2013年02月04日

榎木孝明さんの時代劇再生「映画 一期一会プロジェクト」にため息の節分の日(咲)

2日、Sさん宅でシネジャ87号の第一回編集。ページ割りをしたあとは、Sさんの美味しい手料理で新年会。編集より、そっちの方がメインだったような・・・
自分の原稿はまだ峠を越してないけど、なんだか一段落したような気になって、3日はお出かけ。まずは、最寄駅近くの高幡不動尊で節分の豆まき見物♪
遠くからのピンボケの写真で様子をどうぞ!

山口もえさん
IMG_7619 moe.JPG

この日のメイン、イラン大使公邸でのチャリティーバザーへ。芝生の上に敷かれたペルシア絨毯に座ってランチ。
IMG_7642.JPG
イランのおうどん「アーシュ・レシュテ」をいただきました。
緑葉野菜やハーブ、それにお豆の入った健康的なおうどんです。ちょっと麺がのびてるのはイラン流。
IMG_7639.JPG

次に、丸善丸の内本店4階ギャラリー『榎木孝明 やすらぎの風景画展』へ。2時からのサイン会前の榎木さんトークをお目当てに行ったら、なんと、25分も色々お話してくださいました。ふむふむと人生の指針になる言葉がたくさんありました。また、榎木さんが中心になって進めている時代劇再生を目指す「映画 一期一会プロジェクト」(http://www.eiga-ichigoichie.com/)についても目を輝かせてお話してくださいました。京都に国立の四年制の映画学校を作ること。明治村・大正村とそれぞれの時代の町を作って、映画学校の官舎として使うほか、希望する一般人にも住んでもらって撮影の際にはエキストラとしての参加も。なんだか老後は京都の映画村に住むのも楽しそうだなぁ〜と。私も夢が膨らんだひと時でした。

この後、古代オリエント博物館の「ペルシア書道へのいざない」展へと、目一杯楽しんだ一日でした。 さぁ、原稿仕上げなくっちゃ!
posted by sakiko at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック