2013年02月18日

2月13日水曜「ミッキーの映画日記」『カルテット!人生のオペラハウス』


カチンコ試写『カルテット!人生のオペラハウス』ダスティン・ホフマン監督/イギリス/99分/TOHOシネマズ シャンテ他にて4月19日より公開

 イギリスの田園が広がる地にあるビーチャム・ハウス。
そこは引退した音楽家たちが余生をおくっている高級老人ホーム。
資金難のため存続が危ぶまれていて、資金集めにコンサートを開催しようと準備が進められていた。
この音楽会に一生懸命活動しているレジー(トム・コートネイ)、
痴呆症が始まっている魅力的なシシー(ポーリーン・コリンズ/なんと『アルバート氏の人生』で床下のお金をネコババした女優さん!)、
ホームでも女性を追いかけているウィルフ(ビリー・コノリー)の3人の前に、
昔、彼らとともにオペラのカルテット(四重唱)を組んでいた超有名プリマドンナのジーン(マギー・スミス)が入居してきた。

ハートたち(複数ハート)至福映画!主役4人はもちろんすごいが、周りの音楽家たちのすごさにびっくり!
ダスティン・ホフマンさん ありがとう!
皆さんダスティン・ホフマンさんの初監督作品だからこそ出られたんじゃないかな。
オペラ好きや音楽をやっていた方なら誰でもヨダレを流して観入るだろう。
そうでない方も美しい歌声、老練した楽器の音色に耳を傾けてほしい。

バッド(下向き矢印)うっとりばかりしておれん!現実に戻らねば!
同じ職業で同じ養老院に・・・はどう?どう思われます?
私はいやだぁ!どんっ(衝撃)
でも理想はある。「映画話し好き」な私の周りに「観なくても映画話しは聞きたい」人がいれば最高!どこまでいってもワガママなおばぁだ。

ぴかぴか(新しい)イギリスの誇るソプラノ歌手・ギネズ・ジョーンズさんはエリザベス女王から「デイム」の称号を贈られた方。
ワーグナーの歌い手として世界的に有名な方。
この方がオペラ「トスカ」のアリアるんるん「歌に生き恋に生き」を見事に歌う!御歳76歳!
posted by mikiko at 13:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ミッキーの映画日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同じ職業で同じ養老院・・・は難しいんじゃないかと私も思いました。それも芸術家ばかり。少しは共通点がほしいけど、元ライバルなんてやはり心穏やかじゃない気がします。私は動物を飼っているところがいいです。
Posted by 白 at 2013年02月18日 19:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック