2015年07月19日

わだつみのこえ記念館 第1回フォーラム

記念館主催のイベントに参加してきました(18日14〜16時まで)。
ちょうど法案改正に反対する声をあげる人々が国会前に集っているところ。
1時にはいっせいにネットでひろまったプラカードも掲げられたようです。
御茶ノ水駅周辺でも何枚も見受けられました。
会場の中央大学駿河台記念館3階320号室は、つめかけた人で満員の盛況でした。

第1回 記念館フォーラム ― わだつみのこえにこたえて
1 映画 『KAMIKAZE―日本の若者たちへの死の命令』上映
  2000年/クラウス・シェーラー監督/ドイツテレビ(ARD)製作/45分

 生き残った特攻パイロット、特攻攻撃を迎え撃ったアメリカ海軍兵士、特攻死した少年飛行兵遺族などの証言を、日本とアメリカのフイルムを使って構成したドイツ人によるドキュメンタリー。2001年度にグリメ賞(北ドイツ放送局創設者のアドルフ・グリメに因む。自由で民主的な報道のシンボル)を受賞。

2 講演 「最後の特攻隊員」講師 信太正道(しだ まさみち)氏
上記の映画に出演・証言しています。
1926年生まれ。海軍兵学校最後の卒業生。KAMIKAZE要員として千歳から出撃基地のある茨城へ移動中に終戦。戦後京大を卒業後、海上保安庁などを経て日本航空のパイロットとして定年まで勤務。退職後は平和運動に専心し、「戦争屋にだまされない厭戦庶民の会」代表。「最後の特攻隊員 二度目の「遺書」」(1998年)を高文研より出版。  

 映像・書籍資料などは「わだつみのこえ記念館」で視聴・閲覧することができます。
 下記HPで開館時間などをご確認のうえお訪ねください。  

 http://www.wadatsuminokoe.org/
posted by shiraishi at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日、スキップシティ国際Dシネマ映画祭に行くために、川口駅に降りたら、駅直結の広い陸橋の両脇に、法案反対のプラカードを持った人たちがいっぱい! そう、ちょうど1時過ぎでした。頭を下げながら、通った次第でした。
Posted by sakiko at 2015年07月19日 21:28
昨日、スキップシティ国際Dシネマ映画祭に行くために、川口駅に降りたら、駅直結の広い陸橋の両脇に、法案反対のプラカードを持った人たちがいっぱい! そう、ちょうど1時過ぎでした。頭を下げながら、通った次第でした。
Posted by sakiko at 2015年07月19日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422627911
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック