2020年08月30日

『追龍』に出てきた九龍城砦、今は公園になっています(暁)

2017年9月に香港に行った時、『追龍』の香港公開1週間くらい前だった。ちょっとのことで間に合わなかったけど、銅鑼湾(トンローワン)の時代広場にこの映画の大きな看板があるというので見に行った。地下道沿いにいくつか看板があって、人通りが途切れるところで何カットか写真を撮った。

PICT2449補正.jpg


この映画の日本公開にあたり試写状をいただいたけど、新コロナ禍中の緊急事態宣言があって自粛していて、結局試写室には行かれずDVDを借りて観た。でも失敗。これはやっぱり大きな画面で観なくてはと思い、映画公開が始まってすぐ映画館に観に行った。
30年以上も香港映画界で活躍してきた劉徳華(アンディ・ラウ)と甄子丹(ドニー・イェン)の2大スターが初共演と話題になっていたけど、警察と黒社会(ヤクザ)が結託していた1974年以前の香港の警察と黒社会の関係を描いている。賄賂を得ながら出世してゆく実在の警察幹部雷洛(リー・ロック役=アンディ・ラウ)と、中国本土潮州から香港に仲間とともに密航してきた伍世豪(ン・サイホウ役=ドニー・イェン)が、香港社会でのしあがろうとする姿が描かれ、かつてアンディが演じて大ヒットした『リー・ロック伝』(1991年公開。日本でも公開)と同じ時代を描いている。アンディはこの時と同じくリーロックを演じている。
*1991年のリーロック伝 公開タイトル
『リー・ロック伝/大いなる野望 PART I 炎の青春』
 (原題「五億探長 雷洛傳:雷老虎」)
『リー・ロック伝/大いなる野望 PARTII 香港追想』
 (原題「五億探長 雷洛傳U:父子情仇」)

この『追龍』に頻繁に出てきたのが九龍城砦。リーロックがここを仕切るボス・チウの息子のことで話をつけに九龍城に乗り込みますが、大波乱。九龍城の中で大立ち回りの末、リーロックを助けようとしたン・サイホウが、足を骨折し、以後、杖をつく姿に。この映画の中で再現された九龍城ですが、魔窟といわれた九龍城の姿が懐かしかった。入り組んだ構造と今にも壊れそうな建物。そして啓徳(カイタック)空港に降りる飛行機が頭上近くを飛ぶ姿も何回か出てきました。
これまで数々の映画の中で描かれてきた九龍城ですが、私が初めて九龍城のことを知ったのは張之亮(ジェイコブ・チョン)監督の『籠民』(1992)を東京国際映画祭で観た時。香港映画を観始めた頃で、香港のこともあまり知らなかった。中国などから来た不法移民たちが1畳ほどの鶏小屋のような網がはってあってベッドが並んでいる大部屋で暮らしている姿が描かれていた。ここは香港警察も中国も手が出せない無法地帯で「魔窟」と呼ばれていた。建物の老朽化と治安の悪化から取り壊しが決まり、それに住宅の取り壊しが決まり、それによる住民たちの動揺や迷い、結束などが描かれている
対して反対をするというような作品で、とても感動的なだった。この作品で香港映画に興味を持った、私にとっては記念すべき作品。、喬宏(ロイ・チャオ)やBEYONDのメンバー、寥啓智(リウ・カイチー)、テディ・ロビンなどが出ていた。BEYONDのリードボーカル黄家駒(ウォン・ガークイ)は1993年に日本のTV局での事故で亡くなってしまった。
その1993年頃に九龍城砦は取り壊され、その後は「九龍塞城公園」に。啓徳空港も1998年に閉港され、今はランタオ島にある香港国際空港へと香港は大きな変化をしていった。なので、あの頭上を大きな飛行機が通りすぎる様子は、九龍では見ることがなくなった。もう20年以上の月日がたつ。
2018年に香港に行ったとき「九龍塞城公園」に行ってみた。私は映画でしか九龍城砦を見たことがなかったけど、あのなんともいえない怪しげな様子は、今は昔で、すっかり南国の公園になっている。
皆さんも機会があったら行ってみたらいかがでしょう。

DSCN5729補正.jpg
こんな感じの門も


●DSCN5628補正.jpg
12支の石像も


●DSCN5745補正.jpg
九龍城の歴史や回想をするコーナーも

DSCN5750補正.jpg
こんな展示も

DSCN5779補正.jpg
こんな場所も
posted by akemi at 20:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『おかあさんの被爆ピアノ』に亡き母を思う (咲)

hibaku piano.jpg

先日、3時半からの試写の前に、時間的に観られる映画を探して、目に留まったのが新宿K's cinema.で上映されている『おかあさんの被爆ピアノ』(監督・脚本:五藤利弘)でした。タイトルだけで、これは観るべき映画と直感。

佐野史郎さん演じるピアノ調律師が、広島で被爆したピアノをトラックで運んで、全国でコンサートを開いているという予備知識だけで見始めたら、最初に出てきたのが、第五福竜丸の袂でのコンサート。一気に亡き母を思い出しました。10代の頃に戦争を体験した母は、戦争反対! 原爆反対!と、小さな声でよくつぶやいていました。夢の島公園にある熱帯植物園を目指して行った時も、その手前にある第五福竜丸展示館の前で足が止まりました。私はその時には第五福竜丸がアメリカの水爆実験で被爆したことを知らなかったのですが、母はちゃんと知っていた次第。その後、一人で展示館での講演会にも足を運んでいました。

映画『おかあさんの被爆ピアノ』に話を戻します。
シューベルトの「アヴェ・マリア」で始まる第五福竜丸での被爆ピアノのコンサート。
終了して、ピアノをトラックに積み込む調律師・矢川に、コンサートを観にきていた武藤十夢さん演じる菜々子が、「広島まで乗せてってください」と声をかけます。
母親の実家が広島で、亡き祖母のピアノを矢川に寄贈したことから、第五福竜丸コンサートの招待状が届いていて、菜々子はそれをこっそり失敬して来ていたのです。母親は日ごろから菜々子に広島のことを語りたがらず、祖母のピアノを寄贈したことも話していませんでした。被爆2世である母は、娘に被爆3世であることを意識させたくないのですね。
菜々子は、矢川が毎年原爆の日に原爆ドームの前でコンサートを開いていると知って、祖母のピアノを弾きたいと申し出ます。
菜々子は大学で幼児教育を学び幼稚園教師を目指しているので、ピアノは弾けるのですが、ブルグミューラーの練習曲のレベル。私もピアノを習い始めた頃に弾いた懐かしい曲の数々。それが、原爆ドーム前コンサートでは、ベートーヴェンの「悲愴 第二楽章」に挑戦したいというのです。
これがまた、私には懐かしい曲! 中学を卒業したら東京に引っ越すことを知ったピアノの先生が、発表会で私に与えてくださったのが、「悲愴 第一楽章」でした。ちょっと背伸びした選曲で、それはもう大変でした。落ち着いた第二楽章と違って、第一楽章はまさに悲愴感漂い、激しい曲。神戸オリエンタルホテルでの発表会では、どんどんスピードが速くなって、どうなることかと観ていた母は冷や冷やしたそうです。
思えば、母が私にピアノを習わせたのも、自分が戦争でピアノのお稽古を中断せざるを得なかったからでしょう。
『おかあさんの被爆ピアノ』では、母親が娘を思う気持ちが丁寧に描かれていました。森口瑤子さんが、さばさばした素敵なお母さんを演じています。

それにしても、爆心地近くで焼け残ったピアノがあったことを知り驚きました。まさに奇跡ですね。そのピアノが語り継いでくれる原爆の記憶。平和の大切さをかみしめたいです。

『おかあさんの被爆ピアノ』 
公式サイト: http://hibakupiano.com/



posted by sakiko at 09:01| Comment(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする