2022年09月12日

”青春18きっぷ”の旅(白)

JRの「お得なきっぷ」といえば、乗り放題のフリー切符や、シニアなら会員制のジパング倶楽部があります。
「青春18きっぷ」は発売期間、使用期間限定ですがその気と体力があれば全国どこへでも行けます。
詳細はこちら
愛用者のスタッフ、(美)さんから最後の1回分(9月10日期限)が残っているので使わない?とメールあり。
いつも「どこかに行きたい」私は大喜びで使わせていただきました。JR普通列車(快速・特快・急行OK)を一日中乗り放題です。
最終日に何かあってはいけないので、前日に出発しました。

9月9日(金)
前日に東西南北のどっちに行くか考えて、いくつか候補をあげ、当日車中で読む本2冊、飲み物と調理パンを持ちました。最初の駅のホームで先に来たほうの電車に乗って(笑)、行く方向が絞られました。池袋で高崎行の湘南新宿ラインがちょうど入ってきて、ひとまず終点まで読書タイム。
IMG_8193.jpg
高崎駅

高崎といえば〜榛名山、榛名湖、高崎観音、達磨と浮かぶのですが、本日はスタートが遅かったので、歩き回る時間がありません。横川で釜めしを買おうかなと考えていたら、乗換駅で水上行の電車が目に入りました。渋川清彦さんの出身地、渋川もこの途中。石段の伊香保温泉街などロケ地があるのですが、これも残念ながら降りていると帰宅時間が遅くなってしまいます。渋川駅はここかと見ながら通り過ぎるのみ。
IMG_8174.jpg
日本三大河川の一つ利根川@群馬県
利根川が線路とつかず離れず流れています。三大河川のあとの二つは信濃川、石狩川。幹川流路延長(本流の長さ)では信濃川、利根川、石狩川の順番で、流域面積(雨や雪を集める土地の面積)では、利根川、石狩川、信濃川と順番が変わるんだって。ほお〜。線路際ではススキがゆれてすっかり秋の風情です。
水上温泉郷には文豪が泊まった宿や、与謝野晶子の歌碑もあるそうですが駅前だけ(まだ本が読み終わらない)。高崎駅で「横川の釜めし&だるま弁当」(夕飯にする)も買って戻ることにしました。八王子へ出る八高線を使いたかったのですが、それだと待ち時間が長く、遅くなるので国府津行に乗って元来た道へ。往復7時間ほどで読みかけだった本2冊を読了。帰り道に図書館に返本してミッション終了。

IMG_8196.jpg
釜めし1200円、だるま弁当1100円

この次は私もちゃんと5回分を手に入れて、早おきしたらどこまで行けるかやってみようっと。(白)




posted by shiraishi at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック