
posted by akemi at 21:24| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする