2014年09月06日

『祝宴!シェフ』チェン・ユーシュン監督のお袋の味は、いっぱい穴のある茶碗蒸し (咲)

映画を観ていない段階で、チェン・ユーシュン監督インタビューのお話をいただきました。
でも、台南が舞台と知って、これは是非監督にお会いしたいと思いました。実は、私の父方の祖父母が90年以上前に台南に住んでいたことがあって、東京に帰って父が生まれたので、父は台南で出来たという縁なのです。(今日は父の92歳の誕生日♪)
それに、『熱帯魚』や『ラブゴーゴー』の監督さんとなれば、絶対面白いはず。

大急ぎで映画を観ました。ストーリーは・・・・
かつて台湾では、お祝いごとがあると屋外で宴が開かれ、総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれる宴席料理人が腕を振るったものだった。“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、モデルを夢見て台北に行ったが、恋人の借金を抱えて追い出されるように帰郷。亡き父が残したレシピに心を動かされ、全国宴席料理大会に挑む決意をする・・・

料理初心者のシャオワンが、色々な人に助けられて決勝戦にたどり着く姿を描いた笑いに満ちた物語。観終わって感じたのが、どんなに豪華な料理よりも、愛情のこもった料理が一番ということでした。
監督にお会いして、まず、「監督にとって、忘れられないお母様の手料理は?」とお伺いしてみました。
「お弁当に入っていた肉団子入りの白菜のあんかけ、少量の油で焼いたトンカツ風の豚肉、そして、いっぱい穴のある茶碗蒸し」と次々に美味しそうな料理があがりました。
小さい頃、よくお祖母さんに連れられて祝いの席に行ったそうです。前菜のピータンやソーセージが大好きで、出てくるとすぐにテーブルに這い上がって掴み取って、たしなめられたとか。
P1050386.JPG

一つ一つの質問に丁寧に答えてくださって、30分の取材時間はあっという間に過ぎ、用意した質問すべてを伺うことができず残念!
インタビューの詳細は、後日お届けします。

公式サイト:http://shukuen-chef.com
11/1(土)よりシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー
posted by sakiko at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画面白そうですね〜。『ラブゴーゴー』はすごくツボにはまった映画でした。特に透明人間のエピソードは号泣ものでした。DVDも買いました。『熱帯魚』はイマイチでしたけど……。

『祝宴!シェフ』のサイトによると、今のところ岡山での上映は記載されていないので、大阪か神戸までいかなければ観れないかもしれません。インタビュー記事を楽しみにしています。

今日はお父様の誕生日とのこと。おめでとうございます。ちょうどゆかりの(?)神戸に来ています。神戸と言ってもほんとに神戸駅近くのホテルに泊まっています。新開地劇場で公演中の劇団花吹雪を見に来ています。明日の昼の部を観てから帰ります。以前は土曜日に昼の部・夜の部を見て、日曜日も昼の部・夜の部を見ていましたが、もうそれでは体が持ちません(^^; では。
Posted by 山崎 at 2014年09月06日 22:21
山崎さま
神戸からメッセージありがとうございます!
シネジャの更新がなければ、今日の夜の部も見られたのに、なんだか申し訳ないです・・・

『熱帯魚』や『ラブゴーゴー』では、いわゆる美男美女が出てこなかったですが、今回は美男美女も出てくるし、直球の楽しさかなと思います。ちょっと長いですが、意外と長さを感じませんでした。ちょっとチャウ・シンチーの映画のような馬鹿馬鹿しさもありますが・・・ 
上映しているところに行く機会があったら、ご覧ください!
Posted by sakiko at 2014年09月07日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404972682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック