2017年10月10日

シリア映画『カーキ色の記憶』上映会+トークイベント  山ドキへ行けなかった方へ (咲) 

khaki.png

山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション作品
シリア映画『カーキ色の記憶』上映会+トークイベントが東京と京都で開催されます。
山形に行けなかった方、山形に行ったけどご覧になれなかった方、ぜひどうぞ!

『カーキ色の記憶』

アルフォーズ・タンジュール監督
カタール、2016年。上映時間:108分

あらすじ:
どこへ連れて行くの?そんな質問さえも禁じられ、恐怖が心の奥底に刻まれる。人々に一切の希望をもたせない体制下で、家畜の方がまだ自由を満喫してきた。だが本来シリアは、無限の色彩に満ちた国のはずだった。国を去らざるを得なかった芸術家らは、「単色の記憶」を語り出す。
山形ドキュメンタリー映画祭での紹介はこちらです。
http://www.yidff.jp/2017/ic/17ic11.html

●東京上映会(入場無料・申込不要)
日時:2017年10月13日(金) 18:25〜21:00(開場18:10)
場所:早稲田大学戸山キャンパス38号館AVルーム(新宿区戸山1-24-1、地下鉄東京メトロ東西線「早稲田駅」徒歩3分)
ゲスト:アルフォーズ・タンジュール監督
聞き手・通訳:岡崎弘樹(アラブ政治思想)

●京都上映会(入場無料・申込不要、車椅子可)
日時:2017年10月20日(金) 18:30〜21:00(開場18:10)
場所:京都大学 吉田南キャンパス 吉田南総合館南棟 地下01教室
モデレーター:岡真理(現代アラブ文学)
解説:岡崎弘樹

主催:中東現代文学研究会(科研費基盤研究B「現代中東における「ワタン(祖国)」的心性をめぐる表象文化についての発展的研究」)
共催:【東京上映会】科研費新学術領域研究 計画研究B01「規範とアイデンティティ:社会的紐帯とナショナリズムの間」、早稲田大学中東・イスラーム研究コース
   【京都上映会】京都大学大学院 人間・環境学研究科 岡真理研究室
協力:山形国際ドキュメンタリー映画祭
posted by sakiko at 22:05| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする