2013年03月03日

87号発送終えたら、インフルエンザ (咲)

シネマジャーナル87号が25日に出来上がりました。
26日、白さん宅で、暁さんと3人で定期購読の方や公共機関などへの発送作業。帰途、白山神社の梅を眺めたかったのですが、私は25冊、暁さんは30冊を抱えていて、階段が上がれない・・・ 残念!
それでも重い荷物を抱えたまま、『異国に生きる 日本の中のビルマ人』の最終試写へ。1991年、ビルマ(現ミャンマー)軍事政権の弾圧から逃れ、政治難民として来日した民主化運動活動家の青年チョウチョウソー(チョウ)さんを14年にわたって追ったドキュメンタリー。「自分のためにだけ生きるのはつまらない」と語るチョウさん。家族愛、人間愛に満ちた彼の姿に敬服。会場に土井敏邦監督がいらしていて、「ただただ彼の人柄に支えられた映画」と謙遜されます。「先日、東大のパレスチナ研究会での土井監督のコメントを頼もしくお聞きしました」とお伝えしたら、「いや〜厳しいことを言いまして」と優しく笑っていらっしゃいました。
ikokuniikiru.jpg

やっと87号の編集からも解放されて、さぁ映画を観るぞ!と楽しみにしていたのですが、発送を終えた翌日、寒気がして寝込んでしまいました。父に医者に行けと言われるも、坂を下りて駅近くの医者まで行くくらいならベッドにへばりついていたい・・・ ちょうど妹が前日内科に行って風邪薬を処方されていたので、お裾分けして貰ったのですが、金曜日になって熱は下がったものの食欲は戻らないし、節々は痛い。重い腰をあげてお医者さんへ。なぁんとうっすらインフルエンザの菌が出たとのことで、5日まで外出禁止を言い渡されてしまいました。タミフルを処方され、2回服用したら、みるみる回復。飲み続けていますが、興奮状態にもならずにいます。
いくつかの映画が観られなくなってしまったし、『セデック・バレ』の記者会見にも行けなくなってしまったけれど、菌をまき散らすわけにいかないですから我慢我慢。

さて、私が寝込んでいる間に、87号を受け取った方から、続々お礼のメールが。楽しんでお読みいただければ何よりです。
posted by sakiko at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック