2015年11月25日

東京フィルメックス カザフスタンの女性監督作品『わたしの坊や』 チャンスは今晩11/25 21:15 もう一度!(咲)

毎年楽しみにしている東京フィルメックス。
今年は私の地域(って中東)の映画が『タクシー』位でちょっと寂しいなと思っていたのですが、始まってみれば、これまで観た作品、どれも面白くて、やっぱりあなどれません。
3日目の昨日、林加奈子さん(東京フィルメックス・ディレクター)にやっとお会いできて、「どれも面白いですね」とお声をかけたら、「そうでしょう! 今年もすごいんです!」と力説されました。
P1100236 kazafstan.JPG
林加奈子さんとジャンナ・イサバエヴァ監督

一番最初に観た『タクシー』については、語りたいことがたくさんあるので、後回しにして、取り急ぎ、今晩 21:15からもう一度上映のある『わたしの坊や』のことをちょっと。
カザフスタンのジャンナ・イサバエヴァ監督の作品。
5歳の時に交通事故で母は即死。本人も命は取りとめたが重傷を負い、その後遺症からか手術しなければ余命数ヶ月と宣告された少年の物語。手術費用が用意できず、飲酒運転で母を死に至らしめた警官、そして、警官から金を貰って、結果警官を無罪にした父親に怒りをぶつけます。
この父親も、元々は漁業を営んでいたのに、アラル海が干上がってしまって仕事をなくした犠牲者。廃船が虚しく乾いた大地にたたずんでいます。
母との思い出の場面は、赤い花が咲き乱れる緑の大地。そこに流れてくる唄は、原題にもなっている”Bopem”というカザフスタンで親しまれている子守唄。
少年が復讐に走るとチラシにあって、ちょっと暗そう・・・と引いていたのですが、母の愛情をたっぷり感じることができて、決してすさんだだけではない余韻の映画でした。
Q&Aの詳細は公式サイトで!
http://filmex.net/2015/news/daily-news/bopem

21:15からの上映ですが、78分の短い映画です。ぜひお出かけください。(咲)
posted by sakiko at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする