2020年06月07日

1928年の映画『Shiraz』は、私の原点タージ・マハルがモチーフ (咲)

世界21の映画祭が参加して開催されているオンライン映画祭 「We Are One: A Global Film Festival」で上映されている『Shiraz: A Romance of India』のことを、facebookに大学の先輩、麻田豊氏や、イスラーム映画祭主宰の藤本高之さんが紹介していて、これは是非!と観てみました。

シーラーズといえば、イランの古都が真っ先に思い浮かんだのですが、そうではなくて、主人公の陶工の名前でした。物語はタージ・マハルにまつわるものとあって、俄然、惹かれました。(理由は後ほど♪)

『Shiraz: A Romance of India』
shiraz.jpg
製作:Himansu Rai
監督:Franz Osten,
1928年にインドで撮影された無声映画をthe British Film Instituteがデジタル修復し、Anoushka Shankarによる音楽をつけたもの。音楽がとてもマッチしていて素晴らしいです。
https://m.youtube.com/watch?v=dOSvq8EncXg&feature=youtu.be

*物語*
沙漠をいく駱駝や馬の隊列。
(冒頭のこの場面で、ラージャスターンのタール沙漠を駱駝に揺られて散策したことを思い出しました。なお、字幕には、the Persian desertとありました。)
隊列が襲われて、女性が亡くなり、幼い少女が取り残されます。沙漠に住む陶工ハサンは少女を連れ帰り、サリーマと名付けて、息子シーラーズと共に育てます。兄妹のように育った二人ですが、ほのかな恋心が。ある日、サリーマは奴隷商人に連れ去られ、奴隷市場で売り飛ばされます。売られた先はムガル王朝の宮廷。美しいサリーマは、フッラム皇子(後のシャージャハーン)に見初められます。
フッラム皇子との結婚を望んでいたダリアが嫉妬して、サリーマとシーラーズの密会を画策し、フッラム皇子に目撃させます。フッラム皇子は怒って、シーラーズを象の足で踏ませる死刑を命じます。寸でのところで、ダリアの仕業だと判明し、シーラーズは命拾いします。 皇子のところに連れてこられたシーラーズを前に、サリーマは皇子に「シーラーズのことは兄として慕っていただけ、愛するのはあなた」と答えます。シーラーズは、サリーマが奴隷商人に連れ去られた時に残していったお守りを差し出します。そのお守りは、皇后ヌール・ジャハーンが姪のアルジュマンド皇女に譲ったもので、サリーマは皇女の娘だと判明します。
フッラム皇子はサリーマにムムターズ・マハル(ペルシア語で「宮殿の光」、「宮廷の選ばれし者」の意)の名を与えます。フッラム皇子もまた王位を引き継ぎ、シャー・ジャハーンとなります。二人が幸せに暮らす姿をシーラーズが宮殿の外から覗きこみ見守る姿が涙を誘います。
18年後、ムムターズ・マハルが亡くなります。シャー・ジャハーンは愛する妻のために、これまで誰も見たことのないような美しい霊廟を作ることを決意します。模型を作らせるのですが、なかなか気にいったものがありません。ようやくこれはという模型を見つけます。それは、シーラーズが作ったものでした。これ以上美しいものを作れないようにと、シャー・ジャハーンはシーラーズの目が見えないようにしろと命じます。でも、すでにシーラーズの目はほとんど見えなくなっていたのでした。
やがて、霊廟タージ・マハルが完成。庭には、ムムターズ・マハルを愛した二人の男、シャー・ジャハーンとシーラーズが仲良く霊廟を眺める姿がありました・・・



タージ・マハル誕生秘話外伝といった感じですが、史実と異なることも多々あり、あくまで物語。
実は、50年前、高校3年生の時に、タージ・マハル建設にまつわる史実を調べたことがあるのです。
世界史の中川先生から、夏休みに何かテーマを決めてレポートをまとめなさいという宿題が出て、さて、何にしようと世界史の教科書をぱらぱらとめくって、目に止まったのがタージ・マハルの写真でした。
調べるうちに、ムガル王朝の宮廷公用語がペルシア語であることや、タージ・マハルを建設するのにペルシアから大勢の職人を呼んだことなどを知りました。もともと、何か外国語を学びたいと思っていたのですが、ペルシア語を学びたい!と閃きました。大阪外国語大学にはペルシア語科があったのですが、東京外国語大学には、ペルシア語科はなくて、ウルドゥー語科に入れば、2年生からペルシア語が必修と判明。模擬試験で、合格率25%と出たのですが、担任の野間先生から「受けてみれば」と、あっさり言われ、受験してみたら、競争率が低くて運良く受かりました。

という次第で、今の私があるのは、世界史の中川先生のお陰です。(野間先生もですね!)
夏休みが終わって、研究発表の時に、図書室から大きな写真集を借りてきて、タージ・マハルの写真を見せながら話したのですが、中川先生はタージ・マハルにいらしたことがあって、具体的に色々とお話してくださいました。中川先生は山男で、ヒマラヤやキリマンジャロに登ったことも。東大の学生の頃は、株で儲けて、かばん一杯にお札を入れて歩いていたそうです。ぼ〜っとした雰囲気の方だったのですが、さすが世界史の教師。世界の動きをしっかり見極めて株の取引をなさっていたようです。
10年程前に、アフガン研究会に参加されたという話を、アフガン研究会の事務局をしていた高校の先輩から聞きました。その時に参加していればお会いできたのにと残念です。

posted by sakiko at 23:33| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日から映画行けるといいのですが(暁)

5月25日に東京都も緊急事態宣言が解除され、映画再開1作目に6月1日の『追龍』の試写に行こうと思ったのですが、やはり不安でどうしようかと思っていたら(咲)さんがこの作品のDVDを借りるというので、それをまわしてもらうことにしました。フリーマン・オフィスさん宣伝の映画はもうひとつ岡山を舞台にした『しあわせのマスカット』というのがあって、こちらも5月中に試写が終わってしまったので問い合わせたところ、こちらは仕切り直しとのこと。この作品以外にも、仕切りなおしの作品がいくつもありそうです。とりあえず5月中に試写が終わってしまった作品については問い合わせるしかなさそうです。
先週すぐに試写が始まった作品は、ほかにもあったのですが、家から少し出歩くだけで息が荒くなるし、足元がふらふらしていたのでとりあえずあきらめました。なので社会復帰のため、買い物をしたり銀行に行ったり、外食したりして少しづつ慣らしています。3日には蕎麦を食べたのですが2ヶ月ぶりくらいの外食でした。でも、まだ行動半径2Km以内です(笑)。
昨日は中華の店に入って食事をしてみました。そしてインタビュー起こしもしました。去年のあいち国際女性映画祭に行った時にした『女は女である』(香港映画)のインタビュー。男子高校生が自分のジェンダーに疑問を持ち、女性になりたいと考え悩むという作品だったのですが、この映画のミミ・ウォンプロデューサーと主演俳優トモ・ケリーさんにインタビューさせてもらいました。でも公開の予定もなかったので記事にするのをあきらめていたのですが、なんとか形にしてみようと思い直して起こしてみました。家で作業をしようと思っても、机のパソコンの前が狭く足も伸ばせない状態なので長時間作業は無理と家での作業をあきらめていました。インタビュー起こしに数日かかると思ったら、インタビュー時間そのものが短かったので3時間くらいで文字起こしできました。後でHPにアップできるようまとめます。去年の大阪アジアン映画祭で上映され、あいち国際女性映画祭で上映された作品です。東京のLGBTの映画祭などで上映されるといいのですが、
そして明日8日(月)、いよいよ社会復帰できるか(笑)。明日はブラジル映画『ぶあいそうな手紙』の予定です。予習のためにネットで調べてみたら主演はウルグアイの俳優さんでした。去年最後に見た作品がウルグアイ舞台の『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』だったし、去年はブラジルにもウルグアイにも行ったので何かと縁があるかも。
明日こそ、なんとか家からでなくては(笑)。


posted by akemi at 21:00| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『その手に触れるまで』 ダルデンヌ兄弟が描いたイスラーム過激派に洗脳された少年  (咲)

sonoteni.jpg

カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『その手に触れるまで』は、ダルデンヌ兄弟が、過激なイスラームの思想にのめり込んだ少年を描いた作品。2月末から試写が始まっていたのに、なかなか観にいけないでいるうちに、緊急事態宣言が出て、試写室はお休みに。
公開まで待とうと思っていたのですが、これはやっぱり気になる・・・と、オンライン試写で拝見させていただきました。

何より、イスラーム教徒でないダルデンヌ兄弟が、どのように描いたのかが一番の関心事でした。細部にわたって、イスラームにも様々な解釈があることが散りばめられていて、イスラーム世界において過激な思想が一般的なものでないことを伝えようとする気遣いが感じられました。

*物語*
ベルギーで暮らすモロッコ移民の家庭で育った13歳のアメッド。放課後クラスのイネス先生から別れの握手を求められて、「大人のムスリムは女性に触れない」と拒否する。
母は、「イマーム(モスクの導師)に洗脳されて以来、礼拝ばかり」と嘆く。ちょっと前まではゲーム好きの普通の少年だったのに!
イネス先生がアラビア語の歌謡曲を教材にすることを提案したとイマームに伝えると、「歌で学ぶのは冒涜。教師は背徳者」と言われ、アメッドはイネス先生を聖戦のターゲットとすることを決意する。
殺人未遂に終わるが、アメッドは少年院に送られる。
更生プログラムとして農場での実習に通い、少女ルイーズから手ほどきを受けるうちに、アメッドの気持ちが少しずつ変化していく・・・


*注:主人公の名前 アメッドという表記、とても気になっています。 ここでは、プレス資料に従いました。Ahmed アフメド、アラビア語表記からだと、アフマドと、いずれにしても h の音を発音します。 フランス語だと hは発音しないからか??  また、ッ と詰まりません。
*****

このあとの結末をどう解釈していいのか、いまだ咀嚼できてなくて、もやもやしています。
観た方と語り合いたい気分です。

そも、アメッドがなぜここまで過激なイスラームの解釈を信じるようになったのか、多くは語られていません。殉教した従兄に見習ってサウジアラビアのメディナに留学したいという言葉から、従兄に感化されたのも一つの理由だと推測できます。
さらに、イマームが殉教した従兄を見習えと炊きつけているのでしょう。
何があっても礼拝の時間をきっちり守りたいアメッドですが、事情があれば別の時間に礼拝してもいいはずです。
イネス先生の「クルアーンには、他の宗教との共存を説いていると父から教わった」という言葉に対し、「イマームからユダヤとキリスト教徒は敵だと教わった」と語る場面がありました。ユダヤとキリスト教徒は同じ啓典の民とされています。アッラーは、アラビア語で神様(唯一神)のこと。アラブ人のキリスト教徒にとっても、神様はアッラーなのです。

あと、興味深かったのが、放課後クラスでアラビア語の歌謡曲を教材にすることについて親たちが語り合う場面。
クルアーンに出てこない日常に使う現代的なアラビア語を学べば就職にも有利という者。
一方で、クルアーンを学ぶのも大事。アラビア語を学ぶのは良い信徒になるためという者。
クルアーンは、7世紀に古典アラビア語で書かれていて、今もそのまま変わっていません。日常に使う文語であるフスハー(正則アラビア語・現代標準アラビア語)は。古典アラビア語を基盤に、現代社会に対応する語彙を加えたもの。

少年院に着いた時に、持っていたアラビア語の本をアラビア語のわかる係官がチェックします。「ハディース(預言者ムハンマドの言行録))はOKだけど、信憑性の薄いものもある。あとで話そう」と言われます。
ハディースは、ムハンマドが日常生活の中で語った言葉やその行動について様々な人が見聞きしたことの言行録。礼拝の仕方から、日々の暮らしでの振る舞い、戦争など、多岐にわたってムスリムとしてあるべき姿の指針になるものなのですが、原則口伝の上、イスラームの伝播と共に加えられたものもあって、信憑性の薄いものもあるという次第。
クルアーンやハディースをどう解釈するかで、同じムスリムでも行動が変わってきます。過激派は自分たちの解釈に従って行動しているというわけです。

アメッドの父親は家族を捨てて出て行ったらしいのですが、父親がいなくなってから、母親はスカーフをしなくなり酒浸り。姉も肌をかなり出した服装。それに対しても、アメッドは文句をいいます。恐らく、父親は敬虔なムスリムとして、妻や子どもに常日頃さまざまなことを押し付けていて、アメッドはそれを見て育ったという下地もあったのかもしれません。

ところで、4月末にNHK BS世界のドキュメンタリーの再放送で「テロの街の天使たち 〜ブリュッセル6歳児日記〜」(英題:Gods of Molenbeek、フィンランド制作、2019年)を観ました。ベルギーのイスラーム教徒が多く住むモレンビーク地区に住む少年たちを追ったドキュメンタリーで、モレンビークはダルデンヌ兄弟が本作の舞台に想定した場所。
「テロは私たちイスラーム教徒が起こしたものではありません」のアナウンスが流れていたのが印象的でした。
ヨーロッパでは、社会に不満のある若者などがイスラームに改宗し、過激な行動に走ることもあると聞きます。移民のムスリムの家庭に生まれて、差別や偏見を受けて過激思想に走る若者もいるでしょう。そういった人たちを本来のイスラーム教徒とは思いたくない気持ちもわかります。

◆映画の背景 (公式サイトより)
ベルギー、ブリュッセル西部に位置するモレンベークは、10万弱の人口のうちイスラム教徒が5割程度、地域によっては8割を占め、その多くがモロッコ系。(2016年時点)
そこに暮らす一部の過激派のイスラム教徒や、モレンベークを拠点として利用した過激派が、15年のパリ同時多発テロや16年のブリュッセル爆発に関与した。クリント・イーストウッド監督が『15時17分、パリ行き』のタイトルで映画化したタリス銃乱射事件の犯人もブリュッセルから列車に乗車している。ここ数年、ブリュッセルはヨーロッパにおけるテロリズムの交差点と化している。

********

ダルデンヌ兄弟は、本作で過激なイスラーム思想に捉われた少年を主人公にしましたが、13歳という過敏な年齢。何かの思想や物にのめり込んでしまった青少年をどう救うかという普遍的な物語と捉えることもできそうです。


『その手に触れるまで』
原題:LE JEUNE AHMED 英題:YOUNG AHMED
監督・脚本:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ(『ある子供』『ロルナの祈り』)
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック、クレール・ボドソン、オスマン・ムーメン

2019年/ベルギー=フランス/84分/1.85:1 
後援:ベルギー大使館  
配給:ビターズ・エンド
c Les Films Du Fleuve – Archipel 35 – France 2 Cinéma – Proximus – RTBF
公式サイト:http://bitters.co.jp/sonoteni/
★2020年6月12日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー!




posted by sakiko at 17:55| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする