2019年01月18日

試写を逃して劇場へ(白)

連休明けの15日、午後いちで予約してあった試写に遅れてしまいました。あうう。
改札から試写室まで走っても間に合いそうもなく(身体がヤメロと言っている)、電車内であきらめ六本木で上映中の『クリード 炎の宿敵』を観る、に変更。チケットを手に入れて、普段のんびり見ることのないお店をのぞいていたら、カレンダーや手帳が割引になっていました。
お気に入り中の絵本作家・イラストレーターの米津祐介(よねづゆうすけ)さんのもありました。
昨年は歌手の米津玄師さんが大活躍でしたが、文具・絵本業界の米津さんも人気です。サクラクレパスの味わい深い動物や小物の絵が素敵です。
試写に間に合っていたらこれは買えなかったのだから、ラッキー。クレパスが欲しくなります。

creed2.jpg

映画は『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)の続編。アドニスはロッキーの盟友アポロの息子。前作でロッキーの指導のもとチャンピオンになったアドニスは、父の命を奪ったイワン・ドラゴの息子ヴィクターの挑戦を受ける。シルヴェスター・スタローン(74歳)、ドルフ・ラングレン(61歳)、ブリジット・ニールセン(55歳)の3人が揃っているのに「おお!」。シリーズの1作目は1976年、アポロ対ドラゴの4作目は1985年。そんなに前だったか、としみじみ。

18時半からは六本木で試写。『君の名前で僕を呼んで』の美少年ティモシー・シャラメの『ビューティフル・ボーイ』に。まんまなタイトルじゃないか〜。これは作品中で父親が小さな息子を寝かせるときに歌うジョン・レノンの「ビューティフル・ボーイ」から。
ドラッグ中毒から抜けられない息子と。彼を立ち直らせようとする父親(スティーブ・カレル)のストーリー。美形な分痛ましさ倍加。
実話をもとにしていて、アメリカでは50代(歳だったかも)までの死因第一位が「薬物の過剰摂取」(オーバードーズ)と知り、ひええと驚く。(白)
posted by shiraishi at 01:32| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月13日

東京外国語大学でイランとインド 自由のための映画 (咲)

1月8日夕方5時より、東京外国語大学ペルシア語専攻主催で、「ドキュメンタリー映画で追体験する革命の鼓動」と題する上映会が開かれました。
jiyuuno tameni.jpg

上映作品は、1979 年に製作された『自由のために』(原題:Barâ-ye âzâdi)
監督:ホセイン・トラービー Hosein Torabi
109分/35ミリフィルムからDVDに変換、カラー

2017年11月に開催されたイラン文化センター主催のイラン映画講座で、アジア経済研究所の鈴木均氏が、イランのイスラーム革命成就直後に作られた映画として、一部分を見せてくれたドキュメンタリー。「marg bar shah(シャー(王様)に死を)」「marg bar amrika(アメリカに死を)」といったシュプレヒコールがとても音楽的で、さすがイラン人の感性と感心。いつか全編を観たいと思っていた映画でした。

冒頭は、1978年8月9日、ペルシア湾岸の町アーバダーンの映画館シネマレックスの焼き討ちで犠牲になった家族のお墓で泣き崩れる人たちの姿。焼けた映画館内部も映し出されました。外から鍵をかけて放火され400人以上が亡くなった事件で、革命に拍車をかけることになったのですが、シャー(王様)側が仕掛けたのか、革命側がやったのか、真相は不明。
葬儀で太鼓と鐘が打ち鳴らされていましたが、昨年の東京フィルメックスで上映されたアミール・ナデリ監督の映画の中で出てきたのと同じで、南の町アーバダーンの文化なのだと感じました。

王様の謁見場面も映し出され、きらびやかな宮殿で、勲章をたくさんぶらさげた人たちが王様の手にキス。パフラヴィー朝がヨーロッパ志向だったことを思い起こさせてくれます。

大勢の人々のデモ行進、町の落書きや、銀行の焼き討ちなど、革命の動きが加速していく様が映し出され、ついに王様が王冠をはずし、パリからホメイニー師が帰国。熱狂的な歓迎を受けます。車を追いかける人も。
一方で、イスラム共和国樹立を認める国民投票にあたって、賛成しないと力強く宣言するゾロアスター教徒の女性も映し出されました。
時系列を追っての映像からは、革命の熱気がまざまざと伝わってきました。
当時、日本のニュースを固唾をのんで見守っていたことを思い出しました。
ほんの数分のニュースからは伝わってこなかった、当時のムードが新鮮でした。
例えば、家族連れでデモする姿や、ホメイニー師歓迎の場では、子どもを肩車している父親も。

映画にはナレーションはなく、生の姿をそのまま見せるスタイル。
冒頭にのみ、下記の監督の言葉が掲げられていました。

我らが革命はいたる処にあり、またそれが全てであった…
そして我らは自由のために生死の境に遭遇した
国民的蜂起について、我々が持っている限りの映像記録を
とても完全とは言えぬまでもここに提示するものである


6人のカメラマンによる映像は、40年前の自由のために闘った革命の鼓動を直に伝えてくれるものでした。
それから、40年。
人々はどんな自由を手にしたのでしょうか・・・

答えはわからないなぁ〜と思いながら、同じ東京外国語大学のアゴラ・グローバル プロメテウス・ホールで開催されていたTUFS Cinema上映会『プライス・オブ・フリー』に途中から入りました。
担当者の女性が、空いている席まで懐中電灯で照らして案内してくださり、感謝。

price of free.png

『プライス・オブ・フリー』 (監督:Derek Doneen、アメリカ)
インドの人権活動家カイラシュ・サティヤルティ氏が、どのように子どもたちを児童労働から救出し、グローバルなムーブメントを起こしたかを追ったドキュメンタリー。
こちらは、子どもたちの自由のために闘っている方の話でした。カイラシュ・サティヤルティ氏が、上位カーストの人物だということが、注目に値するとのこと。

上映後、萬宮健策(本学准教授)× 小田マサノリ(現代美術家、本学非常勤講師)× 真島一郎(本学教授)のフリートークと案内にあったのですが、その前に、この映画の上映に奔走した女子学生3人の話があり、それが素晴らしかったです。
児童労働により、安い工賃で作っている企業の製品を買わないことも、児童労働を減らす一助になるとのこと。これは、もっと勉強が必要です。




posted by sakiko at 19:31| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初に選んだ10本が掲載されちゃいまして(白)

まぐまぐに「映画野郎による2018年公開映画ベスト10」が取り上げられて、友情出演の中にまさかの私。ありゃ。
自分とこのベスト10をまだ書いていないっちゅうに。
映画野郎さんとこでは「男性目線で選ぶ」という縛りがありますが、血と暴力苦手なのでいつも違う路線に行ってしまいます。
そこで苦労して選んだベスト10がこれ。観てほしい好きな映画が入っています。
シネジャ用には部門別に考えていますので、もう少しお待ちください。
以下「映画野郎」さんとこからコピペ。

penta.jpg

1位:ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
2位:レディ・プレイヤー1
3位:シェイプ・オブ・ウォーター
4位:ボヘミアン・ラプソディ
5位:僕の帰る場所
6位:万引き家族
7位:母さんがどんなに僕を嫌いでも
8位:犬猿
9位:search/サーチ
10位:カメラを止めるな!

■総評:
選び終えたらスピルバーグ監督のが2本並んでいました!1位/ぶ厚い文書、活字を組んだ新聞の時代に、こんな気骨のある記者たちがいました。今の日本の政治と報道は?と振り返って気落ち。とにかく選挙権を行使しようよ。2位/80年代が懐かしく、キャラ満載のゲームも楽しい。3位/ロマンチックな異種婚姻譚。4位/バンド映画としてぐっときました。クイーンに特に思い入れがないので、事実と違っててもOK。9、10位はアイディアとストーリー!

邦画5本は全て家族の話になりました。移民、虐待、いじめ、家族のあつれき……。アニメは『シュガー・ラッシュ オンライン』おすすめ。2018年の鑑賞本数は約400本でした(見逃したのを埋め合わせたDVD除く)。来年も心震える映画に出会えますように。(白)


シネジャベスト10はこちらに順次足していきます。
posted by shiraishi at 13:54| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

初試写&初インタビュー(白)

今年動き出したのは1月8日(火)からでした。
aquaman.jpg
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

試写
『アクアマン』(アメリカ)水中都市と魚たちの造形と衣装が美しいです。2月8日
『盆唄』ドキュメンタリー/福島県二葉町の盆唄をたどり、ハワイマウイ島を訪ねる。2月15日
『ダルライザーNEW EDITION』悩めるヒーローは地球を救えるか?3月9日
『眠る村』ドキュメンタリー/名張ぶどう酒事件は未解決のまま57年。被疑者死亡のため姉が再審請求をひきつぐ。2月2日
『あした世界が終わるとしても』長編アニメ/専制国家のもう一つの日本が存在して、互いに影響しあっている設定が面白い。1月25日
『リヴァプール、最後の恋』(アメリカ)大女優グロリア・グレアムと親子ほど年齢差のあるイギリスの男優との恋。3月30日
『翔んで埼玉』新年初笑い。地名を他と入れ替えても笑えるはず。2月22日
『ナポリの隣人』(イタリア)元弁護士の頑固な老人は娘とは不和。隣に引っ越してきた若い家族と仲良くなるが。2月9日

劇場
『枝葉のこと』+二ノ宮龍太郎監督&春本雄二郎監督トーク
話題の作品をようやく観られました。脚本・主演の二ノ宮監督が作品とあまりに違うのであっけにとられました。どっちも自分ですとのことでしたが。何者にもなれない自分、周りとの軋轢、鬱屈した思いが胸に残る作品でした。
春本監督とはインタビュー以来。覚えていてくださいました。映画工房春組のファンディングに参加してきました。インデペンデント映画よがんばって!
IMG_7829.jpg

インタビュー
映画 めんたいぴりり』江口カン監督に再会。
『ガチ星』でも取材させていただきました。
今回は博多で知らない人はいない「辛子明太子」を考案した「ふくや」の創業者川原俊夫さんの人情豊かな半生を描いた物語です。
インタビューを絶賛まとめ中。(白)
記事まとめました。こちらです。
posted by shiraishi at 17:18| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

初映画は『日日是好日』でお正月気分  (咲)

お正月休みもあっという間に終わってしまいました。
あらためまして、今年もどうぞよろしくお願いします。
nichinichi.jpg

初映画には、去年とうとう観損ねた『日日是好日』を選びました。お休み最後の6日に観に行ったのですが、初釜の場面が2回も出てきて、お正月に観るのにふさわしい映画でした。去年の暮れ、30日の日に観納めの映画にしようかと迷ったのですが、初映画にして正解でした。たっぷりと樹木希林さんを偲びました。
去年10月13日から公開されていますが、まだまだ各地で上映中です。未見の方、是非!
公式サイト

ちょっとしんみりした後、『ときめきプリンセス婚活記』を観ていた妹と合流してランチ。4時過ぎから、シネマート新宿でユ・ヘジンさん主演の『レッスル!』を妹と一緒に観て初笑い。
lessuru.jpg

妻を早くに亡くし、息子をレスリングの世界チャンピオンにするのが夢の元レスリング選手のシングルファーザー。息子がすぐそばに住む幼馴染のガユンに告白しようとした日、こともあろうに、ガユンから「あなたの継母になる」と宣言されます。ガユンは、息子より父の方に惚れこんでいた次第。父も息子の気持ちを知っているので、なんとか諦めさせようとあの手この手。
言い寄られて困るヘジンさんに大笑い。入場する時に、ヘジンさんのいろいろな顔のシールまでいただいてしまいました。こんなモテ男になるとは!  名脇役といわれた時代が長かったですが、すっかり主役をはれる名優になりました。

さて、昨日7日は、初試写で『ビール・ストリートの恋人たち』
beele st.jpg

『ムーンライト』のバリー・ジェンキンス監督作品で、期待通り味わい深い映画でした。ガツンとやられ、すでに今年のベストテン入りの予感。
試写の直前に、第76回ゴールデン・グローブ賞、映画の部助演女優賞をレジーナ・キングが受賞したニュースも飛び込み、間違いなく今年注目の作品です。
★2月22日からTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

今年も心に残る素敵な映画にたくさん出会えますように♪



posted by sakiko at 11:06| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする