2019年04月10日

4/9『誰がために憲法はある』井上淳一監督インタビュー(白)

IMG_8816.jpg

『誰がために〜』関連取材はこれが最終。渡辺美佐子さんをほりきさんと、一人で松元ヒロさん、今日は(暁)さんと井上監督。3人コンプリート〜と一人喜ぶ私。

2016年『大地を受け継ぐ』監督、2018年『止められるか、俺たちを』脚本です。とてもまっすぐに、今の政治に、理不尽なことにきちんと「怒る人」でした。エネルギー要るんですよね、怒るにも、続けるにも。
この作品は被害者側のことだけで、加害のことは描けなかったけれども、とにかく「初めの一歩」ですとおっしゃっています。私も含めてあまりにも知らないことが多かった「憲法」のこと(「憲法くん」のこと)、渡辺さんのエピソード、女優さんたちが何十年も原爆朗読劇の活動を続けていたのに、知られてこなかった「夏の会」のこと、これから知ってください。届けたい人に届くように、間口を拡げた作品です。(白)

★2019年4月27日(土)よりポレポレ東中野にて公開
posted by shiraishi at 10:36| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: