2013年03月21日

3月19日火曜「ミッキーの映画日記」『噂のギャンブラー』『俺俺』


カチンコ『噂のギャンブラー』スティーブン・フリアーズ監督/アメリカ、イギリス
 出張ストリップダンサーをしていたベス(レベッカ・ホール)は、ひょんなことから、スポーツ賭博をするディンク(ブルース・ウィリス)と知り合う。
賭け事には縁のなかったベスだったが、人手が足りないことから手伝うことになる。が、瞬く間に才能を発揮して、多額な儲けをはじき出す。
やがて、男っ気溢れるディンクに黒ハート魅かれるようになるが、ディンクには恐妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)がいて、彼自身も妻に頭が上がらず関係は進まない。

 なんと、この女性は実際にいらっしゃった方。
スカッと胸がすくような切れ味の良い作品。
ブルース・ウィリスのギャンブルに負けてちっ(怒った顔)キレる顔と奥様の名前を聞いただけでがく〜(落胆した顔)ビビる顔がとっても面白い。
これって女性が観て楽しい「稀な作品」だ。
最後なにもかもうまくいくのがちょい減点だが、たまにはこんな映画を観て晴れ晴れしないと。グッド(上向き矢印)

カチンコ『俺俺』三木聡監督/5月25日公開
 家電量販店で働いている俺・永野 均(亀梨 和也)は、ハンバーガーショップで隣の席に座った男の携帯電話を持って帰ってしまう。
そして偶然持ち主の母親から携帯電話連絡があり、成り行きでオレオレ詐欺をして、あっさり大金を手に入れてしまった。だが、翌日仕事を終えて家に帰ると、家には知らないおばさんがいた。
俺を息子よばわりしている・・・?
わけがわからず実家に行くとそこには「俺」と名乗る「均」がいるexclamation&question

今日、午前中に銀行銀行に行った。銀行にはオレオレ詐欺に引っかからないよう呼びかけのポスターが張ってあった。
今日の試写作品がこれだったから、いろいろ手口などを読んでいたら、銀行の説明係りの方から「何か、お困りのことがございましたか」と声をかけられて慌ててしまった。

 一人二役の映画はよくあるが、これは何役ある?めちゃくちゃある!
それに驚き、目を奪われてしまい、今、どんな映画だったか思い出せない。
つまらないのではなく、オレオレ詐欺の顛末かと思っていたこちらが悪いのかもしれない。
オレオレ詐欺顛末だけでない。恋愛、職場、家族の危うい関係もちゃんと入れ込んである。

脇の俳優さんたち(加瀬亮、内田有紀、高橋恵子、ふせえり)のキャラが際立っているので、その点ではなかなかの力作。

ミッキーおばぁには展開が早過ぎて「え、これもこの人?」と思ってるだけで時間がどんどん進んで行った。もったいな〜い、もう一度観なきゃ!

※合計33役に挑戦する亀梨和也を支えるヘヤメイク・橋本甲二さん、ご苦労様でした。
※監督さんの作品『インスタント沼』にもおかしなキャラの加瀬亮が出るが、この時よりもっとおかしな加瀬亮が家電量販店にいらっしゃる!
posted by mikiko at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッキーの映画日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする