2018年11月04日

東京国際映画祭 10/30 トルコ映画『シレンズ・コ―ル』に浸ったあとは、『半世界』で稲垣吾郎ちゃん (咲)

10月30日(火)
例年、映画祭の期間中にイラン、トルコなど中東の作品を中心に、来日ゲストへの個別インタビューをしてきたのですが、今年は、コンペのトルコ映画『シレンズ・コ―ル』のみ、監督にインタビュー。
27日に一度観ていますが、取材するとなると、もう一度観たい。
12:15からのP&I上映を観て、その後の記者会見に引き続き参加しました。

◆『シレンズ・コ―ル』
 ストーリー おさらい
イスタンブルを脱け出して、自由に生きる女性シレンのいる南の町に行きたいのに、なかなか空港にたどり着けない男タフシンの物語。

記者会見には、ラミン・マタン監督、シレン役エズギ・チェリキさん、プロデューサーのエミネ・ユルドゥルムさんに加え、27日のQ&Aの時にはいなかった主役のタフシン役の男優デニズ・ジェリオウルさんも登壇。
デニズさん、「先日は映画のようにイスタンブル空港に到達できなかった」と笑わせてくださいました。
DSCF6038 siren s.JPG
15:30から『半世界』のP&I上映でしたが、15:35から『シレンズ・コール』のラミン・マタン監督インタビュー、16:53−17:23 『シレンズ・コール』上映後のQ&Aがあるので、どっぷり『シレンズ・コール』に浸ることにしました。
DSCF6030 siren s.JPG
記者会見の時に、目の前に女優のエズギ・チェリキさんが座っていらして、にっこり微笑みかけてくださったので、写真を撮って、トルコ語で「テシェッキュル エデリム(ありがとうございます)と小声でお伝え。 その後、ヒルズカフェの入口でご一行に遭遇したので、つたないトルコ語で少しだけお話。映画を観て、イスタンブルの乱開発ぶりに驚いたのですが、私が最後にトルコに行ったのが13年前とお伝えしたら、それはもう、もっと変わっていると。 趣のある町並みがどんどん壊されているらしく、悲しいです。

★『シレンズ・コール』記者会見、2回のQ&A、監督インタビューは後日まとめてお届けします。


さて、『半世界』の記者会見は、17:29開始予定。 ぎりぎりに受付に飛んでいったら、まだ皆さん、会場に移動せず、階段に並んで待機中。私の後にもどんどん人が来て、さすが、稲垣吾郎ちゃんの注目度大でした。

20分位遅れて、やっと記者会見開始。
DSCF6172 hansekai.JPG
今回、吾郎ちゃんは、39歳の炭焼き職人という、ふつ〜のおっさんを演じたとのことでしたが、スパンコールがさりげなく光るジャケット。
DSCF6199 hansekai.JPG
フォトセッションの時には、阪本順治監督が、「ここで切るんじゃないの?」と、吾郎ちゃんとの境目を手で切る真似。いえいえ、ちゃんと阪本監督とのツーショットを撮りましたよ〜

この後、21:05から、カザフスタンを舞台にしたコンペ作品『ザ・リバー』のP&I上映を観たかったのですが、ぐっと我慢して、夕食を作りに帰宅しました。やっぱり親は大事♪
(と言いながら、この後、3日間は夕食に帰宅できず!)






posted by sakiko at 17:12| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TIFF ナデリ監督のマスタークラスは、自己啓発セミナーのよう! (咲) 

10月29日(月)
11時20分より、イラン映画『冷たい汗』のP&I上映。
今年の東京国際映画祭で上映されるイラン映画は、これ1本だけなので、何があっても見逃せないと、ちょっと早めに家を出ました。 京王線が「お客様対応のため」遅れていて、早めに出て正解でした。無事、拝見。
女子フットサルのイラン代表チームがアジア選手権大会の決勝進出を決め、いざ、マレーシアへ。ところが、主将をつとめる女性が、夫の出国許可がないため足止めを食ってしまうという物語。
イラン人の友人から、政府がテレビや新聞での広告を禁止したけど、公開中で逆にSNSで評判が広まってヒットしていると聞いていた作品。
テレビ番組で「古き良き時代」の司会者を務める夫が、番組さながら古い価値観にこだわっていて、頑なに離婚を拒み、妻の出国も拒否。別居中の妻は、早く解放されて自立したい・・・  役柄とはいえ、妻が強すぎて、なぜ夫は彼女に固執するの?と。ま、男女の間はそれぞれですから。その点は感情移入できなかったのですが、よく出来た面白い作品でした。

★10月30日夜の『冷たい汗』上映後のソヘイル・ベイラギ監督Q&A 
友人の毛利奈知子さんから詳細な報告をいただきました。私が参加した11月1日のQ&Aに先駆けてお届けします。
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/462553930.html


この日は、2時から5時まで、TIFF マスタークラス「アミール・ナデリによる演劇論と俳優ワークショップ」が、一般にも公開されるというので、募集案内が出てすぐに申し込み。(あわてなくても取材で入れた・・・)
楽しみにしていたのですが、『サラとサリ―ムに関する報告書』の上映(14:25−16:34)と重なってしまい、泣く泣く諦めました。

1時半近くに、ナデリ監督のマスタークラスに申し込みしている友人に会うため、六本木ヒルズ森タワー49階の受付待機列へ。 運良く、会場へ向かうナデリ監督をお見かけしたので、後から声をかけて呼び止めて、ご挨拶。「さぁ一緒に」と手招きされたのですが、すみません・・・

さて、『サラとサリ―ムに関する報告書』 (ワールドフォーカス部門、パレスチナ他)。
西エルサレムでカフェを営むユダヤ女性サラが、東エルサレムからパンを届けにくるパレスチナの男サリームといい仲に。それが、ある事がもとで、政治的な問題に発展してしまいます。単なる浮気なのに・・・と、かの地で暮らす人々の大変さを思い知りました。
それにしても、サラの旦那様も素敵だし、サリームの奥さんもチャーミングで、なぜサラとサリームは惹かれあうようになるの?と。 これまた、男女の仲ですから。

EXシアターでの上映が終わってすぐ、六本木ヒルズ森タワー49階へ。
アミールナデリ監督のマスタークラス、最後の10分だけ見学。フォトセッションのみの取材枠もあったので、入れていただいた次第。
ナデリ監督が、参加者に発言を求めながら熱弁を振るう様子を拝見することができました。
DSCF5973 naderi.JPG
フォトセッションに、ナデリ監督が皆を呼び寄せます。
DSCF5979 naderi.JPG
参加した友人は、「かつて流行った自己啓発セミナーみたいでした」と涙ぐんでいました。
演劇論というより、人生論。10万円くらいの自己啓発セミナーの価値があったという次第。
前に、東京フィルメックスのタレント・キャンパスでナデリ監督の指導風景を見せていただいたことがあるので、納得。 
DSCF5981 naderi.JPG
友人から、高橋克典さんも参加されていたと聞き、撮った写真を確認してみたら、ナデリ監督の隣りにいらっしゃいました!


5時過ぎに終わって、ちょうど六本木ヒルズアリーナで、GALAスクリーニング作品『人魚の眠る家』のレッドカーペットセレモニーが行われるので、友人二人を誘って覗きにいってみました。
堤幸彦監督をはじめ、篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈、山口紗弥加が登壇するイベント。(敬称略)
なんといっても、西島秀俊さんが気になる〜
でも、取材で入る時間の余裕はなく、友達とおしゃべりしながら遠巻きに見物。
DSCF5993 ningyo.JPG
撮影NGでしたが、「一般の観客にも撮影タイムを設けます」とのアナウンスがあったので、それまで待機。ほんとに遠かったので、やっとこの写真。
DSCF5996 ningyo.JPG
舞台挨拶のあと、レッドカーペットをファンの皆さんにサインしながら歩く姿を大きな画面で拝見。

この後、夜8時から、友人お薦めのインド映画『世界はリズムで満ちている』のP&I上映や、『冷たい汗』の一般上映があったのですが、久しぶりに父の夕食のために諦めて帰宅しました。
この日は、『テルアビブ・オン・ファイア』の記者会見が、15:22〜15:52にあったのですが、それも諦めました。
欲張っても、身体は一つ。無理は禁物です。



posted by sakiko at 16:57| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする