2020年05月03日

ボリウッドの名優イルファーン・カーン、リシ・カプール相次いで逝く (咲)

4月29日、イルファーン・カーンが53歳でご逝去されたとのニュースが、facebook上で駆け巡りました。そして、翌日、4月30日には、リシ・カプールが67歳でご逝去のニュース。このご時世ですから、思わず、コロナウィルスに感染?と思ってしまいましたが、そうではなく、いずれも癌で亡くなられました。
お二人とも、派手ではなく、いぶし銀のような役者さんでした。
というか、名前はよく知っているのに、ごめんなさい、顔がぱっと思い浮かばない。それくらい、それぞれの映画の役にはまっていらっしゃったということかと思います。

イルファーン・カーン出演作で、真っ先に思い浮かんだのは、昨年9月に日本で公開された『ヒンディー・ミディアム』。娘の進学校のために奔走する父親役でした。
続編『Angrezi Medium』が、この3月にインドで公開されたのに、新型コロナウィルスの為に、早々に打ち切られたそうです。ぜひ日本でも公開してほしい作品です。

そして、もう1本、印象深いのが、『めぐり逢わせのお弁当』(2013年)。妻を亡くした保険会社に勤める男の役。仕出し弁当屋さんのお弁当が届くはずが、ある主婦の手作りの美味しいお弁当が間違って届いたことから、文通が始まるという物語。
妻にもう少し優しくすればよかったと反省する、ふつ〜の男。
meguriawase02.jpg
(C) AKFPL, ARTE France Cinema, ASAP Films, Dar Motion Pictures, NFDC, Rohfilm-2013

イルファーン・カーンは、イスラームの藩王国の太守(ナワーブ)の家系に生まれた方ですが、『めぐり逢わせのお弁当』では、ヒンディー語のあまり得意でないカトリック教徒という設定でした。お弁当に忍ばせる手紙は英語で書いています。
この映画、もう一度観たくなりました。
『めぐり逢わせのお弁当』リテーシュ・バトラ監督インタビュー
http://www.cinemajournal.net/special/2014/meguriawase/index.html
シネジャ作品紹介ブログ:http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/402152572.html

俳優一族に生まれたリシ・カプールの若い時の作品は残念ながら観ていないのですが、日本公開作品では、『スチューデント・オブ・ザ・イヤー 狙え!No.1!!』(2012) 、『命ある限り』(2012)に出演されています。もう一度観てみないと、どの役だったのかわからない・・・ ごめんなさい。

お二人のご冥福をお祈りしています。


posted by sakiko at 22:07| Comment(0) | 追悼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: