2017年10月12日

10/11(水)山形国際ドキュメンタリー映画祭2017 各賞発表 (暁)

10月5日(木)より行われてきた山形国際ドキュメンタリー映画祭2017、11日(水)に表彰式で各賞の発表が行われ、インターナショナル・コンペティション部門、ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)はアンナ・ザメツカ監督『オラとニコデムの家』に決定!
また、アジア千波万波部門の小川伸介賞は陳梓桓(チャン・ ジーウン)監督の『乱世備忘 −僕らの雨傘運動 』が受賞!

PICT2836補正_R.jpg

<各受賞結果>
インターナショナル・コンペティション
■ ロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞) 『オラとニコデムの家』
監督:アンナ・ザメツカ ポーランド/2016/72 分
アンナ・ザメツカ監督1_R.jpg

アンナ・ザメツカ監督4_R.jpg

■ 山形市長賞(最優秀賞) 『カーキ色の記憶』
監督:アルフォーズ・タンジュール カタール/2016/108 分
カーキ色の記憶アルフォーズ・タンジュール_R.JPG

■ 優秀賞 2作品
『孤独な存在』
監督:沙青(シャー・チン) 中国/2016/77 分
孤独な存在沙青監督_R.jpg

『私はあなたのニグロではない』
監督: ラウル・ペック アメリカ、フランス、ベルギー、スイス/2016/93 分

■ 特別賞『激情の時』
監督:ジョアン・モレイラ・サレス ブラジル/2017/127 分

アジア千波万波
■ 小川紳介賞『乱世備忘−僕らの雨傘運動』
監督:陳梓桓(チャン・ジーウン) 香港/2016/128 分
●DSCN1759補正_R.jpg

■ 奨励賞 2作品
『人として暮らす』監督:ソン・ユニョク 韓国/2016/69 分
人として暮らすソン・ユニョク監督1_R.JPG
『あまねき調べ』2017/83分
 監督:アヌシュカ・ミーナークシ(右)、イーシュワル・シュリクマール(左) インド
●DSCN1687補正_R.jpg

■ 特別賞 2作品
『パムソム海賊団、ソウル・インフェルノ』
監督: チョン・ユンソク 韓国/2011/75 分
『翡翠之城』
監督:趙コ胤(チャオ・ダーイン)Midi Z 台湾、ミャンマー/2016/99 分
●DSCN1711補正_R.jpg

■ 市民賞(映画祭期間中に募った、観客によるアンケート集計の結果)
『ニッポン国 VS 泉南石綿村』
監督: 原一男 日本/2017/215 分
原一男監督.jpg

■ 日本映画監督協会賞
『あまねき調べ』2017/83分
 監督:アヌシュカ・ミーナークシ(右)、イーシュワル・シュリクマール(左) インド
△DSCN1679補正_R.jpg

左右はプレゼンテーターの崔洋一監督、ジャン・ユンカーマン監督

山形国際ドキュメンタリー映画祭は1989年より隔年で開催され、今年15回目を迎ました。
今年は映画祭全体で161本の作品が上映された。
2017年全作品の応募状況:128の国と地域から1791本
・インターナショナル・コンペティションのみの応募数:121の国と地域から1,146本
・アジア千波万波のみの応募数:63の国と地域から645本
上映本数:合計161本、総来場者数:集計中 ※10/11時点で2万1千人を越えている。

なお、昨日11日に小川紳介賞を受賞した『乱世備忘−僕らの雨傘運動』の陳梓桓(チャン・ジーウン)監督にイタビューしたので、後ほど特別記事として掲載します。
posted by akemi at 05:42| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: