2018年09月28日

『津軽のカマリ』大西功一監督にインタビュー(白)

今日は晴れました。
午前中に代々木で取材でした。
大西功一監督には2012年(千)さんが『スケッチ・オブ・ミャーク』インタビューをしています。
記事はこちら
(千)さん残念ながら今日は都合がつかないので、私(白)が一人。
5月に迷って迎えに来てもらうという失態を演じたので、早めに出てw
無事時間前に到着しました。

IMG_6690.jpg

大西監督は12年の取材時に「農業や自給自足をやりたい」とおっしゃっていたのですが、着々と進めていたのでした。
函館で無農薬の菜園を作り、カフェをオープン。オーガニック野菜を作る人たちと繋がったマルシェもあります。
HPを覗きましたら、朗読会や手作り調味料教室、ミニライブも開かれています。
近所だったら毎週行きそうです。函館に御用のある方はぜひお立寄りを。

カフェ プランタール / love & vegetable market
0400012 北海道函館市時任町28-8
tel:0138-86-5086
定休日 月・火・年末年始


映画の話はもちろんですが、日本の食料自給率の低さや、命に関わる危険な農薬、種の問題と、話はいったりきたりして尽きず、1時間があっというまでした。記事はこれからまとめま〜す。(白)
★インタビュー記事掲載しました。
http://www.cinemajournal.net/special/2018/kamari1/index.html
posted by shiraishi at 21:07| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギターの神と三味線の名人(白)


★ドキュメンタリー『エリック・クラプトン 12小節の人生』を観ました。135分と長尺ですが、その波乱万丈の人生が濃くてちっとも長い気がしませんでした。同じ頃に大人気だったビートルズをはじめ、B・B・キング、ジミヘン、ボブ・ディランたちもちらりと出てきます。
ジョージ・ハリスンと親友だというのに、その奥さんに恋してしまい・・・お決まりのドラッグやアルコール依存という「どん底」も経験しますが、立ち直るきっかけとなったのが、4歳の愛息子の墜落死というのが、なんとも酷いです。とてもとても可愛い子で、パパを救うために地上に降りた天使だったのかも、と思ってしまいました。「ティアーズ・イン・ヘブン」を聞くたびに泣けてしまいます。
http://ericclaptonmovie.jp/ 11月23日公開

tsugaru.jpg
(C)2018 Koichi Onishi

★エリック・クラプトンはギターの名手ですが、日本には津軽三味線があります。亡き名人、高橋竹山のドキュメンタリー『津軽のカマリ』もおすすめ。貧しい農家に生まれ、子どものころ麻疹をこじらせ失明。光だけわずかに感じられたそうです。生きるために覚えた津軽三味線を87歳で亡くなるまで弾き続けます。
http://tsugaru-kamari.com/ 11月公開。
母が民謡好きで毎日のようにレコードをかけていました。子どものころから耳になじんでいた曲がたっぷり聞けました。
大西監督と2代目高橋竹山(女性ですよ)に取材します。楽しみ〜。(白)
posted by shiraishi at 00:32| Comment(0) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする