2016年08月07日

『五島のトラさん』初日  トラさんご一家に会いに行ってきました  (咲)

長崎県五島列島で、名物「五島うどん」を家族総出で作っている五島のトラさんこと犬塚虎夫さん・益代さん夫妻と7人の子どもたちを22年にわたり追ってきたテレビ長崎のディレクター大浦勝さん。自身の還暦・定年を目前に、これまで放映されてきたものを再編集。ドキュメンタリー映画『五島のトラさん』が完成。九州での先行公開に続き、8月6日、東京での公開が始まりました。

*ストーリー*
トラさんは2時起き、子どもたちは5時起きして、眠い目をこすりながらうどん作りを手伝ってから学校へ行く。学校にあがる前の末っ子も、出来ることをして、ちゃんとお手伝い。タイムカードに記録された時間分の「報酬」が支給される。物を作る責任感や喜び、そしてお金の価値を自然に身につけさせたいというトラさんの親心。
22年のうちに、子どもたちは成長し、学校を卒業し、それぞれの道を歩んでいく・・・
シネジャ作品紹介:http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/440748724.html

ポレポレ東中野での初日、トラさんご家族が舞台挨拶されると聞き、これは是非お会いしたいと駆けつけました。

DSCF6884 nagaosan.JPG
司会進行は、トラさんと同じ新上五島町出身のフジテレビアナウンサー、永尾亜子さん。映画を観て、五島の言葉や、故郷の風景が懐かしいと開口一番。

DSCF6846 torasan kantoku.jpg
大浦勝監督
トラさん家族を通して伝えたかったのは、親が自分の子どもに幸せになってほしいという願い。ご家族にはいろいろとご迷惑をかけたかもしれないのですが、最後まで撮れて、何かを伝えることができたのではないかと思っております。
長崎では観ていただいてきたのですが、西の端の島の話を大都会でも観ていただけるのが嬉しいです。

DSCF6876 masuyo.JPG
大塚益代さん(トラさんの奥様)
「大浦さん、ご苦労さまでした。諦めないでしつこく撮ってくださって。いやでしたけど」
との言葉に、会場がぐっと和みました。

司会:どういうところが・・・
監督:大好きな夫の姿が飲んでるシーンが多いとか・・・
益代さん:友達からも、飲んでるところばっかりやん。そんな人じゃないやろう。いいところも撮ってやったらと。ありのままを映像で流されて、私たちも外に出られないくらい。私は引き籠ってましたけど、子どもたちは学校に行って友だちにいろいろと言われてたみたいで。映画にもされて、複雑な思いはありますけど、古いアルバムをめくっているみたいで、いろいろなことを思い出しました。今にして思えばよかったかな、天国のお父さんも、ここに降りてきているかなと。よかったです。ありがとうございます。

DSCF6870 toharu.JPG
7人の子どもたちを代表して、家業を継いだ長女こころさんご夫妻と3人の娘さんが登壇。

南こころさん:
東京にまで来て言わないようにしようと思っていたのですが、カメラがあるのがいやでした。(会場:笑)でも、何かあるごとに大浦さんが撮ってくださったので、兄弟の京都やオーストラリアでの生活を見られたし、どう考えているのかも映像を通して私たちに伝えてくれたのかなと思います。
お父さんも「自分の葬式まで撮って」と、ずっと言っていたのですが、お父さんの願いも叶って。子どもたちにおじいちゃんがどんな人だったかを私が言わなくても伝えてくれたのが幸せだったかなと思います。

こころさんの夫、南慎太郎さん:
私は途中からで、15年位なのですが、家族が皆、温かい。自分も息子のように受け入れてくれて幸せでした。親の立場になって、お酒に走らないようにしようと。そして、トラさんのように温かく。
一緒にうどん作って跡を継いでやっているのですけど、トラさんや兄弟たちの思いも引き継いでやっていきたいと思います。

こころさんの長女、こうみさんが3姉妹を代表してマイクを持ちました。
「おじいちゃんは、ただお酒を飲んでやっているようだけど、ちゃんとしたことも考えていたのだなと思いました」 
ここでまた、会場が笑いに包まれました。

司会:大浦監督、みんなの感想を聞いていかがですか?

監督:大変感謝しております。トラさんはなかなかいない独特なお父さん。でも、ほんとのお父さんはあんな気持ちじゃないかなと。社会は変わっていきますけど、トラさんのやり方も間違ってないのではと思っています。自分と重ね合せながら見ていただければと。
司会を務めた司会の永尾亜子さんは22歳、私が取材を始めたときに生まれたということで縁を感じています。このドキュメンタリーをもとにフジテレビが単発ドラマ「故郷」を制作した時には、永尾さんは地元の高校の2年生。放送部に所属していて、ロケの手伝いもしてくれました。
(まさに、この日の舞台挨拶の司会をする運命だったのですね)

最後に、「天国のトラさんにひと言」と促され、ちょっと戸惑いながら「お父さん、ありがとう」と語る益代さん。
ほんとに心温まる舞台挨拶でした。

DSCF6887 kokoro.JPG
舞台が暗かったので、表でこころさんご夫妻の写真を撮らせていただきました。

「ご兄弟の皆さんはお元気ですか?」とお伺いしたら、
「はい! おかげさまで兄弟の結束固いです」とのお返事。

五島の美しい風景を観ながら、五島うどんを食べたくなる『五島のトラさん』
ぜひ、ご覧ください。

公式サイト:http://www.ktn.co.jp/torasan/
★2016年8月6日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー ほか全国順次公開
posted by sakiko at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする