2017年09月10日

『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』 監督来日記念トークイベント

『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』は、マグナム・フォトに所属した報道写真家であり、近年では映画監督としても活躍するレイモン・ドゥパルドンが、40年以上に渡って撮りためたフィルムを、妻で共同監督でもあるクローディーヌ・ヌーガレと共に1本の映画として綴ったドキュメンタリー。
公開前にレイモン・ドゥパルドン監督とクローディーヌ・ヌーガレ監督が来日し、9/1(金)に『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』来日記念トークイベント付き特別先行試写会が行われました。
『旅する写真家 レイモン・ドゥパルドンの愛したフランス』 
シネマジャーナル作品紹介

レイモン・ドゥパルドン,クローディーヌ・ヌーガレ_R.jpg
左 レイモン・ドゥパルドン監督 右 クローディーヌ・ヌーガレ監督

日時:9月1日(金) 
場所:アンスティチュ・フランセ エスパス・イマージュ
登壇:レイモン・ドゥパルドン監督、
   クローディーヌ・ヌーガレ(共同監督)
司会:小柳帝(ライター・編集者・翻訳者)

フランスを代表する報道写真家&映画監督であるレイモン・ドゥパルドンが、40年に渡って20世紀の変革が起きた現場で取材を続け、世界中を旅し撮りためてきたフィルムの映像と、現在フランスの田舎町を周り撮り続けている姿を交互に編集したドキュメンタリー作品である。このように、彼の過去と現在をつなぎ合わせることによって、一人の写真家の歩みを描き出す。

レイモン・ドゥパルドン_R.jpg

これまでの作品を時系列に沿って紹介し、自伝的な構成と、二つの時代を並行して構成した理由を問われると、今作の共同監督であり、レイモンの映像作品の製作・録音を担当してきたクローディーヌ・ヌーガレは、「私たちは30年前から映像はレイモン、ナレーションは私が担当してきました。この作品を撮る前の10年間、私たちは農民の生活を映し続けていました。それを終えて自分たちを振り返ってみることが必要だったんです」と、この作品の製作意図を語った。

クローディーヌ・ヌーガレ_R.jpg

一方レイモンは、「アイデアとしては、かなり前から倉庫に保存していたアウトテイクのフィルム(編集に使われなかったもの)を、何かの役に立てたいと考えていました。その時私は大判カメラを持ってフランス国内の旅に出発する予定でいるのをクローディーヌは見ていたし、こうした大きなフォーマットで何かしたいと考えました。片方には大判の写真、片方には16mmで撮ったフィルムのかけらが入った缶があった。フィルム缶自体が錆び始めていました。その二つのものを取り合わせたものが、この映画になっています。保存していたフィルムのかけらには音が無かったり、音があっても少なかったり、悪い音だったりしたから、それでナレーションをクローディーヌにお願いした」と裏話を。
またクローディーヌは「若い映画を作りたいと考える人たちに、どうやって映像の人が生まれてくるのか どのようにしてレイモン・ドゥパルドンができてきたかというのを見せたかったんです」と付け加えた。

司会者から、この映画の共同監督でもあるクローディーヌ・ヌーガレさんは元々録音技師の仕事をしていて、この映画の中でも、出会った頃のエピソードも出てくると紹介があった。その上で、撮影しているレイモン・ドゥパルドンを撮っているのはクローディーヌさんなのでしょうか?と質問。クローディーヌさんは「元々国立図書館での展覧会『ラ・フランス』のために写真を撮っていたというのはあるのですが、実際、この映画で使われているレイモンの撮影風景はフィクションです。どのようにして写真を撮影していたか。撮影をしているレイモン・ドゥパルドンの役を本人がしている。何回も撮影をしたので、とても上手に演じてくれました。本物の俳優です(笑)。実はカメラの後ろには15人人がいました」。

レイモン・ドゥパルドン2_R.jpg

「夫婦で映画作りが出来ることを誇らしく思う」と語るレイモン・ドゥパルドンとクローディーヌ・ヌーガレでした。

公式HP


posted by akemi at 21:37| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: