2020年05月31日

緊急事態宣言は解除されたけれど(暁)

5月25日(月)に東京も緊急事態宣言は解除されたけれど、生活が元にもどるには時間がかかりそうです。映画館の開館や映画試写の開始なども、これから少しづつです。でもすぐ対応できるように、とりあえず来ている試写状を元に6月5日くらいからの試写日程を組み込めるものは組み込んでみました。それにしても、約2ヶ月間だったので、最終試写だいぶ終わっていますね。何作品かは、今後の試写日程とか予定とか連絡が来ていますが、なかなか情報わかりません。とりあえず6月5日までの最終試写日程があるものについて問い合わせたりしています。
それによると、まず『追龍』が6月1日(月)となっていて、明日だったので、試写はないかもと思い、フリーマンに問い合わせたところ、試写があるとのことだったので、明日動けたら行ってみようと思います。これは3月の試写の時に大阪アジアン映画祭とぶつかっていていけなくて、4月になったらと楽しみにしていたのですがいけなかったものです。それ以前に、2年前香港に行った時、1週間後か2週間後の公開で残念ながら香港で見ることができなかったという作品でもあるし、アンディファンでもあるので、宣言解除後、最初に見ることができたらとても嬉しい。もう2年香港に行っていないのでDVDもゲットしていなくて見ていなかったので。
写真家森山大道さんを撮ったドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来は常に懐かしい』も6月4日が最終試写だったので、問い合わせたところ、こちらは試写は中止で、仕切りなおしといったところ。ほかにもあるけど、2週目以降のものについては大丈夫かもしれないけど、やはり確認してからでないと行けないかも。それにしてもつい最近動きだしたけど近場しか行っていないので、遠出できるかどうか不安ではあります。家の外に出てもふらふら歩いている状態で(笑)、遠くには行けないかもしれません。しゃきっとしたいと思ってもだれてしまった体はなかなか元に戻らないかもしれません(笑)。
すぐに映画が観にいけそうなので、それに備えなくては。

それにしても、2ヶ月もあったのに、家の中は片付かずでした。たくさん溜まってしまった映画のチラシやパンフレットの整理や捨てる作業、やらなくてはと思いつつ、少ししか進んでいません。以前は、映画チラシなどは、なんでも持ってきたりしていましたが、それでもこの数年は自分が興味ありそうな作品をなるべく選んでもらって来ているので、捨てるはのやはり「捨てるぞ」と強い心をもたないと迷う場合が多いです。でも狭い家では置くところもなく、早めに断捨離をしなくてはと思っています。

posted by akemi at 21:19| Comment(0) | 日々のできごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: