2015年04月02日

今年も満開の桜の中でレスリー・チャンを偲びました (咲)

桜が一気に花開き、まさに春爛漫ですね。
そして、満開の桜の中で今年も巡ってきました。4月1日。
2003年のこの日、自分がどこで何をしていたかを、まざまざと思い出します。
レスリー・チャンが自ら旅立ってしまったとの報に、翌日、レスリーも眺めたことのある千鳥ヶ淵の桜のもとに皆で集まって、涙したものでした。
そのお仲間と今年も美味しい中華料理をいただきながら、レスリーを偲びました。
体調が悪くて参加できなかった友もいて、私たちも歳を取ったことをぐっと実感しましたが、レスリーは46歳の美しい姿のまま! 
10周年に大々的に追悼の催しが行われたあと、どうなるかしら・・・と心配していましたが、香港ではいつもの通り、マンダリン・オリエンタルの脇には多くの花が飾られ、それ以外にも無料のビデオコンサートが開かれたり、マダム・タッソーろう人形館で祭壇が儲けられたりと、レスリーのことを決して忘れない人たちが大勢いることを感じます。

今も生きていれば、映画やコンサートでどんな姿を見せてくれたかしらね・・・と、話は尽きませんでした。 天国でも、きっと皆を仕切っているよねとも。 
DSCF8373 landmark.JPG
こちらは、3月31日、横浜山手から眺めた風景。
横浜でも県民ホールでレスリー・チャンのコンサートを楽しんだのでした・・・
posted by sakiko at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック