2013年03月03日

シネマジャーナル87号の感想が寄せられました『王になった男』


シネマジャーナルの読者の猫猫さまから、このような嬉しい感想をいただきました。
『王になった男』の記事をお読みになって劇場に行かれました。

面白い!!!
ビョンホンにコメディーが出来るとは 思っても居なかった。
しかも 二役!
や〜〜〜な 身勝手な ホンモノの王は
いとも簡単に演じることが出来ると思ったけれど
あの ふにゃふにゃの芸人役。
しかも 皆さまのまえで ブリブリブリ・・とする役だよ。
演じる前に 自分のイメージが損なわれる・・と
拒否しそうな人物だと
私は ビョンホンの役者魂を 信じていなかったのだ。
それを やった!!!!
これで ちょっと ビョンホンを見直した。
その役をやり遂げた ビョンホンに拍手喝采!
話も
脚本が とてもしっかりしていて
隙がなく 面白かった。
宮廷の中の 力関係や 役回り・・などが よくわかったし。
宦官になった おじいさんも
最後に身体を張って 彼を守った 臣下も良かった。

最後に入れ替わる部分も
(時間的に大丈夫?)とも思ったけれど
ほとんど つじつまが合っていたし
言うことなし!!
久々に 今年のベストテンに 入れてもいい
と思えた 韓国映画だった。





posted by mikiko at 09:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事をご覧になって、さっそく観に行ってくださったとは、励みになりますね〜
楽しい感想も嬉しい限りです!
猫さんにどうぞよろしくお伝えください!
Posted by sakiko at 2013年03月03日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック