2019年10月08日

「なかまぁる」Short Film Contest受賞発表&上映&トークイベントに行ってきました。(白)

「なかまぁる」は認知症当事者とともに作るウェブメディアです。多くの人が認知症を「自分ごと」としてとらえ、誰が、いつ、どこで、認知症になっても自分らしく、安心して暮らしていける「認知症フレ ンドリー社会」の実現と発展のために情報発信とコミュニティづくりに取り組んでいきます。 朝日新聞社が運営しています。
サイトのオープン1周年を記念して、ショートフィルムの総合ブランドSHORTSHORTSと、ショートフィルムを募集し、このほど受賞作品の発表と上映が行われました。ご案内をいただき、もはや「若年性」でもなく、日々記憶装置に不安を感じ他人事ではないわたくし、取材に行ってきました。

IMG_1625.jpg


第1回なかまぁるShort Film Contest受賞発表&上映と トークイベント

■日時:2019年10月7日(月)19:00〜21:00
■会場:浜離宮朝日ホール 小ホール

■第1回なかまぁるShort Film Contest受賞発表

★最優秀賞 『The Right Combination』
 監督:坂部敬史(さかべたかふみ) / 14:21 / アメリカ / フィクション / 2014

★優秀賞 『英爺』
 監督:小野光洋(おのみつひろ) / 13:41 / 日本 / フィクション / 2019

★丹野智文特別賞 『介護しよう。MV feat.おばあちゃん』
 監督:川端真央(かわばたまお) / 4:31 / 日本 / フィクション / 2014

★ミュージックビデオ特別賞『愛のカタチ』
 監督:加藤マニ(かとうまに) / 5:39 / 日本 / フィクション / 2016

■トークイベント「認知症のイメージを変えるショートフィルムの可能性」
LiLiCoさん、丹野智文さん、 冨岡史穂「なかまぁる」編集長

詳細はこちら

受賞作品はいずれも、認知症を理解し見守り、ともに生きようという愛にあふれたものでした。特に最優秀作品は坂部監督がアメリカで映画を学んでいる折に作ったもので「ハリウッド映画?」と見まがう素敵なお爺ちゃまが登場。照明もカメラワークももちろんストーリーもよくできた完成度の高いものでした。
『カメラを止めるな!』のテレビディレクター役が印象的だった竹原芳子さんは「どんぐり」と改名して、世界カラオケの優勝者からプロデビューした海蔵亮太さんの「愛のカタチ」のミュージックビデオに出演。加藤マニ監督の演出のもと、認知症を患っても亡き夫への愛は変わらない、可愛いおばあちゃんを演じています。
受賞作品は「なかまぁる」サイトで公開できるよう準備中だそうです。少しお待ちくださいませ。(白)
posted by shiraishi at 22:17| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: