2017年09月18日

したコメ 9月16日(土)

●オープニングセレモニー@浅草公会堂
午前中のレッドカーペットを豪華出演者のみなさまが参加、雷門前から人力車で浅草公会堂までのお練り。
高橋一生さん、斉藤工さんら当代のいい男たちが登場とあって、ファンだけでなく観光客も巻き込み大賑わいだったようです。会場もいつもより若い女性が多くて賑やか。

昨年より人数が増えた東泉小学校のオーケストラによる演奏で幕開けです。
「ハレルヤ」「スターウォーズのテーマ」「さくらさくら」の3曲
舞台いっぱいにゲストが並び、服部台東区長、河野区議会議長のお祝いの言葉。ポスターを描かれた漫画家のいがらしみきおさん、コメディ栄誉賞受賞の小松政夫さん、初めてのドキュメンタリー『We Love Television?』主演の萩本欽一さん、今回は監督で参加の斉藤工さんたちのご挨拶が続きました。

●特別招待作品上映
『blank13』齊藤 工監督 
出演:高橋一生、松岡茉優、斎藤 工、神野三鈴、佐藤二朗、リリー・フランキー 他
13年前に借金を残して突然失踪した父が見つかった。苦労した母と兄は、余命3ヶ月という父に会おうとはしない。次男のコウジは野球に連れていってくれた父を慕っていたので、病床を訪ねるが溝は埋まらなかった。淋しい葬儀に集まってくれた参列者の思い出話を聞くうち、知らなかった父の側面が見えてくる。
「ウラジオストク国際映画祭(ロシア)で、高橋一生、リリー・フランキー、斎藤 工がベストアクター賞を受賞と昨夜通知があった」と齊藤 工監督の報告に拍手。
さらに山田孝之さんがサプライズで登場。場内大歓声でした。

IMG_0126s.jpg

ティーチイン動画はこちら
『We Love Television?』監督:土屋敏男 出演:萩本欽一 他
2011年より萩本欽一の新番組制作に密着したドキュメンタリー。萩本の自宅前で待ち伏せして「視聴率30%の番組を作りましょう」と声をかけたテレビ界の異端児土屋敏男プロデューサー。萩本が「相棒」としてリスペクトしている田中美佐子と、人気お笑い芸人の河本準一(次長課長)をメインに新しい番組作りが動き出す。
「テレビだけかと思ってたのに映画になっちゃって」と欽ちゃん(と呼ぶのを許してください)。「僕は映画にしたい、と言ってますよ」と土屋監督。一世を風靡した「コント55号」はすでに2009年第2回したコメのコメディ栄誉賞を授与されています。まだお元気だった坂上二郎さんとお二人並んでいるのを間近で見られて、とても嬉しかったのを思い出します。
IMG_0153s.jpg

ティーチイン動画はこちら
大きな画像はまとめてシネジャのFACEBOOKページにアップしますね。
posted by shiraishi at 10:15| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする