2013年05月16日

余命宣告受けたら銀行強盗をしたい! 『フェニックス〜約束の歌〜』記者会見でお茶目なイ・ホンギ (咲)

15日、『フェニックス〜約束の歌〜』で映画初出演した韓国のロックバンドFTISLANDのイ・ホンギの記者会見に行って来ました。イ・ホンギ演じるトップアイドルが暴力事件を起こし、社会奉仕活動に行かされたホスピスで末期癌の患者たちとバンドを組んでコンサートを開き、経営難のホスピスを救おうという物語。(なんだかこのパターン 最近多い?)
IMG_8883 hongi.JPG

「余命宣言されたら何をしたいですか?」と質問してみました。
絶対これをやろうと思ってたこと・・・ 世界一周の次に出てきたのが、銀行強盗! 絶対できそうにないことだけど、やってみればやれるかもと。その他、買いたいもの、食べたいものを全部こなすこと、いろんな女性にも会いたいと、欲張りでお茶目なイ・ホンギでした。
IMG_8888.JPG
記者会見の模様は、次号シネマジャーナル88号と、Web版特別記事でお届けします。

『フェニックス〜約束の歌〜』は、余生と向き合うことをしっかり考えさせてくれるとともに、心温まる物語。
★6月7日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国公開


夜、早稲田大学・大隈講堂でオスマン軍楽隊(メフテル)の公演。
勇壮な中に哀愁の漂う軍楽の数々を楽しみました。これまでに来日のたびに追っかけていましたが、今回は濱崎友絵先生の解説付きで、軍楽隊の歴史や衣装の意味なども知ることができました。
IMG_8922.JPG

最後に早稲田大学応援部吹奏楽団の学生さんたちが一緒に2曲演奏。そのうちの1曲「ジェッディン・デデン」は、テレビドラマ「阿修羅のごとく」(向田邦子さん脚本、和田勉さん監督:1979年放送 パート2は1980年)のテーマ曲として、一躍日本で有名になった曲。西洋音楽とは音階もリズムも異なるオスマン軍楽の演奏は、若い学生さんたちにとって難しかったことと思いますが、貴重な経験をうらやましく思いました。きっと一生忘れないでしょうね。IMG_8948.JPG
posted by sakiko at 10:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく記事読んでますが、オスマン軍楽隊ってはじめてしりました!しかも、あなたは追っかけだったの!!それに「阿修羅のごとく」の音楽、すごく興味あって一時調べたことがあったけど、それが「ジェッディン・デデン」って曲だとわかり嬉しい。不思議な曲ですよね、妙な気分になるわ。咲さんの博識に脱帽です。どんどん映画みてね 泉
Posted by etsuko izumi at 2013年05月17日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック