2020年10月18日

『異端の鳥』今もどこかで他者が排除されている世界を憂う (咲)

10月13日(火)、『異端の鳥』鑑賞。169分の長尺!
ナチスのホロコーストから逃れるために疎開した少年が差別と迫害に抗い、生き抜く・・・と公式サイトにあり、気になっていた映画。残念ながら試写の案内をいただかなかったので、公開されたら早く観に行きたいと待ち構えていました。日比谷シャンテまで行くつもりでいたら、我が家の最寄り駅高幡不動から多摩モノレールで11分の立川でも同時公開! 立川高島屋の8階に去年6月に出来た「kino cinema立川高島屋S.C.館」。観やすくて、綺麗な映画館です。87席のスクリーン1に、30人強。平日の午後2時過ぎからの時間帯に、なかなかの注目度!?

終始、まさに固唾をのんで見守りました。
森の中、犬を抱えて走る少年。追手に追いつかれ、犬を焼かれてしまいます。冒頭から強烈な映像。
「僕を迎えに来て」と書いた紙を帆にした小舟を川に流す少年。家の片隅にあるピアノで「エリーゼのために」を弾く姿からは、育ちの良さを感じさせてくれます。家の主の女性を叔母さんと呼んでいて、どうやら親から預けられたらしい。火事で家が焼け、叔母さんも亡くなり、居場所を求めて放浪の旅へ。
墓場にはイコンと八端十字架。正教を信じる東欧のどこからしい。
行く先々で、不吉、吸血鬼などと蔑まれ、暴力を受ける少年。
「おまえはロマ(ジプシー)か?」と聞く者もいて、少年がユダヤ人だとはっきりわかるのは、映画が始まって1時間位。
何の説明も読まずに映画を観ると、なぜ少年がこれほどまでに残虐にいじめられるのか解せないことでしょう。少年は見るからに異質とも思えません。それにしたって、ユダヤ人だからという理由で叩きのめしていいはずはありません。
原題は「ペインティッド・バード」。鳥にペンキで綺麗に色付けして、鳥の群れの中に放ったら、鳥たちが寄ってたかってつついて殺してしまう場面があります。まさに異質なものを排除する構図。モノクロの映画なのに、ここだけはカラフルな鳥が目に見えるようでした。
(なお、下記のポスターの鳥は、色を塗られた鳥ではありません)

itannno tori.jpg

ポスターにある、地中に埋められて顔だけ出している少年。
第7回東京フィルメックスで上映されたイラン映画『りんご、もうひとつある?』(2006年)に、そっくりな場面があったのを思い出しました。地中に埋められた男女。目の前にりんごが一つ。そんな画でした。バイラム・ファズィル監督が、「もちろん安全に二人を埋めて撮ったよ」と語っていました。この映画も人間の残虐性を描いたものでした。

『異端の鳥』では、少年が移動するにつれ、ドイツ兵やソ連兵が出てきて、戦争中であることがわかります。村人たちが家財道具をまとめて逃げようとしているところに、兵士たちが押し寄せ、家を破壊し、人々を殺害する場面もありました。今まさに火を噴いているアルメニアとアゼルバイジャンの人々のことが頭をよぎりました。戦争で被害にあうのは庶民・・・ 虚しいです。

ところで、『異端の鳥』で使われている言語は、ドイツ兵やソ連兵はそれぞれの母国語ですが、その他の人々が話しているのは人工言語「スラヴィック・エスペラント語」。
原作のイェジー・コシンスキの小説の中で、物語の舞台は「東ヨーロッパのどこかで特別な言葉が話される場所」とされ、明確に述べられていないことから、舞台となる国や場所を特定されないようにヴァーツラフ・マルホウル監督が配慮したもの。

暴力の応酬が続く『異端の鳥』ですが、中には少年を救う人物も出てきて、人間の良心も見せてくれます。自分とは異質な他者を憎むのではなく、違いを認め思いやる心があれば、世界は平和なのにと思わずにはいられません。

モノクロの映像が素晴らしかったですが、内容はかなりつらいものでした。
最後には希望が見えて、ほっ!
ぜひご覧くださいとは言い難いですが、見ごたえのある忘れられない映画です。


シネジャの作品紹介

ミッキーの毎日映画三昧


異端の鳥(原題:The Painted Bird )
監督・脚本:ヴァーツラフ・マルホウル
原作:イェジー・コシンスキ「ペインティッド・バード」
出演:ペトル・コラール、ステラン・スカルスガルド、ハーヴェイ・カイテル、ジュリアン・サンズ、バリー・ペッパー、ウド・キアー

2018年/チェコ・スロヴァキア・ウクライナ合作/スラヴィック・エスペラント語、ドイツ語ほか/169分/シネスコ/DCP/モノクロ/5.1ch/
配給:トランスフォーマー
COPYRIGHT @2019 ALL RIGHTS RESERVED SILVER SCREEN ČESKÁ TELEVIZE EDUARD & MILADA KUCERA DIRECTORY FILMS ROZHLAS A TELEVÍZIA SLOVENSKA CERTICON GROUP INNOGY PUBRES RICHARD KAUCKÝ
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/itannotori/
★2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー




posted by sakiko at 04:05| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

『本気のしるし 劇場版』初日舞台挨拶(白)

10月9日(金)
IMG_4411.jpg

昨年10月、メ〜テレ(名古屋テレビ)の夜の連続ドラマで人気だった「本気のしるし」10話分を、未公開部分を含めて232分に再編集。
これは監督いわく「ダメ元で応募したら」カンヌ国際映画祭「Official Selection 2020」に選出されました。この『本気のしるし 劇場版』が本日より公開、長尺を観た後のお客様たちの前に、主演の森崎ウィンさん、土村芳さん、深田監督が登壇しました。照明で顔が暗くなり、私のカメラと腕ではこれが精いっぱい。トーク中の撮影は禁止なのでありません。
詳細はのちほど…書けるかな。→書けました。こちら

放映時、東海地方でしか見られないので「スクリーンで観よう」というクラウドファンディングに参加。深田監督と出演者のトーク付き上映会に通いました。一回目を見た日記がここに。ネットの見逃し配信も観て、映画公開前の試写も一気に観て、3回以上通して観て、実はお腹いっぱいです。それでも、ストーリーもわかっているのに、つい観てしまうのは、観るたびに気づきがあるからですね。ちょっとした伏線やら、小道具やら、カメラワークやら、監督や出演者の目になってみたり。
今日の朝日新聞夕刊「cinema 観る」に森崎ウィンさんの大きな記事がありました。写真はいつもの笑顔でなく、辻一路になっています。

youtube公式チャンネルには、先日の配信ライブのうちの1曲「Blind Mind」がアップされていました。こちら。アルバムの中でこれが一番印象的でした。
ドラマチックに歌い上げるMORISAKI WINをご覧ください。辻くんと真逆。アルバムの音源ともまたアレンジも熱量も違います。(白)


posted by shiraishi at 21:53| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『相撲道〜サムライを継ぐ者たち〜』坂田栄治監督インタビュー(白)

10月7日(水)
20201007sakata.jpg

子どものころは相撲好きの父と一緒に楽しみに観ていたお相撲。大きくなるにつれて夕方の放送時間までに帰れなくなり、主婦になったら一番忙しい時間でテレビの前にいられなくなりました。ニュースで話題の取り組みを観るだけ。
そ、それがこのドキュメンタリーを観たら、昔の楽しさを思い出したんです。社宅の奥さんたちと座った初めての桟敷席、上京した母を連れていった国技館。あの賑わい、迫力の取り組み、そしてお相撲さんたち、力士の凛々しさ美しさが蘇ってきました。
坂田監督はTBSで人気番組を担当していたプロデューサーです。「それがなぜお相撲?」から伺ってきました。
熱くてお話が面白くて、やっぱり30分があっというまでした。
東京で場所が開幕したら、いそいそと観に行ってしまいそうです。(白)

★2020年10月30日(金)よりTOHO シネマズ錦糸町、
10月31日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開


参考:日本相撲協会 

公式サイト http://www.sumo.or.jp/

Twitter https://twitter.com/sumokyokai

YouTube http://bit.ly/2IMPvNR

Instagram http://bit.ly/31pDQeb
posted by shiraishi at 21:11| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月04日

『タイトル、拒絶』山田佳奈監督インタビュー(白)

IMG_4384.jpg

10月1日(木)
暑い暑いと言っているうちに急に秋らしくなりました。
秋晴れのこの日、昨年の第32回東京国際映画祭で上映された『タイトル、拒絶』山田佳奈監督の取材に伺いました。セックスワーカーの女性たちを活写した舞台を映画化して、主演の伊藤沙莉さんがジェムストーン賞を受賞しています。昨年は作品を見逃して、舞台挨拶だけを観に行きました。やっと拝見した作品は、事情を抱えながら働く女性たちを力のある女優さんたちが好演。周りのひどい男たち(上手いということ)にもめげず、たくましく生きています。
山田佳奈監督はOLをやめて劇団をたちあげ、10年やってきてその間に自主映画を撮り、昨年あたためていた念願の長編映画を作ったという方です。てきぱきして、的を外さずしっかり回答してくださって30分が短かった…。

IMG_2085.jpg
2019年のTIFF舞台挨拶

★11 月 13 日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
posted by shiraishi at 16:40| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

第33回東京国際映画祭ラインナップ発表記者会見 (白)

IMG_4349.jpg

9月29日(火)
六本木ヒルズ49F大ホールにて、開催まであと1ヶ月となった第33回東京国際映画祭のラインナップ発表の記者会見 が行われました。コロナ禍の中ということで、例年より席数を減らして定員を超えると抽選です。(咲)さんは外れましたが、くじ運の悪いはずの(白)が当たり、出かけました。映画祭のときだけ上がる49F、椅子は一つ空けて置かれています。
映画祭報告ブログのほうには詳細と、公式の画像をあげますね。ここでは自分の席から(移動禁止)の小さなデジカメで撮影したものです。

中井美穂アナウンサーを司会に、安藤裕康チェアマン、久松猛朗フェスティバル・ディレクターがそれぞれ、今年のコンセプトを紹介しました。ゲストとして、フェスティバル・アンバサダー役所広司さん、「Japan Now」部門で特集に選ばれた深田晃司監督(トークが熱い!)、「アジア交流ラウンジ」を企画された是枝裕和監督が登壇されました。

IMG_4340.jpg

youtubeの映画祭公式チャンネルでは開会と同時に中継され、これからも見られますので、どうぞ。(白)
https://www.youtube.com/watch?v=hg7Q68-21G0




posted by shiraishi at 23:01| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする