2020年07月10日

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を観てきました

rainyday.jpg

これは試写がなくて、劇場に観に行きました。
ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスという当代の人気若手スターが出演。

ウェーブのかかった髪に憂い顔のシャラメくんは、ちょっと風変わりな大学生ギャツビーで、高いIQをギャンブルで無駄遣いしています。これが強くてギャンブラーでも暮らしていけそう。実家もお金持ちで、ぼろ儲けしたあぶく銭は彼女と豪遊。
同じ大学の彼女アシュレー(エル・ファニング)は銀行家の娘で、ゆくゆくは結婚相手にと「ママが」推しています。アシュレーは学校新聞の取材で有名監督に会いに行くことになり、マンハッタンが地元のギャツビーは案内を買って出ます。喜んで週末のお泊りデートの計画を立てるギャツビーですが、彼女は監督や脚本家、はてはスターにまで気に入られて、予定をドタキャン。ギャツビーは八の字眉です。マンハッタンを歩くうちに地元の友達チャン(セレーナ・ゴメス)に再会して、アシュレーとは違った魅力を感じます。

ウディ・アレン監督らしいお洒落な映画で、雨の中シャラメくんに町案内をしてもらった気分です。美術館デートもあり。
酔っ払ったエル・ファニングは可愛いし、映画界の内側をちょっと覗けます。しかし、ウディ・アレン監督を彷彿とさせるような脚本家役が誰かはすぐにわからず。ジュード・ロウだったとは〜!おでこがUの字+こんなに髪が後退していたっけ。
舞台がマンハッタンなせいか、綺麗でおしゃれな家や人々ばかりが登場します。映画界とセレブ界を少しは皮肉ってもいるのですが、ほんの香辛料程度。少女漫画のようなロマコメ、キャストのファンの方おすすめ。

監督・脚本:ウディ・アレン
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー

2019年/アメリカ/カラー/92分/PG12
配給:ロングライド
c2019 Gravier Productions, Inc.
https://longride.jp/rdiny/
★2020年7月3日(金)より公開中
posted by shiraishi at 13:52| Comment(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

香港返還23年目の日に「劇的紀行 深夜特急'96〜熱風アジア編〜」(咲)

緊急事態宣言解除後、他府県への移動もやっとOKになったので、5月に生まれた姪の3人目の子を見に、父と一緒に横須賀まで泊りがけで行ってきました。
P1300932 yokosuka.JPG

メルキュールホテル横須賀の海を見晴らせる11階の広い部屋で、ちょっと香港気分♪
お気に入りの尖沙咀のYMCA香港では、よく11階のハーバービューの部屋に泊まったものです。同じ高さからの海の眺め。
(あ、同じ高さと思いましたが、香港にはグランドフロア―があるから、1階高いですね)

折りしも、6月30日。(姪の誕生日なので、そのお祝いも兼ねて選んだ日程なのですが) 23年前、香港にいたことをしみじみ思い出しました。あの日と同じく、土砂降りの雨。英国の涙と言われたものです。1国2制度で50年間は高度な自治を守ると言っていたのに、どんどん中国の影響力は強くなり、とうとう、「香港国家安全維持法案」が、23年目の回帰記念日を迎える前日に可決されてしまいました。これからどうなるのでしょう・・・

7月1日、金沢八景駅からシーサイドラインで1駅の野島公園へ。旧伊藤博文金沢別邸が目的だったのですが、駅に降りたとたん暴風雨に見舞われて、諦めました。
P1300946 nojima.JPG

父にとって、この野島は小学校5年生の夏休みの1ヶ月間を過ごした思い出の地。お豆腐屋さんの2階を間借りしたそうで、ちょうどこの駅のあたりだったと懐かしそうにしていました。87年前のことです。

家に帰って、数日前に日本映画専門チャンネルで放映されたのを録画していた「劇的紀行 深夜特急'96〜熱風アジア編〜」を観ることに。香港が懐かしくなった次第。
2010年11月、シネジャの大御所Sさんと一緒に香港に行った時、Sさんが安宿に泊まってみたいというので、「劇的紀行 深夜特急'96」のロケの時に、大沢たかおさんが泊まった重慶大厦(チョンキンマンション)のドラゴンインを選んだのでした。
chonkin.jpg

★この時の旅の日記は、スタッフ日記2010年11月第2週
撮影に使ったのは、別の宿でしたが、映画には重慶大厦1階の両替屋さんや、狭いエレベーターなどが出てきて懐かしかったです。沢木耕太郎の原作「深夜特急 第1便」では、マカオのカジノの場面にわくわくしたものですが、映画では、香港の宿の1室での賭け事になっていました。

ドラマは1996年にロケをしていて、ちょうど返還の1年前。1997年7月1日に返還式典を執り行ったビクトリア湾にせり出した香港会議展覧中心もまだ出来ていないのが確認できました。
大沢たかお演じる沢木耕太郎が香港に着いた日に知り合う青年が、留学しているロンドンから一時帰国中という設定。彼の兄弟も海外に留学していて返還後どうなるかわからない香港からの逃げ場を確保しています。保険を掛けていた人はすでに外国に出ていて、これからもお金のある人はどんどん出ていきそうですね。

ぷりぷりしこしこの海老ワンタン麺、密汁叉焼飯、マンゴーのデザート等々の美味しさは、きっと変わってないけれど、街の空気はすっかり変わってしまったのだろうなぁ〜と思うと、足を踏み入れるのが怖いです。でも、行きたいなぁ〜



posted by sakiko at 09:44| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする