2020年07月19日

『ホテルニュームーン』ショーレさんにイランとの合作の苦労を伺いました (咲)

DSCF3889 shoreh.JPG

日本イラン国交90周年の2019年に完成し、昨年イランのファジル映画祭でお披露目された日本イラン合作映画『ホテルニュームーン』。日本での公開が、ようやく9月18日に決まり、日本側のプロデューサーを務めたショーレ・ゴルパリアンさんにお話を伺う機会をいただきました。

ショーレさんには、これまでほんとうに多くのイランの監督や俳優さんの取材でお世話になってきましたが、ショーレさんご自身にインタビューするのは初めてで、ちょっと緊張でした。

2018年、東京芸術大学、大学院映像研究科の筒井武文教授をテヘラン大学の映画科やタブリズィ監督の撮影現場に案内した後に、「テヘランを舞台にイランの若者の話を撮りたい」 と言われたのが、この映画の発端。

「両国の文化習慣の違いはもとより、映画製作方法の違い、言葉の不自由もあり、人の気持ちを合わせるのは大変な仕事でしたが、私はとても感動的な作品にできあったと思っております」とショーレさんよりのメールにありました。
本作で、プロデューサーを務めるのは12本目ですが、イランの商業映画のプロデューサーと組んだのは初めてのことで、ほんとうに大変だったと、いろいろ語ってくださいました。
アート系の映画との違いを実感したそうです。(聞くも涙!)
それでも、本作には、イランの普通の人たちの生活が描かれていて、それが嬉しいとおっしゃっていました。
1990年代に、多くのイランの人たちが日本で働いていたことも軸になっていて、思えば、それがイランのイメージを変えてしまったことに思いが至ります。
*詳細は、後日報告します。

DSCF3905 hotel new monn.JPG

7月17日の試写の合間にお話をお伺いしたのですが、試写が終わるころには筒井武文監督も到着。
『ホテルニュームーン』の撮影に使った下町の安宿がすっかり気に入り、また泊まりたいとおっしゃる筒井監督。イランでの公開にあわせて、10回目のイラン訪問を楽しみにしていたのに、今はイランもコロナ蔓延で行けないのが残念とおっしゃっていました。

posted by sakiko at 22:14| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020台湾映画上映&トークイベント「台湾映画の"いま"〜進化する多様性」(オンライン開催)

第1回は、藍正龍(ラン・ジェンロン)初監督の新作未公開作品『ぼくの人魚姫(原題:傻傻愛你,傻傻愛我)』!

日時:8月1日(土)14時から
配信プラットフォーム:参加決定者に個別にメールでお知らせします。
スピーカー:江口洋子(台湾映画コーディネーター)
参加:事前申し込みで、先着100名様がご参加いただけます。

申し込み:7月20日(月)昼12:00より
     台湾文化センターのホームページよりお申し込み下さい。
     URL:http://jp.taiwan.culture.tw
     ※上記URLから本イベントの告知ページにアクセスして、
      申し込みリンクをクリック。
      申し込みフォームから必要事項を記入して送信して下さい。
      申し込みリンクは7月20日(月)12:00からアクセス可能です。
      お一人様1通でご応募下さい。

2000年以降の台湾映画の新しい流れがどのように台湾映画の"いま"に繋がってきたのか、そして"いま"何が起きているのかをお届けする台湾文化センターとアジアンパラダイス共催のイベントシリーズ、今年は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、オンラインでの開催になります。
2020年の第1回は、8月1日(土)14時から、ダウン症の青年の初恋を通して、ハンディのある子供の家族や社会との関わり、愛と勇気を描いたハートウォーミングな作品『ぼくの人魚姫(原題:傻傻愛你,傻傻愛我)』です。
本作は、昨年11月に台湾で公開された人気俳優藍正龍(ラン・ジェンロン)の初監督作品。
トークは作品解説と、6月〜7月に台湾で行われた台北電影節のご紹介です。

詳細は、台北駐日経済文化代表処台湾文化センターHPをごらんください。
https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_115062.html

(江口洋子さんからの情報を一部転載しました)



posted by akemi at 19:18| Comment(1) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする