2017年10月23日

「2017東京/沖縄・中国映画週間」始まる (暁)


「2017東京 / 沖縄・中国映画週間」が、10月20日から東京・TOHOシネマズ シャンテとTOHOシネマズ 日劇で始まりました。10月28日からは沖縄・ミハマ7プレックスと桜坂劇場にて開催されます。
東京会場では11作品、沖縄会場では6作品の上映。東京でのオープニングショーは、10月21日にTOHOシネマズ シャンテで開催され、オープニング作品には、中国、チベット自治区、青海チベット高原の広大な自然の中で生きるユキヒョウやパンダ、キンシコウ、チルー(カモシカの仲間)などの野生動物たちの姿を記録したドキュメンタリー『ボーン・イン・チャイナ』が上映され、陸川/ルー・チュアン監督(『ミッシング・ガン』『ココシリ』『南京!南京!』他)の舞台挨拶と李櫻/リー・イン監督(『靖国』)と陸川監督によるトークが行われた。
中国映画週間は、東京では10月26日まで開催される。クロージング作は『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』というアクション映画が上映される。
李櫻監督と陸川監督_R.jpg

左 李櫻監督 右 陸川監督
posted by akemi at 05:00| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする