2017年09月24日

アジアフォーカス福岡国際映画祭 9/18 『バイオリン弾き』にうっとり♪ (咲) 

18日(月)
DSC_0626 120.jpg
お気に入りのホテルエクレール博多。1階のアイリッシュパブで、ゆったりと朝食。幸せ♪

台風一過、青空の博多。
DSCF1758 kushida 320.jpg
櫛田神社にお参り。
DSCF1752 320.jpg
境内には、スカーフを被ったイスラーム教徒の女性たち。インドネシアから?

10時15分〜 『はぐれ道』
全編タミル語のマレーシア映画。
かつて英国によってゴム農園で働かせるためインドから連れて来られたが、1991年、ゴム農園の変革にインド人社会は取り残されてしまう・・・
どうにも暗い映画でした。
想像力豊か過ぎる主人公の少年が、杓子定規な先生からいい点を貰えないという冒頭のエピソードからは、教育のあり方を考えさせられました。
DSCF1779 haguregumo 320.jpg
「本作は個性をつぶす教育システムへの個人的リベンジ」と語るサンジェイ・クマール・ペルマル監督(左)でした。

1時半 『父の選択』
文革の嵐が香港にまでおよび、オランダに移住し中華レストランを営んでいた父。病を抱え香港に戻る。娘であるヤン・ティン・ユエン監督は、父が選択した人生を検証していく。香港に残った親族が皆、成功していて、従姉の豪華マンションにため息。
だからって、父親が香港に留まっていたら成功したかどうかはわからない。
私も15歳の時に、父の都合で神戸から東京に。神戸にそのままいたなら・・・と思うけど、人生に、「もし」はない。

『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』上映後のQ&Aが、カンボジアのソト・クォーリーカー監督だったので、映画は観られなかったけど覗いてみました。
DSCF1784 canbodia 320.jpg
1990年代のラブストーリー部分は、ご自身の両親をモデルに描いたとのこと。いつか観てみたい映画です。

4時 イラン映画『バイオリン弾き』
テヘランの街角でバイオリンを弾いて日銭を稼ぐキアヌーシュ。音楽学校に通う少女から一緒にコンサートをと誘われるが、肝心のバイオリンを失くしてしまう・・・
バイオリンが奏でる曲の数々が切なく心に響く素敵な映画でした。
長男を交通事故で亡くした監督が、同じ年頃のキアヌーシュのバイオリンに心を惹かれ、出演を依頼。毎日、物語を考えながら撮影。まさに、カメラをペンにして描いた物語。監督にとっては、悲しみを癒すフィルム・セラピー。
満席で入れなかった方もサイン会に並ぶ人気。
DSCF1811 talebi 320.jpg
6時半からタレビ監督にインタビューの時間をいただいていましたが、大幅に遅れて開始。
とはいえ、胸がいっぱいで何から聞いていいやらの状態。佐賀在住のペルシア語科卒業生の後輩にも同席してもらって大助かりでした。撮影秘話をたっぷり伺いました。詳細は後日!

タイのホラー映画『見えざる者』を途中から観るという選択もあったのですが、『バイオリン弾き』の余韻に浸りたくて、グランドハイアットのロビーへ。レスリー・チャンの福岡コンサートの時にレスリーと会った(見た!)思い出の場所。
でも、怖いもの見たさで、『見えざる者』の最後の15分だけ鑑賞。

終ってから、『ゴッドスピード』を観ていた人たちや、この日の早朝、夜行バスで着いてドキュメンタリー3本観ていたシネジャの美さんも合流。東京組3人、大垣のIさん、そして福岡の映画サークルの方たちと総勢7人で居酒屋へ。映画談義に花が咲きました。
これこそアジアフォーカスの楽しみ♪


posted by sakiko at 13:45| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: