2014年09月20日

アジアフォーカスは今年も大満足♪  (咲)

毎年楽しみにしているアジアフォーカス福岡国際映画祭。
今年も行って来ました!
連休が絡むので、スケジュール発表前にフライトとホテルを予約。
14日〜18日の4泊5日にしたお蔭で、公式招待作品15本の内13本と、台湾映画特集1本、ブータン映画短編4作を観ることができました。(去年は、3泊4日にしたら、絶対観たいのに、観られなかった作品があって泣きました・・・)

滞在中、4作品の監督にインタビューしてきました。
(アジアフォーカスの事務局の皆さま、アレンジ感謝です。)

『シッダルタ』(インド/カナダ)
カナダ育ちのリチー・メーヘター監督
P105048420indias.jpg

両親の故国インドに行った折、リキシャの運転手から、12歳の息子を出稼ぎに出したら行方不明になってしまったという話を聞き、それを元に作った映画。

『私は彼ではない』(トルコ/ギリシャ/フランス)
タイフン・ピルセリムオウル監督
P105051620turkeys.jpg

職場の女性に誘われて家に行き、服役中の彼女の夫が自分にそっくりなのを知る男性。夫に成りすまして暮らしていたら・・・ というお話。
監督には初めてお会いするはずなのに、そっくりな監督に取材した記憶が・・・  日本人から見れば、同じように見えるトルコ人はいっぱい。監督からは、自分から見れば日本人は皆同じように見えると言われました。

『兄弟』(フランス/グルジア)
テオナ・ムグヴデラゼ監督
P105056320giogias.jpg

1991年にソ連から独立した時、14歳。昨年東京フィルメックスで最優秀作品賞を取った『花咲くころ』のナナ・エクチミシヴィリ監督と同世代。もちろんご友人。グルジアでは、ソ連からの独立後、しばらく映画産業も停滞していましたが、今や女性監督の活躍も目覚ましい様子を伺いました。

『予兆の森で』(イラン) 
シャーラム・モクリ監督と、奥様で脚本アドバイザーのナシーム・アフマドプール・サマニさん。
P105055120irans.jpg

モクリ監督は、ケルマンシャー出身のクルド族、奥様のナシームさんは、イスファハーン出身のバフティヤーリー族。とっても仲良し。
滞在中、何度もお話する機会があって嬉しかったのですが、なぁんと、東京に帰るフライトで、彼らの2列後ろという偶然! 羽田でイラン式にハグしてお別れしました。

毎年通ううちに親しくなった福岡の映画サークルの人たちとも、1年ぶりの再会。
上映の合い間に情報交換したり、終わってから皆でお食事しながら映画談議したりと、楽しいひと時でした。いっぱいお土産もいただき、ほんとに福岡の人たち、あたたかいです♪
心残りは、福岡の皆さんとあまりゆっくりお話できなかったこと!

福岡在住の大学の同級生の男性がジャズシンガーデビュー。
ちょうど滞在中にリハーサルをするというのでライブハウスに行ってきました。
カラオケで美声は知っていましたが、いやぁ〜お上手!
料亭でご馳走になりました♪
大濠公園が見渡せるマンション5階のご自宅にも伺って、93歳のお母様にもお会いしてきました。

最終日の朝、ホテルの窓から見えたマリンタワーまで行ってみました。
2004年のアジアフォーカスの時に来日した、イランの女優ゴルシーフテ・ファラハーニーさんや、カマル・タブリーズィー監督、パルヴィーズ・パラストゥーイーさんたちが、通訳の本間梨江さんに、「あそこに見えるタワーまで行ってみたい」とお願いして、中洲川端から夜の道をマリンタワーまで行ったことを思い出しました。もう、あれから10年!

そんなこんなで、今年も充実の福岡でした。
アジアフォーカス報告は、シネジャ92号と、Web版特別記事の両方でお届けする予定です。
原稿、忘れないうちに頑張って書かなくちゃ!
posted by sakiko at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島映像祭2014

hukusimaeizousai.jpg

期日:9/20(土)-26(金)
会場:ポレポレ東中野、Space&Caféポレポレ坐
主催:NPO法人OurPlanetTV
共催:ポレポレ東中野
助成:公益信託オラクル有志の会ボランティア基金
チケット:
 ◆ 特別フリーパス(上映・イベント全てでご使用可):10,000円(数量限定)
 ※ご記名ご本人様のみ有効、ご使用時に身分証明書を提示頂く場合がございます
 ※当日整理番号の受付が必要となります
 ※満員の際はお入り頂けない場合もございます
 ◆ 上映料金:【3回券】3,600円
       【1回券】一般1,500円、シニア1,300円、大専1,000円、高中小700円
 ◆ イベント料金:予約1,500円、当日2,000円
 <チケットお取り扱い窓口>
ポレポレ東中野の劇場窓口、OurPlanet-TVの事務所(神保町)、OurPlanet-TVの主催イベント会場、チケットぴあ。特別フリーパスはポレポレ東中野のみでの販売。

プログラム:
●映画
『無知の知』監督・編集:石田朝也
『福島 生きものの記録 シリーズ2〜異変〜』監督:岩崎雅典
『3 PORTRAITS and JUNE NIGHT』監督:池田泰教
『物置のピアノ』監督:似内千晶
『Gambarô (Courage!)』監督:アラン・ソーリエール、ティエリ・リボー
『南相馬市原町区 ぼくの町の住人』監督:岡達也

●テレビ
「僕と親父の農業」制作:福島放送
「迷走する中間貯蔵施設」制作:福島放送
「ようこそ球美の里へ〜原発事故から3年 福島と沖縄〜」制作:琉球放送
「100人の母たち」制作:RKB毎日放送
「汚された村から〜福島 チェルノブイリ〜」制作:名古屋テレビ放送
「“自主避難”〜原発事故から3年・家族の苦悩」制作:毎日放送

●特別上映
「東電テレビ会議 49時間の記録」製作:OurPlanet-TV
スケジュールなど詳細は公式HPへ
http://fukushimavoice.net/fes
posted by shiraishi at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする