2019年04月05日

4/4 『ばあばは、だいじょうぶ』試写+舞台挨拶

IMG_8708.jpg

『ばあばは、だいじょうぶ』
ミラノ国際映画祭で、最優秀主演男優賞、最優秀監督賞をW受賞!
原作は同名の絵本です(楠章子著/童心社)。
ばあば(冨士眞奈美)と孫の翼くん(寺田心)はずっと一緒でいつも仲良しです。ところが、だんだんばあばのようすがおかしくなります。「忘れる病気」になってしまいました。同じことを何度も言ったり、大きな声で怒ったりします。

・・・と認知症になったおばあちゃんと孫、家族のお話です。
決して他人事じゃない、まだ病気ではなさそうですが忘れもの得意な私は身につまされました。

ジャッキー・ウー監督と主演のおふたりが登壇しました。
撮影中はもちろん「終わってからもばあばと呼んでいいですか?」と聞いた心くん、この日やっと再会した冨士眞奈美さんを「ばぁば」と呼んで嬉しそうでした。冨士さんは「こんな孫がほしいわ」「可愛くてプロなの」。ウー監督は心くんを子役でなく、俳優としてリスペクトしていたそうです。
最後にサプライズ。
父方のルーツが中国のウー監督、自分の作品を上映するのが夢でした。
このほど中国と台湾での公開が決まりました!
感無量で涙声の監督へ客席からティッシュが差し出されました。
おめでとうございます!(白)
作品紹介はこちら
★2019年5月10日(金)より公開
posted by shiraishi at 22:00| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: