2017年10月08日

山形国際ドキュメンタリー映画祭2017が10月5日に開幕しました(暁)

アジア初の国際ドキュメンタリー映画祭として、1989年から隔年で開催されている「山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)」。15回目を迎える今年は、2017年10月5日(木)〜12日(木)に、山形市内5会場10スクリーンで、世界中から集った約150作品が8日間に渡って上映されます。
インターナショナル・コンペティション部門の15作品(121の国と地域から応募された1,146本より厳選)、「アジア千波万波」では21作品と、招待2作品(63の国・地域より645作品の応募)。その他、「日本プログラム」「政治と映画:パレスティナ・レバノン70s−80s」など多彩な作品を観ることができます。「日本プログラム」では震災直後の2011年と2016年の“いま”に対峙した4人の作家によるオムニバス作品『BETWEEN YESTERDAY & TOMORROW Omnibus 2011/2016』も上映される。また、今映画祭では、現代アフリカをテーマに「アフリカを/から観る」として22作品が上映されています。
映画の上映だけでなく、国内外のゲストによるQ&A、トークやディスカッション、関連するイベントも盛りだくさん。食や酒、山形の味覚にも舌鼓を。今回から新たに登場するのは販売ブース「ドキュ山マルシェ」。生産者自らが野菜や果物を売るほか、数量限定で「映画祭どら焼き」も登場。
映画を観るだけではなくさまざまな楽しみ方があります。

10月5日のオープニングは山形市中央公民館で開催され、山形交響楽団の演奏も。山形交響楽団は1972年に設立された楽団で、日本の公立の楽団としては古い歴史がある。
DSCN1286補正_R.jpg

このあとは、YIDFFと縁があり、作家、批評家、研究者としても大きな功績を遺した松本俊夫監督を追悼し『西陣』『銀輪』『つぶれかかった右眼のために』の上映がありました。

閉会式は10月11日[水]17:00〜山形市中央公民館ホールで行われ、クロージング上映で、『表現に力ありや 「水俣」プロデューサー語る』が上映される。
posted by akemi at 16:04| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: