2017年09月22日

インタビュー2件

hibakuusi.jpg
20日(水)
『被ばく牛と生きる』松原保監督
一般公開は10月末ですが、ポレポレ東中野で22日まで開催の福島映像祭で一足早く上映。
松原監督にお時間をいただき、作品についてのお話を伺いました。
これまでにも数々のドキュメンタリーで紹介されてきた浪江町の「べこ飼い」の吉沢正巳さんにフォーカス。国から殺処分を言い渡された警戒区域内の被ばくした牛たち300頭を、吉沢さんは“希望の牧場 ふくしま”で飼い続けています。今も支援してくれる人たち、通い続けるボランティアたちはいますが、6年半経ちました。巷の人の記憶はだんだんと薄れ、あの大災害の話題もニュースに取り上げられることが少なくなっています。義援金は途切れずに足りるでしょうか。牛が生きている限り、吉沢さんは水や餌をやり続けるでしょう。世話をしている人たちの心が折れたり、過労で倒れたりしませんように。
一般社団法人希望の牧場・ふくしま公式ブログはこちら。寄付も受け付けています。
tinosio.jpg
22日(金)
『地の塩 山室軍平』東條政利監督、主演:森岡龍さん
神保町交差点近くにある救世軍本営にて、試写会とシンポジウム開催。
その前にお二人そろってのインタビューができました。一般公開は10月21日。
年末の社会鍋でよく知られた「救世軍」は、キリスト教の団体でイギリスから日本に伝わりました。現在128の国と地域で伝道、社会事業や教育活動を行っています。
明治初めに岡山県本郷村(現在の新見市)の貧しい農家に生まれた山室軍平(やまむろぐんぺい)は、日本人で初めて救世軍の士官(伝道師)となった人です。9歳で養子に出され、14歳で家出して上京。その後キリスト教に出会います。同志社で学び、伝道に歩き、多くの人へ救いの手を差し伸べました。慈母の「人の役に立つ人になりなさい」という願いどおり、社会福祉に一生を捧げました。大変に勉強熱心で真面目、情熱と行動力に溢れた人を森岡龍さんが熱〜く演じています。苦難のときに必ず支援する人が現れるのも人徳なのでしょう。軍平を応援した実在した人たちとの史実に基づくエピソードがちりばめられています。
他人に関わらず、一人生きるのがクールと思っているような多くの現代人(たぶん)とは“真逆”の軍平の生き方に、心が波立つようでした。

『被ばく牛と生きる』の吉沢さんも、たくさんの隣人愛の種を蒔いた軍平さんも「行動の人」でした。誰もが胸を痛め、心配します。祈る人もいます。この二人は思い悩みながらも、今できること目の前にあることをすぐ始めます。そこを見習いたいです。(白)

★インタビューは10月半ば、シネジャHPの特別記事に掲載予定です。
posted by shiraishi at 20:24| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする