2020年01月19日

「華影天地 電影倶楽部の選んだ中国語圏映画100本」を紹介(暁)

シネマジャーナル読者の小林美恵子さんが作った多摩中国語講習会創立50周年記念誌「華影天地 電影倶楽部の選んだ中国語圏映画100本」を紹介します。

多摩中国語講習会(多摩中)は 1969 年、立川市で発足しました。発足当時は、まだ日中の国交回復以前、中国では文化大革命中という時期で日本では一般には中国に親しむという意味での関心がそれほど高い時期とは言えませんでした。立川周辺に中国語教室というようなものも存在しなかったこの時期に中国語を通して中国を学びたいという強い意志に支えられて、多摩中は船出をしたのです。【多摩中国語講習会の歩み】より

この多摩中国語講習会の課外授業として2003年に「多摩中電影倶楽部」という中国語圏映画の上映会が発足し、15年続いた上映会が100回になり、記念誌「華影天地 電影倶楽部の選んだ中国語圏映画100本」を作ったそうです。「華影天地」は、その上映会の時に作品を紹介するため発行していたニュースで、それをまとめたのがこの本です。2,3ヶ月に1回の上映会ですが、100回も続いたというのがすごい! 映画愛です。中国、香港、台湾、シンガポールなどを舞台にした作品で、中華圏の監督が作った作品だけでなく、日本人が作った作品も上映されています。日本での劇場公開作を中心に映画祭で上映された作品、あるいは現地でしか上映されていない作品まで、様々なジャンルの映画上映をしてきた記録でもあります。タイトル、原題、製作年度、スタッフ、キャストなども記載され、中華圏映画の情報辞典のような形にもなっています。

華影天地 電影倶楽部の選んだ中国語圏映画100本

華影天地320.jpg


この記念誌を希望の方がいましたら、送付先記載の上、下記、宮崎のアドレスまで連絡ください。
xiaomei@tiara.ocn.ne.jp

電影倶楽部 上映情報
https://tamachu-huayingtiandi.blogspot.com/


posted by akemi at 21:53| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

2019年の興収ベストテンの映画、1本も観ていなかった!(暁)

2019年1月7日の朝日新聞を読んでいたら、国内映画興収、2019年は過去最高、「映画大ヒット御礼」「100億円超続々」とあり、2500億円を超える興収見通しで、入場者数も最多の1億9000万人超になる見込みとのこと。そして、この記事とともに、2019年に公開された映画の興行収入順位が発表されていた。
その興収ベストテンの作品を見て驚いた。私は1本も観ていない!!
去年観た映画の集計はまだ出していないけど200本くらいは観ているはず。
それなのに、2019年のベストテン作品は観ているものがなかった。この数年、1本くらいは観ているのにと思った。ま、観たい映画の趣向が違うからしょうがないとは思うけど、ベスト20まで見たら、さらに驚き。ベスト20までも1本も観ていない!!! メジャーな作品はあまり好きではなく、映画の内容によって観るという趣向だからこうなるのだろうけど、ベスト20まで観ていないとは。『アラジン』行けたらとは思っていたけど行かれずだった。『アナと雪の女王2』は試写が来ていたけど、結局観に行けなかった。
シネマジャーナル本誌でのベストテン特集がなくなってから、もう2年くらいベストテンを出してなかったけど、2019年に観た映画、どうだったか見直してみなくては。
2019年、興収ベストテンの作品は下記作品だそう。これを見ると、アニメ作品がほとんど。アニメはほとんど観ない私としては、ベストテンの作品を1本も観ていなかったことに納得。アニメはよっぽど興味ある内容か、機会があれば観に行くという程度。それにしても、皆さんそんなにアニメが好きなんだなと改めて関心。

順位 タイトル 監督 公開日

1位 天気の子 監督:新海誠 2019/07/19
2位 アラジン 監督:ガイ・リッチー 2019/06/07
3位 アナと雪の女王2 監督:クリス・バック ジェニファー・リー 2019/11/22
4位 トイ・ストーリー4 監督:ジョシュ・クーリー 2019/07/12
5位  名探偵コナン 監督:永岡智佳 2019/04/12
6位  ライオン・キング 監督:ジョン・ファヴロー 2019/08/09
7位 アベンジャーズ エンドゲーム
   監督:アンソニー・ルッソ , ジョー・ルッソ 2019/04/26
8位 キングダム 監督:佐藤信介 2019/04/19
9位 劇場版 ONE PIECE STAMPEDE 監督:大塚隆史 2019/08/09
10位 ジョーカー 監督:トッド・フィリップス 2019/10/04






posted by akemi at 06:50| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

第43回日本アカデミー賞優秀賞 発表

授賞式は3月6日。テレビでも放映されます。
作品一覧はこちら
この中から最優秀受賞が決まります。
その前に作品をぜひ見直してね。

https://www.japan-academy-prize.jp/index.php
posted by shiraishi at 19:02| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

昨年最後の映画と今年初の映画(白)

IMG_2663.jpg

昨年12月末でTOHOシネマズの「1ヶ月フリーパス」サービスが終了しました。
これは映画マイレージを6000マイルためたら、1ヶ月間全国のTOHOシネマズ(六本木ヒルズは除く)で観放題というサービスです。なくなると聞いて、最初で最後に入手しようと、計算しつつせっせと劇場に観に行きました。1分1マイル、120分の作品なら120マイル。6000マイル貯めるには2時間ものを50本です。TOHO上映の長尺大作は、私はほぼ試写で観られないので、ちょうど良かったです。
11月末、めでたく6000マイルを越えて、1ヶ月間試写と取材の合間に通いました。字幕・吹き替え両方観たり、これまで未見の『妖怪ウォッチ』まで22本観ることができて充実した1ヶ月でした。おかげで今年の試写・劇場合わせた鑑賞本数は380本と前年を更新。

昨年最後の映画は試写が(暁)さんと同じドキュメンタリー『世界で一番貧しい大統領』、劇場は『アナと雪の女王2』吹き替え版。
今年初の映画は6日の試写『ジョジョ・ラビット』が満席で入れず、同じくあぶれたKさんと二人その足で六本木ヒルズのTOHO『男はつらいよ50 お帰り 寅さん』に。これが初劇場映画になりました。
『男はつらいよ』シリーズは1969年に第1作が作られてから50年。22年ぶりの50作目です。渥美清さんをはじめ、亡くなられた方々が若い姿のまま映画の中にいました。全作品観ていますが、記憶はおぼろ「ああ、こんなシーンもあった、こんな人もいた」と懐かしく観ました。
寅さんは回想シーンと満男の幻想の中に出てきますが、どこでどうやって亡くなったのかは描かれていませんでした。それぞれの思い出の中に生きているということなんでしょうね。
初試写は8日に『エキストロ』(日本)フェイクドキュメンタリー、『衝動 世界で唯一のダンサオーラ』(フランス)ドキュメンタリーでした。
今年はどんな映画、どんな方々に出会えるのか楽しみです。そのためには元気でいなくてはいけません。
みなさまも健康第一、ご機嫌よく過ごせる一年でありますように。(白)
posted by shiraishi at 13:47| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

今年もシネマジャーナルをどうぞよろしく(白)

2020年があけました。
昨年はどんな一年だったでしょうか?
災害が多かった、政治は積み残しばかり。1年の区切りが問題をリセットしてくれるわけではありませんが、気持ちの仕切り直しは自分次第ですよね。ぼちぼちでも進んでいきましょう。
写真はいつも出掛ける巣鴨のとげぬき地蔵です。心にささったとげも抜いて気持ちよく一年すごせますように。

IMG_2703.jpg

IMG_2704.jpg


昨年の映画ベストテンを募集中です。
おすすめ映画ブログのコメント欄に書いていただいても参加できます。(白)
http://cineja4bestfilm.seesaa.net/article/472967071.html
posted by shiraishi at 21:03| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする