2020年06月29日

インド映画『きっと、また会える』主役スシャントさん自殺!?  (咲)

インド映画通の友人から、ボリウッドの俳優スシャント・シン・ラージブートさん自殺という悲しいニュースが飛び込んできました。
(Yahoo newsなどでも報じられていました。気が付かなかった・・・)

kitto mata.jpg

主演作『きっと、また会える』の日本公開が、当初4月24日の予定だったのですが、新型コロナウィルスの影響で、8月21日(金)に先送りされています。
過去の日本公開作品では、『PK/ピーケイ』(2014)でパキスタン人留学生を演じていたのが印象に残っています。長身のイケメン♪ まだ34歳。いったい、なぜ?
自宅で亡くなっているのが見つかったのが、6月14日。前の週に、元マネージャーの女性ディシャ・サリアンさんが自殺し、それにショックを受け落ち込んでいたと報じられています。
友人からの続報で、自殺でなく、他殺じゃないかという説が浮上し、警察が調査に乗り出しているとのこと。
スシャントさんの彼女が、かなり年上の大物俳優と「関係」があって、その大物俳優が手を回して殺したのではないかという噂が出ているのだそうです。その大物俳優の娘は有名な女優。縁故主義のドンによる他殺説という次第。
親の七光りで、スター俳優の2世3世が早々に映画デビューする中で、スシャントさんはテレビドラマでの経験を積んでから初めて映画に出るまで苦労しているとのこと。
『きっと、また会える』で、ぜひ彼の演技にご注目ください。

『きっと、また会える』原題:Chhichhore
監督:ニテーシュ・ティワーリー(『ダンガル きっと、つよくなる』)

*物語*
アニルッド(通称アニ)の息子が受験に失敗して病院に運び込まれる。アニと息子を励まそうと、アニのボンベイ工科大学時代の寮の悪友たち7人が駆けつける。アニたちのいた4号寮は、建物もボロボロで、競技大会でもどの種目も最下位。他の寮からは負け犬と呼ばれていた。汚名を返上しようと団結して頑張ったエピソードを、息子に次々に聞かせる・・・

☆皆で馬鹿をやった1990年代の学生時代が、ほろ苦くもユーモア満載で語られます。
人生、失敗したっていいんだと勇気づけられます。

2019年製作/143分/G/インド
配給:ファインフィルムズ
公式サイト:http://www.finefilms.co.jp/chhichhore/
★2020年8月21日(金) 、シネマート新宿、シネマート心斎橋


◆インド映画『WAR ウォー』
スシャントさん自殺のニュースを聞いた翌日、試写で観たインド映画『WAR ウォー』が、どこか懐かしい香りのする『きっと、また会える』と対照的に、近未来的な雰囲気もあって、しかも主役二人がスターの2世でした。
国際的なイスラム過激派テロリストをめぐるスパイアクション。ポルトガル、イタリア、オーストラリア等々、海外ロケにもお金かけてます。

war.jpg


映画の詳細はいずれ紹介しますが、主役二人についてだけ、ここでご紹介。

リティク・ローシャン(カビール役)
父は1970&80年代の二枚目スターで、監督でもあるラーケーシュ・ローシャン。

タイガー・シュロフ(ハーリド・ラフマニ役)
父は1980・90年代のトップスターで、今も『チェイス!』(2013)や『サーホー』(2019)で渋い演技を見せているジャッキー・シュロフ。母も元女優で、現在はプロデューサー。

公式サイト:https://war-movie.jp/
★2020年7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、キネカ大森ほか全国順次公開
posted by sakiko at 22:19| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする