2013年10月16日

10月16日水曜「ミッキーの映画日記」 はじめて池袋の「新文芸坐」へ

台風も思ったより早くとおり過ぎたので、今日は 松本清張原作の名作映画の2本だてを
池袋の「新文芸坐」へ行きました。
観たのは石井輝男監督の「黄色い風土」と大庭秀雄監督の「眼の壁」。
今から50年以上も前の作品。

「黄色い風土」は陸軍登戸研究所の偽札作りが絡んでいるサスペンスで、
鶴田浩二の週刊誌記者と謎の女 佐久間良子が出ていました。

ヤクザ映画の鶴田浩二しか知らないので驚きましたが、颯爽とした理知的な記者さんも素敵でした。
ロケ地が、熱海、岐阜、名古屋と縁があるところだったので懐かしく感じました。

「眼の壁」は佐田啓二主演で政界と組織犯罪の癒着を描いています。
朝丘雪路が新聞記者の新妻で出て来ますが、これがとっても可愛くて健気で
暗いストーリーに花を添えていました。

はじめて行った歴史ある映画館「新文芸坐」。これからは上映作品要チエックです。
posted by mikiko at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ミッキーの映画日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック