2015年05月10日

「井浦新 アジアハイウェイを行く〜イラン〜」で知った『友だちのうちはどこ?』のコケール村の今(咲)

9日夜9時からNHKBSプレミアムで放映された「ザ・プレミアム 井浦新 アジアハイウェイを行く 第2集▽知られざるイスラム大国」。
“井浦新は市井の人々に会い、等身大の目線で暮らしぶりや心のうちを見つめる。それは、「テロ支援国家」や「核兵器開発疑惑」といったネガティブなイメージとはかけ離れた国の姿だ“という番組の紹介文から、きっと一般の人が思うイランの姿を覆してくれるとの期待通りの内容でした。
アゼルバイジャンから南下してイランに入り、カスピ海沿いの町で、まず、日本に出稼ぎ経験のある男性から家に招かれます。(イランの人たちは、ほんとにすぐ、旅人を家に招きたがります!)
大渋滞のテヘランに着くと、経済制裁の中、新しいショッピングモールにはブランド品が溢れ、どんなパソコンやiPhoneも修理してしまう人たちが・・・。女性たちもド派手化粧でバリバリ働いています。(イスラーム革命後、しばらくはお化粧もご法度だったことを思うと様変わり!)
番組では、このほか、イスファハーンの王の広場やアルメニア教会、マシュハドの美しい廟、ハイウェイの新しいドライブインなども映し出されて、しばらくイランに行ってない私は、うずうず・・・
井浦新が、最後に「人の暖かさ、寛容さを感じた」と語っていたのが何より嬉しく、あ〜イランの友たちに会いに行きたい!と、イランに思いを馳せました。

そして、井浦新が『友だちの家はどこ』のジグザグ道に心惹かれていたことも知りました。ロケ地を訪ねていくのですが、少年が住んでいたコケール村は、撮影のほんの数年後に地震で壊滅してしまって、今は廃墟・・・ 『そして人生はつづく』で、この地震のことは描かれているのですが、こんなにひどい被害だったのだとあらためて思いました。

先日、映画好きのイランの友人から、キアロスタミ監督の特集上映があると教えてもらいました。どうやって見つけたの?と、情報収集力にびっくりです。

特集上映「映画監督 キアロスタミ」
『トラベラー』『パンと裏通り』『友だちのうちはどこ?』『そして人生はつづく』『ホームワーク』『クローズアップ』『10話』の7作品が上映されます。

期間:2015年6月7日〜13日 
会場:渋谷・ユーロスペース
詳細はこちらで ↓
http://www.eurospace.co.jp/detail.html?no=147#dr

posted by sakiko at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック