2017年10月30日

東京国際映画祭 『ザ・ホーム−父が死んだ』結末に主演女優もびっくりの全編トルコ語のイラン映画 (咲)

10月30日 21:05から EXシアター六本木で、もう1回上映されますので、取り急ぎご紹介します。

コンペティション部門
『ザ・ホーム−父が死んだ』  (原題:Ev トルコ語で『家』)
78分/トルコ語/ 2017年/イラン

大学に献体するとの遺言を残して亡くなった父親。疎遠だった娘が遺体は渡せないと泣きわめいている。叔父の面倒をみてきた従兄のマジッドは、遺志を尊重したいと娘を説得する・・・

会話の中で、いろんな事情が徐々に明らかになっていくので、一言も聞き漏らせません。(もちろん字幕で)
イラン映画なのに、トルコ語? と不思議に思いながら、アスガー・ユセフィネジャド監督と、主演女優モハデセ・ヘイラトィさんにお話を伺いました。
DSCF2914 ev 320.jpg
監督は、自身の住むイラン北西部の中心都市タブリーズを舞台に、自分たちが普段しゃべっているアゼリー(トルコ系のアゼルハイジャン語)にこだわって撮ったとのこと。アゼリー人は、イランの人口の4分の1を占めますが、これまでアゼリー語で全編撮られた映画はないそうです。

最後の大どんでん返しにびっくりですが、演じた女優さん自身、3ヶ月におよぶリハの間にも結末を知らなくて、撮る直前に紙1枚渡されてショックを受けたとのこと。 

これまで舞台で活躍してきたモハデセさん。舞台ではペルシア語で演じてきたので、今回、母語とはいえアゼリー語で演じるのに慣れるまでちょっと時間がかかったそうです。
ほかの出演者は、舞台で活躍の有名な方から、脇役の方、さらに撮影カメラを観たこともなかった素人と、様々。
共通するのは、監督もキャストもスタッフも、皆、アゼリー語が母語ということ。
テレビ界で20年の経験を持つ監督の初長編作品です。ぜひ、ご覧ください。

『ザ・ホーム−父が死んだ』
http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=13
posted by sakiko at 08:19| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする