2015年11月28日

東京フィルメックス お気に入り『タルロ』のW受賞で授賞式は終わりましたが、明日もう一日頑張ります!(咲)

今年の東京フィルメックスは、中国映画が制しました!
私が一番気に入った『タルロ』が最優秀作品賞と学生審査員賞のW受賞!
DSCF2771 taruro.JPG
ペマ・ツェテン監督

モノ言わぬ人々の姿に圧倒された『ベヒモス』が審査員特別賞
DSCF2657 behimos.JPG
チャオ・リャン監督

そして観客賞も中国を舞台にしたピーター・チャン監督の『最愛の子』(中国、香港)。
そのほか、スペシャル・メンションを『白い光の闇』(スリランカ)と奥田庸介監督の『クズとブスとゲス』が受けました。

DSCF2685 kisyakaiken.JPG
記者会見の時の、和やかな雰囲気の記念撮影のひとこま

DSCF2788 jusyoosiki.JPG
授賞式後の記念撮影では、『ベヒモス』のチャオ・リャン監督が観客席を撮る姿が・・・

受賞結果の詳細はこちらで!
http://filmex.net/2015/program/competition

受賞式は終わりましたが、東京フィルメックスはまだあと明日1日あります!

11/29(日)10:00『風櫃の少年』上映後リチャード・サチェンスキ氏のトークに引き続き、ホウ・シャオシェン監督登壇。
11/29(日)13:20『戯夢人生』上映後Q&Aにホウ・シャオシェン監督登壇。
11/29(日)17:00 『念念』 残念ながらシルヴィア・チャン監督の登壇はありませんが、情感豊かな素敵な映画です。
11/29(日) 21:15 『タクシー』 パナヒ監督の運転するタクシーに乗ってみませんか〜

明日もう一日頑張りますので、詳細報告はまたの機会に!

posted by sakiko at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック