2018年10月30日

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』舞台挨拶がありました(白)

10月30日(火)
いつものマスコミ試写をお休みして、六本木通い中。TIFF後半戦です。
映画祭専用ブログにレポを書いております。
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/

今年からプレス用試写の予約ができなくなったので、どうなることかと心配しましたが、アジア系はそれほど混みませんでした。
ただ夜遅くなるのが辛いです。眠いzzzzz

今日は映画祭以外の試写会の取材に行ってきました。
『母さんがどんなに僕を嫌いでも』完成披露試写の舞台挨拶です。
主演の太賀くん、吉田羊さん、御法川修監督が登壇。観客席に原作者の歌川さん、キミツさん、大将とカナちゃん(俳優でなく、モデルになったご本人)がいらしたようです。キミツさんを見たかったのに遠い。(マスク姿ですと吉田さんがバラす)
そしてサプライズで、主題歌を作って歌ったゴスペラーズが登場。

IMG_6946.jpg

太賀くん、吉田羊さんは知らされていなくて、とても驚いて&喜んでいました。
目の前で生歌を聞けてとても嬉しかったです。役得〜〜(白)

記事は映画祭終わるまでお待ち下さいませ。
レポアップしました。
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/462661867.html
posted by shiraishi at 22:50| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: