2017年09月24日

アジアフォーカス福岡国際映画祭 9/17 台風に翻弄された出発日 (咲) 

毎年楽しみにしているアジアフォーカス福岡国際映画祭。
今年は上映スケジュールが出るのがすごく遅くて、やっと8月末に旅程を9月17日〜20日の3泊4日に決定。
あ〜 それなのに、大型台風接近で、17日早朝の予約便が前日の夜のうちに欠航決定。
10時半発に変更して、無事飛べたものの、10時15分からのシャー・ルク・カーン2役のインド映画『FAN』が観られませんでした。(後日のチャンスも、結局諦めることに!)

ホテルに荷物を預けて、会場のキャナルシティへ。
映画祭事務局に挨拶に伺ったら、イランのモハンマド・アリ・タレビ監督と通訳のショーレ・ゴルパリアンさんがちょうどいらっしゃいました。嬉しい再会。幸先のいいスタート♪

今年の1本目は、17日 2時10分から『ベトナムを懐(おも)う』
1995年、ニューヨークに住む3世代。1975年のベトナム南北統一で、ボートピープルとしてアメリかに渡った父。最近呼び寄せた祖父はなかなかアメリカの生活に馴染めない。妻の命日に、息子は仕事で家にいないし、アメリか育ちの孫娘からは、家の中で火を使う命日の儀式を拒否される・・・
DSCF1729 vietnam 320.jpg
「間違っているのでなく違うのだと、それぞれの世代に感情移入して観ていただければ」とグエン・クアン・ズン監督(左)。
離れなければならなかった故国を思う気持ちがじんわり伝わってくる良品でした。

4時半 タイ映画『明日への戴冠』
タイ南部の古典舞踊ノーラーの一座。跡継ぎの息子(超イケメン!)は、踊りよりもロックと、家を飛び出してしまう。紆余曲折の末、戻って跡を継ぐのねと思っていたら、そんな単純な話じゃなかった! 思いもかけない展開に、びっくりでした。
DSCF1738 thai 320.jpg
伝統舞踊を映画にしても、タイの人たちは観に行かないので、これまでほとんど題材にされていないと来日したプロデューサーご夫妻。
舞踊を軸に、アクションあり、家族関係の秘密ありと、見せ場たっぷりでした。

夜、レスリー・チャン追っかけ仲間のN子さんと、博多らしいお料理が食べられる居酒屋へ。キャナルシティで開かれたオープニングセレモニーで、ディック・リーに声援を送り、終了後には握手も出来たと嬉しそうに話してくれました。さすが、追っかけの達人♪

9時過ぎ、タイ映画『噂の男』を観ていた映友たちと合流。あるビデオ屋の男を巡るドキュメンタリー。面白かったと聞かされ、ちょっと残念。
外に出たら、もう雨もあがってました。
無事、福岡に降り立てた幸せを感じながら、川端商店街をホテルへと急ぎました。



posted by sakiko at 13:38| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: