2013年11月26日

マフマルバフ監督に会いに東京フィルメックスに行こう! (咲)

今年は東京フィルメックスの審査員長としてモフセン・マフマルバフ監督が来日されるので、いつお話できるかとドキドキ。さっそく23日、オープニング上映が終わった時にお会いすることができました。「奥様やお子様たちとはお話したことがあるのに、監督とは初めてお話できて嬉しい」と申し上げたら、「10年前にあなたの顔を見た覚えがあります」と言われてびっくり。『微笑み絶やさず』を観に来た私のイラン人の友人たち、上映前におトイレでマフマルバフ監督と遭遇! 「20年ぶりだね。あの時はジャンバーをくれたよね。ありがとう」と言われ感激していました。

IMG_1546.JPG
忙しい合い間をぬって、インタビューの時間をいただきました。
イランの人の暮らしと共にある詩。「人生の指針としている詩人は?」と伺ってみました。
「人生哲学はモーラーナ(ルーミー)、旅している時にはサアディー、悲しくなった時にはオマル・ハイヤームに助けを求めます。過去はどうでもいい、今一瞬を楽しめばいいという言葉に助けられます」(この後もまだまだ詩人の名前が・・・) そして、「イラン人にとって、革命前のヒーローは詩人だったけれど、革命後のヒーローは映画監督かもしれない」とおっしゃるので、「監督もまさしくイラン人にとってのヒーローですね」と申し上げたら、「過去のね」と謙遜されました。
現在、ロンドンを拠点に世界各地で映画作りをされているマフマルバフ一家。「いつかまたイランで撮ることができるようになったら、どんな映画を?」と伺ってみました。「イランにはたくさんの物語があります。誰も聞いたことのない話で、他の国の人々の為になる映画を作りたい」と力強く語ってくださいました。
インタビューの詳細は後日、本誌で!

東京フィルメックスは、12月1日まで続きます。
林加奈子ディレクターが、開会宣言で、「今年の作品はほんとに凄いです」と力説された通り、今まで観た作品、どれも素晴らしいです。ぜひ有楽町に足をお運びください。
詳細は公式サイトで!
http://www.filmex.net/
posted by sakiko at 09:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うらやましい。インタビュー記事楽しみにしています。
私は12月2日からの中国インディペンデント映画祭まで、名古屋で大人しくしています。
Posted by ミッキーです at 2013年11月27日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック