2020年05月10日

『ドクトル・ジバゴ』を観て、母を思う (咲)

今日は母の日。
20代の頃は、母の日というと「ピアノを弾いてちょうだい」と言われたものでした。高校2年生の時にやめてしまったピアノのお稽古。若い時は、まだ弾くことができて、ショパンやリストなど母の好きな曲を弾いてあげたものでした。
そんなことを思い出していたら、BS日テレの「大人のヨーロッパ街歩き」がワルシャワで、ショパンの曲がいくつか流れてきました。中には、かつて弾いていた曲もあって、今や、なぜこれが弾けたのかと!
IMG_20200510_230000.jpg
ピアノは無理なので、母を偲んで、好きだった花を飾りました。
母が亡くなったのは、2011年9月。東日本大震災の年でした。あの春も、計画停電が続いて、思うように外出できないのが2か月位続いたでしょうか。

いつかまた試写室や映画館で映画を観れる日が来ることを祈りつつ、家で韓国ドラマを観る日々です。
テレビやパソコンの画面で映画を観るのは、あまり好きじゃないのですが、先週、NHKプライムで『ドクトル・ジバゴ』を放映していたので、途中からですが久しぶりに観ました。何度も観た大好きな映画です。最初に観たのは映画館で、母と一緒だったのは覚えているのですが、どこの映画館だったのか忘れました。
「よかったけど、奥さんのいる人とはねぇ・・・」と母がつぶやいていたのを思い出します。
(そんなこと言っては、物語が成立しなくなる!)

母とは、よく一緒に映画を観に行きました。
不倫の恋で思い出したのが、中国映画『最後の貴族』(謝晋監督、1989年)。
潘虹演じるヒロインが、最後にベニスで海に身を投げるのですが、母はよりによっておトイレに行って、その場面を見逃したのでした。もっとも。寝ていて肝心な場面を見逃すこともよくありましたが・・・
映画が好きなのも、映画を観ていてふっと寝てしまうのも、母譲りだなぁ〜と、しみじみ。




posted by sakiko at 21:54| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナウイルスで自粛しています(暁)

持病持ちの私は自粛して4月3日から映画にも行かず家にこもっています。5月になったら出かけられるかなと思っていたのですが、まさか1ヶ月以上家にいることになるとは思ってもいませんでした。家の外に出たのは近所の医院に薬をもらうための処方箋をもらいに行ったのと薬局、スーパーに買出しに行った3回だけ。そのどれもが歩いて2,3分のところにあるので外出範囲は50メートル以内(笑)。
その間、家に溜め込んでいた食料と、近所のスーパーで野菜とか肉とか買うだけで、なんとかしのいでいます。でも家に溜め込んでいたものがこんなにたくさんあるとは思ってもいませんでした。なんとかなっています(笑)。麺類、乾物、缶詰などなど。久しぶりに点検したら賞味期限がすぎていたのもけっこうあり、あわてて食べました。捨てたものもいくつか。
1ヶ月以上家にこもっている間に、季節は冬から春、そして初夏になってしまっているようです。外は暑い日もあるくらいなのに、家の中では昨日の夜には足元に電気ストーブをつけたりしています。
そして、やっと一昨日、1ヶ月ぶりくらいに、家から100メートル以上の遠出(笑)をしました。家賃を納める必要があったので銀行に行き、久しぶりに駅のそばのスーパーにも行きました。近くのスーパーでは売っていないアスパラガスやサヤエンドウ、それに筍も買いました。春を感じる野菜を買って、昨日はさっそく茹でて食べました。久しぶりのそのスーパーだったのでいろいろ買っていたら、すごい金額になってしまいました。スーパーでいっぺんにそんなに買い物をしたのは初めてかも。
旬の野菜だけでなく、牛肉やサーモンを買い、緑色の新物ザーサイの漬物もみつけたので買ってしまいました。2つで600円近くもして迷ったのですが、先月食べたいなと思っていたのを思い出し、この際だからと買ってしまいました(笑)。これまで買い物をしていたときは、1回の買い物はせいぜい2000円くらいだったのですが、今回は3倍以上の金額。たくさんの買いものをして重くなったので春キャベツは近くのスーパーでと思ったら、やはり新鮮なものがなくて、やっぱり買っておけばよかったかなとあとで思いました。やっぱり季節を感じる食べ物を食べられるというのはいいですね。このところ駅からはバスなのですが、久しぶりに歩いて帰ったらかなり疲れました。でも少し気持ちは晴れました。
この日はサーモンをムニエルにして、一緒に買ってきたアスパラやのらぼう菜などの茹で野菜、生のにんじん、セロリのスティックと一緒に食べました。久しぶりのごちそう。そして去年2月にウルグアイで買ってきた赤ワイン(DON PASCUL)を開けました。この2ヶ月くらい酒類はほとんど飲まず控えていたけど、開けたからには飲まなくては(笑)。このワインは去年2月ウルグアイのワイナリーで買ってきたもの。日本ではチリのワインはけっこうあるけど、ウルグアイのワインはほとんど置いているところはないので貴重といえば貴重。でもやっぱり赤ワインは苦手かも。やっぱりちょっと渋い。私は白ワイン党と認識しました。同じ時に買った白ワインはおいしかったんだけどね。白ワインは、去年春にとっくに飲んでしまいました(笑)。
この赤ワインは下記スタッフ日記最後のところに掲載したもの。

一升瓶に入ったワイン 「五一ワイン エコノミー」を買ってみました
http://cinemajournal.seesaa.net/article/472972369.html

もう、家の周りを散歩くらいしてもいいかもと思っているのだけど、まだ油断禁物かしら。気持ちのよい季節なのにと残念です。それに山菜料理も食べに行きたいけど、5月下旬でもまだ旅行は無理かな。6月じゃ、もうタラの芽のてんぷらはもうないかな。姫タケノコくらいはあるかも。
足がむくんでいるいるので、心臓手術をした病院にも行きたいのですが(1年に1回の診察がほんとは4月でした)、友人に相談したら「感染病に対応しているのはこの病院だよ」といわれ、まだこの病院に行くのは危険かもと迷っています。
試写の中止案内や映画公開の延期案内もまた来ているし、映画館もやっていないので、まだ家にいないといけないかも。ネットで映画とか言っているけど、私のパソコンはユーチューブも見れないほど、動画を見られる環境にないので、それは無理。でもそろそろ映画を観たい!



posted by akemi at 21:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#ブックカバーチャレンジ(白)

今favebookで「ブックカバーチャレンジ」という”リレー式の好きな本紹介”が”あります。
表紙の画像だけアップして、毎日一人へバトンをリレー、1週間続けるというものです。
承諾してくれる7人見つけるのもけっこうたいへん(ねずみ講かチェーンメールみたいに迷惑なものではないですが)。
説明文はなし、って好きな本を語らずにいられません(笑)。
つないでくれた堀木さんとルール改変して(強制ってへんですよね)1週間楽しみました。
ほかの人が紹介している本を見るのも楽しい!当たり前だけれど、全く知らない本がいっぱいです。
これの映画版もあるようですが、それは回ってきませんでした。
来たら、本以上に選ぶのに悩みそうです。

IMG_3442.jpg

自分の選んだ本を出すついでに片付けを始めたら、まあ出てくる出てくる。
こんなところにあの本が!CDが!なにしろ紙情報、現地情報が頼りだったので、香港モノが多いです(汗)。
これまで日々試写や取材でゆっくり整理できないことを言い訳に、ずっとたまり放題でした。
本はもちろん、映画のプレス、チラシ、パンフレットも集まるとずっしり重いんです。それが何箱もあるーー。
記事にしてしまうとほぼ見直さないし、たいていのことはネットで検索できてしまうのですよね。本や紙モノ大好きなのも、この先短いのだから考え物です。
「ミニシアターエイド」が動いていますが、これが何かに役立たないものかしら?(白)
posted by shiraishi at 11:21| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

ボリウッドの名優イルファーン・カーン、リシ・カプール相次いで逝く (咲)

4月29日、イルファーン・カーンが53歳でご逝去されたとのニュースが、facebook上で駆け巡りました。そして、翌日、4月30日には、リシ・カプールが67歳でご逝去のニュース。このご時世ですから、思わず、コロナウィルスに感染?と思ってしまいましたが、そうではなく、いずれも癌で亡くなられました。
お二人とも、派手ではなく、いぶし銀のような役者さんでした。
というか、名前はよく知っているのに、ごめんなさい、顔がぱっと思い浮かばない。それくらい、それぞれの映画の役にはまっていらっしゃったということかと思います。

イルファーン・カーン出演作で、真っ先に思い浮かんだのは、昨年9月に日本で公開された『ヒンディー・ミディアム』。娘の進学校のために奔走する父親役でした。
続編『Angrezi Medium』が、この3月にインドで公開されたのに、新型コロナウィルスの為に、早々に打ち切られたそうです。ぜひ日本でも公開してほしい作品です。

そして、もう1本、印象深いのが、『めぐり逢わせのお弁当』(2013年)。妻を亡くした保険会社に勤める男の役。仕出し弁当屋さんのお弁当が届くはずが、ある主婦の手作りの美味しいお弁当が間違って届いたことから、文通が始まるという物語。
妻にもう少し優しくすればよかったと反省する、ふつ〜の男。
meguriawase02.jpg
(C) AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm-2013

イルファーン・カーンは、イスラームの藩王国の太守(ナワーブ)の家系に生まれた方ですが、『めぐり逢わせのお弁当』では、ヒンディー語のあまり得意でないカトリック教徒という設定でした。お弁当に忍ばせる手紙は英語で書いています。
この映画、もう一度観たくなりました。
『めぐり逢わせのお弁当』リテーシュ・バトラ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2014/meguriawase/index.html
シネジャ作品紹介ブログ:http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/402152572.html

俳優一族に生まれたリシ・カプールの若い時の作品は残念ながら観ていないのですが、日本公開作品では、『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』(2012) 、『命ある限り』(2012)に出演されています。もう一度観てみないと、どの役だったのかわからない・・・ ごめんなさい。

お二人のご冥福をお祈りしています。


posted by sakiko at 22:07| Comment(0) | 追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本誌103号 発行が遅れた一因は我が家のパソコンに (咲)

(白)さんからの報告通り、本誌103号は5月中旬発行となります。
4月中旬入稿、4月末には定期購読の皆さまへの発送を目指していたのですが、大幅に遅れてしまい、申し訳ありません。
4月に入ってからは、それこそ試写も中止になり、言われなくても家に篭れる状況で、時間はたっぷりあったのですが・・・
一番の原因は、切羽詰らないと書けない性格の私にあるのですが、もう一つは我が家のネットに繋がっている父のパソコンの不調にありました。

前に使っていたパソコンが壊れて、2018年7月に買い替えたパソコン。
3月10日ごろから、写真やPDFをクリックしても開けない状況になりました。写真をfacebookやブログに取り込むことはできるのですが、ブログに写真を掲載するのには縮小しないといけないのに、それが出来ない‼   印刷会社への入稿は、PDFで行うのですが、PDFが開けないので、見本を印刷することもできません。

不具合をなんとかしなくてはと思っているうちに、3月末に立ち上がらなくなりました。サポートにやっと電話が繋がって、指示に従ってあれこれやったけど解決しなくて、修理に。システム障害とのことで、1週間程して初期化されて戻ってきました。

実は、このパソコン、買って1年も経たないうちに、キーボードに不具合があって、キーボードを交換したという過去も。デスクトップ型のパソコンで、キーボードに電源があるのですが、単3のアルカリ電池2個が、ほんの数日で消耗するのも不具合では?と見てもらったのですが、問題ないとのこと。(そんなに電池を消耗するものなのか、いまだに疑問)

初期化されたので、いろいろ設定しなおさないといけないのですが、JCOMの訪問サポートに入っていて、WiFiやメールだけでなく、officeなどの設定もすべてお願いできるので、大助かり。とはいえ、よその人に家にあがってもらうのは、今は感染が怖い・・・ でも、自力でやる能力はないので、予約の電話を入れたら、最短で5日後と言われました。テレワークを始める人などからの依頼が立て込んでいるとのことでした。

無事使えるようになって、ほっとしたのも束の間、1週間後位にパソコンは立ち上がるものの、スタートボタンはじめ、デスクトップ上のアイコンなどが何も表示されないという事態に。つまり、何もできません。

なかなか繋がらないサポートに、また挑戦。やっと繋がって、あれこれやって、何とか復帰。サポートの方も不安が残るらしく、「また2日後にお電話します」といわれました。

そして、数日後、文字が打てない事態に。キーボードの電池を入れ替えたら解決しましたが、消耗がやっぱり早い。修理に出して、キーボードは問題ないとの回答だったのですが。

ハズレに当ったという感が拭えません。
3月末に立ち上がらなくなった時に、父がもう買い換えようと言ったのですが、買いに出かけるのも控えたいとやめました。それに、まだ買って2年も経ってないし、5年保障にも入っているからと。

ちなみに私が文書作成用に使っているノートパソコンは、姪っ子のお古ですが、購入してからだと13年。いまだに健在です。ネットに繋げてないのでウィルスの心配がないというのもあるのでしょうか・・・

なお、この13年経つノートパソコンも、2年前に買ったばかりのパソコンも、同じメーカーです。
どちらも、いつまで持つでしょうか・・・ 


posted by sakiko at 21:03| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする