2013年09月06日

ドイツ映画『おじいちゃんの里帰り』 ヤスミン・サムデレリ監督と片言トルコ語でお話 (咲)

ドイツのトルコ移民を描いた『おじいちゃんの里帰り』。原題『Almanya - WILLKOMMEN IN DEUTSCHLAND』自体、トルコ語とドイツ語の合体。これはもう早く観たい!と、9月3日、1回目の試写に行ってきました。何より、この日は「あいち国際女性映画祭2013」での上映にあわせて来日したヤスミン・サムデレリ監督にも会場でお会いできるというので、ワクワク♪

物語は・・・1960年代にドイツ政府の出稼ぎ呼びかけに応じてトルコからやってきたおじいちゃん。惜しくも100万人目を逃した100万1人目の移民だった。その後、家族を呼び寄せ、今では孫にも恵まれ、おばあちゃんの希望でドイツに帰化も果たした。そんなある日、おじいちゃんはトルコの故郷に家を建てたと言って、夏休みに一家全員でトルコに行くことになる・・・
長い道中に、移民してきた頃の話や、おばあちゃんと略奪婚だったことなどが語られる。
ドイツに到着した当時のカルチャーショックや、孫の世代のアイデンティティなど、ユーモアを交えて描かれて、期待通りの作品でした。

映画を観終わって、ヤスミン・サムデレリ監督にトルコ語で「ようこそ!」と挨拶。その後、もともとそれほど出来るわけでないトルコ語でしどろもどろながらお話しました。私が言いたいことを察知してくださって、なんとか会話が成り立った次第。トルコでの撮影地はイズミールの近くですが、監督の祖先の故郷はアンカラよりさらに東のアナトリア高原の方とのこと。頭が切れて、とてもチャーミングな方でした。

IMG_0010.JPG

『おじいちゃんの里帰り』
★11月30日よりヒューマントラストシネマ有楽町他 全国公開
posted by sakiko at 09:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 試写 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『おじいちゃんの里帰り』はあいち国際女性映画祭のオープニング作品でした!オープニングに相応しい素晴らしい作品でした!
監督さんは映画作りのセンス、言語の扱いのユニークさなど、これからが楽しみな方。
お話しも、ちょうどいい時間の中で内容を的確に受答えなさっていたので驚きました。紹介していただきありがとうございました。
Posted by ミッキー at 2013年09月07日 00:44
オープニングだったのですよね。試写状に3日監督来日と書いてあったので、前もってサンプルをお借りしてインタビューすればよかったと残念に思っています。あいちでどんなお話をされたのか興味津々♪ 
Posted by sakiko at 2013年09月07日 08:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック