2020年05月10日

新型コロナウイルスで自粛しています(暁)

持病持ちの私は自粛して4月3日から映画にも行かず家にこもっています。5月になったら出かけられるかなと思っていたのですが、まさか1ヶ月以上家にいることになるとは思ってもいませんでした。家の外に出たのは近所の医院に薬をもらうための処方箋をもらいに行ったのと薬局、スーパーに買出しに行った3回だけ。そのどれもが歩いて2,3分のところにあるので外出範囲は50メートル以内(笑)。
その間、家に溜め込んでいた食料と、近所のスーパーで野菜とか肉とか買うだけで、なんとかしのいでいます。でも家に溜め込んでいたものがこんなにたくさんあるとは思ってもいませんでした。なんとかなっています(笑)。麺類、乾物、缶詰などなど。久しぶりに点検したら賞味期限がすぎていたのもけっこうあり、あわてて食べました。捨てたものもいくつか。
1ヶ月以上家にこもっている間に、季節は冬から春、そして初夏になってしまっているようです。外は暑い日もあるくらいなのに、家の中では昨日の夜には足元に電気ストーブをつけたりしています。
そして、やっと一昨日、1ヶ月ぶりくらいに、家から100メートル以上の遠出(笑)をしました。家賃を納める必要があったので銀行に行き、久しぶりに駅のそばのスーパーにも行きました。近くのスーパーでは売っていないアスパラガスやサヤエンドウ、それに筍も買いました。春を感じる野菜を買って、昨日はさっそく茹でて食べました。久しぶりのそのスーパーだったのでいろいろ買っていたら、すごい金額になってしまいました。スーパーでいっぺんにそんなに買い物をしたのは初めてかも。
旬の野菜だけでなく、牛肉やサーモンを買い、緑色の新物ザーサイの漬物もみつけたので買ってしまいました。2つで600円近くもして迷ったのですが、先月食べたいなと思っていたのを思い出し、この際だからと買ってしまいました(笑)。これまで買い物をしていたときは、1回の買い物はせいぜい2000円くらいだったのですが、今回は3倍以上の金額。たくさんの買いものをして重くなったので春キャベツは近くのスーパーでと思ったら、やはり新鮮なものがなくて、やっぱり買っておけばよかったかなとあとで思いました。やっぱり季節を感じる食べ物を食べられるというのはいいですね。このところ駅からはバスなのですが、久しぶりに歩いて帰ったらかなり疲れました。でも少し気持ちは晴れました。
この日はサーモンをムニエルにして、一緒に買ってきたアスパラやのらぼう菜などの茹で野菜、生のにんじん、セロリのスティックと一緒に食べました。久しぶりのごちそう。そして去年2月にウルグアイで買ってきた赤ワイン(DON PASCUL)を開けました。この2ヶ月くらい酒類はほとんど飲まず控えていたけど、開けたからには飲まなくては(笑)。このワインは去年2月ウルグアイのワイナリーで買ってきたもの。日本ではチリのワインはけっこうあるけど、ウルグアイのワインはほとんど置いているところはないので貴重といえば貴重。でもやっぱり赤ワインは苦手かも。やっぱりちょっと渋い。私は白ワイン党と認識しました。同じ時に買った白ワインはおいしかったんだけどね。白ワインは、去年春にとっくに飲んでしまいました(笑)。
この赤ワインは下記スタッフ日記最後のところに掲載したもの。

一升瓶に入ったワイン 「五一ワイン エコノミー」を買ってみました
http://cinemajournal.seesaa.net/article/472972369.html

もう、家の周りを散歩くらいしてもいいかもと思っているのだけど、まだ油断禁物かしら。気持ちのよい季節なのにと残念です。それに山菜料理も食べに行きたいけど、5月下旬でもまだ旅行は無理かな。6月じゃ、もうタラの芽のてんぷらはもうないかな。姫タケノコくらいはあるかも。
足がむくんでいるいるので、心臓手術をした病院にも行きたいのですが(1年に1回の診察がほんとは4月でした)、友人に相談したら「感染病に対応しているのはこの病院だよ」といわれ、まだこの病院に行くのは危険かもと迷っています。
試写の中止案内や映画公開の延期案内もまた来ているし、映画館もやっていないので、まだ家にいないといけないかも。ネットで映画とか言っているけど、私のパソコンはユーチューブも見れないほど、動画を見られる環境にないので、それは無理。でもそろそろ映画を観たい!



posted by akemi at 21:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: