2021年01月31日

巣ごもり上映会A 『Dalya’s Other Country』 ★アメリカに移住したシリアの少女  (咲)

イスラームと欧米社会との共生を考える映画のオンライン上映会。
1月30日(土)は、内戦を逃れてアメリカに移住したシリアの少女の成長を追ったドキュメンタリーでした。

20200130_poster5.png

『Dalya's Other Country』
ジュリア・メルツァー監督
2017年、75分

◆高橋 圭さん(東洋大学)より趣旨説明と映画の登場人物等について紹介
昨日のフランスに亡命したアルジェリア女性のドキュメンタリー『マダム・ラ・フランス』に続き、欧米におけるムスリムと非ムスリムの共生を考える上映会。

本日の映画『Dalya's Other Country』は、アメリカで抑圧されているムスリムの話ではない。
2012年、内戦を逃れてシリアのアレッポからアメリカのロスアンゼルスに移住した家族を追ったドキュメンタリー。
少女ダリヤの高校生活から卒業までを追った成長物語でもある。
両親はかつてアメリカで10年暮らしたことがあって、市民権も持っており経済的に裕福。シリア難民の「着の身着のまま」というイメージではない。

ダリヤの家族構成:
母 ルダイナ シリアでは専業主婦
兄 ムスタファ 内戦前にアメリカの大学に進学し、そのままアメリカに住んでいる。大学を出て映画製作をしている。
父 ムハンマド・ハサン 現在、一緒に暮らしていない。アレッポではオリーブオイルの工場を経営していた。

ジュリア・メルツァー監督について:
ドキュメンタリー作家。かつて、ダマスカスで女子クルアーン学校のドキュメンタリーを撮るため、シリアに長期滞在していたことがある。内戦でシリアに行けなくなり、前作の時に一緒にやっていた兄ムスタファと本作を共同製作。ジュリアは非ムスリムだが、ムスリムであるムスタファの視線も入っている。

*映画*
2012年、戦争が勃発し、ダリヤは母ルダイナと共にアレッポからロサンゼルスに避難。
父は二人目の妻をルダイナに内緒で娶ったことが判明。アメリカには一緒に来ず、トルコのメルスィンに逃れた。
ダリヤは私立の聖家族カトリック高校に入学し、スカーフを被って登校する。ムスリマはダリヤ一人。
2014年、スカーフを被ってバスケットボールをするダリヤ。かつてはスカーフを被ってスポーツができると思っていなかった。
母ルダイナは息子の勧めで大学に通うようになる。
兄が父をアメリカに呼ぶ。二人目の妻とは別れたというが、ルダイナはもう彼を愛してない。
父に、「死んだらどこに埋めてほしい?」と尋ねるダリヤ。
「メルスィンは自分にとってアレッポのようになっている」と答える父。

2015年 学校に東欧出身のムスリマの女性が来て話をしてくれる。
「イスラームについて何も知らなかったけれど、アメリカに来て学んだ」と語る彼女に、ダリヤは感化される。

2017年1月 トランプが大統領就任早々、ムスリムの多い特定の国からの入国を禁止する。
「パリが美しくないのはムスリムのせい」とトランプがテレビで語るのを聞いて、母ルダイナが偏見を持っているとつぶやく。「一部のムスリムの行動なのに。キリスト教徒が悪いことをしても、彼はキリスト教徒皆が悪いとは言わない」
母、スカーフの代わりに帽子を被って外出する。スカーフを見て攻撃されると困るからと。
ダリヤ「ヒジャーブは私の人生。自分がどこから来たのか、自分がどういう人なのかを表すもの」

卒業式に父が来る。
「近い将来、結婚するつもりはない。父の悪い部分をほかの男性も持っていると思ってしまう」と語るダリヤ。
その後、父はトルコのメルスィンで3人目の妻を娶る・・・・

********

アメリカに来たばかりの頃は、あまり英語も出来なかったダリヤが、学校で多様な民族の同級生たちと学び、アメリカ社会に馴染んでいきます。トランプのムスリム排除の言葉にもめげず、ヒジャーブ姿を貫き、生き生きと将来の夢を語る姿が眩しかったです。
イスラームでは、4人まで妻を娶っていいとはいえ、第一夫人の了解も得ないで、第二夫人と結婚してしまったお父さんに、娘としては複雑な思い。男性不信にもなるでしょう。そんな娘の思いも知らず、懲りずに3人目と結婚してしまうお父さん!
ムハンマドが4人まで娶ってもいいと言った意図は別だったはず!
それはともかく、バイデン大統領が無事就任し、トランプの出した特定のムスリムの多い国からの入国制限を撤廃する大統領令に署名してくれて、ほっとしました。 トランプの4年間に、ムスリムへの攻撃がより組織化したらしいのですが、ムスリムに限らず人種差別的なムードを高揚させた功罪は大きいです。 お互いに違いを認めて共生する社会になってほしいものです。 (景山咲子)

++++++++++++++++++++++++

巣ごもり上映会
2021年1月30日(土)14:00〜17:00
『Dalya’s Other Country』
ジュリア・メルツァー監督(2017年、75分)
詳細:http://islam-gender.jp/news/189.html

主催/共催
◆科研費基盤研究(A)「イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究」(代表:長沢栄治)
◆科研費新学術領域研究「グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立」B03班「文明と広域ネットワーク:生態圏から思想、経済、運動のグローバル化まで」(代表:酒井啓子)
◆中東映画研究会




posted by sakiko at 19:41| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣ごもり上映会@『マダム・ラ・フランス』 ★アルジェリア出身の女性監督作品(咲)

1月29日(金)30日(土)と2日続けて、イスラームと欧米社会との共生を考える映画のオンライン上映会が開催されました。研究者による解説付き。
まずは、29日の上映作品から。
★30日の『Dalya’s Other Country』上映会はこちらで!


20210129_poster4.png

『マダム・ラ・フランス』 原題:Madame la France, ma mère et moi
監督:サミア・シャラ  2012年、52分

アルジェリア出身で、1994年にフランスに亡命したサミア・シャラ監督による自伝的ドキュメンタリー。2013年、フランスで公開。

アルジェリア独立2年後の1964年にアルジェで生まれたシャラさん。学生時代の1980年代、イスラーム復興を目指す民衆運動が起こり、シャラさんはそれに反対し、女性の権利を擁護する運動に加わる。
1990年からの暗黒の10年。多くの人が殺され、10万人が国外へ。シャラさんも1994年にフランスに亡命。「イスラーム原理主義と闘うアラブ人フェミニスト」として歓迎される。
だが、2001年の9.11事件を契機に、敵意がすべてのムスリムに向けられるようになる。彼女はフランス人のイスラームへの偏見やアラブ人女性への差別意識を肌で感じるようになる。スカーフ問題も浮上する。

亡き母の生まれ育ったカビール地方の村を訪れるシャラさん。
叔母がフランスの植民地時代の蛮行を語る詩を口ずさむ。
♪土地を奪われ、女性が連れ去られた・・・
叔母、「私は免れたけど、レイプされたために結婚できない娘がたくさんいた」と語る。
シャラさんが子どもの頃、母の抵抗の歌を聴いて育ったのを思い出す。戦争の恐怖も語っていた。
♪フランス人は恥じてないのか・・・と叔母の歌は続く。   


◆解説
森 千香子さん(同志社大学)

タイトルの『マダム・ラ・フランス』は、フランスを擬人化したもの。
原題:Madame la France, ma mère et moi マダム・ラ・フランスの後に「私の母と私」。
私の母はアルジェリアを象徴している。
作品の中では、「私たちの母たち」の表現も多い。

フランスにおけるベール問題は、1989年から続いている。
移民2世が学校に行くようになり問題視されるようなった。
2004年 登校時のスカーフ禁止の法律ができる。
その後も論争が続いている。
アラブ移民とフランス人の間の論争だけでなく、アラブ移民内部での論争も。
アラブコミュニティーの男と女の間も引き裂いている。
アラブ女性当人の言葉に耳を傾けてくれることはない。
フランス社会のアラブ移民の女性に向ける見下した目がある。

アルジェリアでベール着用に反対することと、フランスでベール着用を擁護することは矛盾しない。女性の自主的な選択を擁護することであるから。

******

シャラさんの「フランスにきてからムスリマになった」という言葉が象徴的でした。
アルジェリアにいた頃には、スカーフを被ることもなかったシャラさんが、鏡の前でスカーフを様々な形で被ってみる場面がありました。
本人は世俗化した人間だと語っているのですが、スカーフを被ることでムスリマであるというよりも、アルジェリア出身の女性としての誇りをアピールしているように思えました。
映画の中で、1958年、アルジェリアで「美しい女性はスカーフを取りましょう」と将軍の夫人たちがスカーフ撲滅の儀式を行ったという場面がありました。スカーフなしでの外出は考えられない時代。(注:スカーフというより、アルジェリアなので、ハイクと呼ばれる布で頭からすっぽり覆う形だと思います。)
この場面を見て思い起こしたのが、イランで、パフラヴィー朝の王レザー・シャー1世が、1936年に出したチャードル禁止令。西洋的な近代化を目指そうとしたものですが、路上で無理やりチャードルを取られるという事態に、保守的な女性たちは困惑したそうです。スカーフ着用を強制するのも、被るなと強制するのも、どちらも人権無視です。本人の意思に任せる社会であってほしいものです。(景山咲子)


アルジェリア女性を描いた映画として、下記もご参考に。

『ラシーダ』 監督:ヤミーナ・バシール=シューイフ
2月20日からの「イスラーム映画祭6」で上映されます。

『パピチャ 未来へのランウェイ』2020年10月30日公開

***********

巣ごもり上映会
『マダム・ラ・フランス(Madame la France, ma mère et
moi)』(サミア・シャラ監督)
2021年1月29日(金)17:00〜19:00 Zoomを用いたオンライン開催
詳細:http://islam-gender.jp/news/200.html

■主催
・科研費基盤研究(A) イスラーム・ジェンダー学と現代的課題に関する応用的・実践的研究(代表:長沢 栄治)
・科研費新学術領域研究「グローバル秩序の溶解と新しい危機を超えて:関係性中心の融合型人文社会科学の確立」B03班「文明と広域ネットワーク:生態圏から思想、経済、運動のグローバル化まで」(代表:酒井 啓子)





posted by sakiko at 17:55| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月08日

2020年秋 映画祭の日々(暁)

今年は新コロナウイルスの影響で、9月初旬にある「あいち国際女性映画祭」には行くことができず、10月下旬から始まる中国映画週間、東京国際映画祭と東京フィルメックスが同時期開催となり、どのように組み合わせていくか、観る作品の検討をするにも調べるのが大変でした。ネットが立ち上がるのに時間がかかる私のパソコンではサクサクと情報が出てこないので、途中であきらめたり、たどり着かなかったりも多く、情報集めるのが間に合わないままチケットを買う日が来てしまったので、いつものようにとりあえず集まった情報から、どうしても観たい作品のチケットを最低限買い、あとは当日の身体の調子や時間の合うもの、当日券のあるもの、そしてプレスで観ることができるものなどを組み合わせて観る作品の予定表を作りました。映画祭が始まり、ここ数日はほとんど0時すぎの帰宅。なかなか原稿をまとめる時間も取れず、とりあえずスタッフ日記に映画祭日記を。

10月27日〜11月1日 中国映画週間2020
10月30日〜11月7日 第21回東京フィルメックス 
10月31日〜11月9日 第33回東京国際映画祭2020
さあ怒涛の日々の始まりです。

10月27日(火)
中国映画週間が始まりました。この日から29日までは中国映画週間。会場はTOHO日本橋。前もってチケットを買ってあったのは17:10からの『陰謀の渦』ともう1本。あとは当日券で。この作品から今年の映画祭の始まりです。その前14:30〜始まる『THE CROSSING 〜香港と大陸をまたぐ少女〜』(公開予定あり)は、3月の大阪アジアン映画祭ですでに観ていたので、この日夕方から映画館に行きました。そしてこの日19:30〜始まる『〜迷える羊の向かう先〜』(原題『誤殺』)。

10月28日(水)
この映画週間でも上映され11月6日から公開されている『愛しの故郷』の試写が13時からあり、調布の東京現像所にある試写室に。ここに行くのは初めて。この日は12時から東京フィルメックスでプレスが観ることができる作品の予約申し込みがネットであるというので、1時間半前にこの会場に行き、ここで申請作業をさせてもらったのち13時からの試写に望む。この日は試写に行ったので、中国映画週間の作品は19:00から始まった『ロスト・イン・ロシア』だけ。

10月29日(木)
中国映画週間、『リメイン・サイレント』と、『香山の春1949』

10月30日(金)
東京フィルメックス。朝日ホールでのオープニングから始まり、オープニング作品は『愛のまなざしを』。そしてツァイ・ミンリャン『日子』。もう一本21:20から始まる『不止不休』はプレスパスで入れたのだけど、さすがに疲れて、(咲)さんとベトナム料理の店で食事。久しぶりのおいしい料理。でも新コロナの影響で閉店時間が早くなっていてゆっくりはできず、あわただしく食べる。

10月31日(土)
この日は東京国際映画祭のオープニングがあったのだけどパスして、映画祭シーズン最大の6時間作品、原一男監督の『水俣 曼荼羅』(東京フィルメックス)を日比谷シャンテで観る。8年の歳月をかけて撮った作品ということでさすがに力作。ほんとはもう一本、まだ余力があればインド映画『マイルストーン』を観たかったんだけど、さすがに無理であきらめました。

11月1日(日)
いよいよ東京国際映画祭。プレス試写で『おらおらでひとりいぐも』(日本)、『遺灰との旅』(インド)の予定だったのだけど『おらおらでひとりいぐも』は、起きれずあきらめた。ま、これは公開されるのでその時に。リム・カーワイ監督の『カム・アンド・ゴー』にしようか迷い、映画祭が重なっているから一般映画はあきらめていたのだけど、この日観ないと観ることができないと思い、池袋グランドシネマサンシャインまで『愛しの母国』を観に。池袋まで映画を観にいったのは2年ぶりくらいかも。この映画館は新しいのでは?池袋の街はだいぶ変わっていた。

11月2日(月)
この日は東京国際映画祭作品のプレス上映に集中。でも10:20からの『恋唄1980』(中国)はやはり起きれずあきらめ。午後からの作品に。『トゥルーノース』(日本・インドネシア)はぎりぎり間に合い入ったのだけど、内容を何も確認せずただ日本とインドネシアの作品ということで入ったので、いきなり北朝鮮の強制収容所の映画でアニメ、しかも英語作品で、間違えて入ってしまったのかと思ってしまった。2本目の『チャンケ:よそ者』(台湾)も台湾の作品だからと思って入ったら韓国での華僑の話だったので驚き。でもこの2本は思わぬ拾いものだった。この日はそのあと『海辺の彼女たち』(日本・ベトナム)、『兎たちの暴走』(中国)。

11月3日(火)
この日は『ノー・チョイス』(イラン)、『Malu 夢路』(マレーシア・日本)。もう1本『老人スパイ』を観たかったのだけど、この日の夜、母の七回忌が八王子の実家であったので、観ずに実家に向った。18:30頃には着くと思ったら19時頃になってしまった。鰻をしばらく食べていないという私のために鰻屋さんに予約をしてあって、暖かい鰻を買ってきて食べる予定だったのに遅くなってしまったので妹に文句を言われてしまう。でもやっぱり鰻屋さんの鰻は美味しかった。

11月4日(水)
プレス試写、いつもは上映10分前か5分前目標で入っているのですが、この日はアンホイ監督の『第一炉香』があったので、上映20分前の集合時刻のさらに10分前くらいに六本木ヒルズの集合場所に行ったのですが、すでいもう定員いっぱいで入れずがっかり。次の予定『ムクシン』までは3時間くらいあったので、どこか電源がある店に入って原稿を書こうと思ったら、シネマジャーナル読者で脚本家のWさんとばったり会ったので1時間くらいお茶をする。東京国際映画祭は他の映画祭と違ってプレス試写があるのはありがたいのだけど、一般上映と時間が会わず、映画ファンとの交流ができないというのが、いつも残念に思う。なので、久しぶりの映画友とのおしゃべりがうれしかった。彼女は『チンパンジー族』(フィリピン/ラヴ・ディアス監督)を観にきたらしい。明日5日は『第一炉香』のチケットが取れたということで、ほかのメンバーと共に映画祭に来るという。新潟に帰ったYさんも日帰りで来ると言っていた。彼女と分かれたあと、電源カフェを探してスターバックスなどに行ってみたけど空いている席がなくうろうろ。時間が1時もなくなり、仕方なくチケット売り場の裏にあるスペースで30分ほど公式カタログを見たり、予定表を再検討したり、パソコンでメールチェックをしたりしているうちに時間が来たので、『ムクシン』へ。故ヤスミン・アフマド監督作で、2006年の東京国際映画祭で上映された作品を4Kデジタル修復したもの。10歳のオーキッド、シャリファ・アマニさんの若き姿に、思わず「若い!」という言葉が出る。そしてこんな話だったけ?と思いだしながら観た。この作品のあとは東京フィルメックス『七人楽隊』(香港)。プレス予約の予定表を見間違え、シャンテでの上映だと思い、シャンテの地下で食事。2時間半くらい時間があったので余裕だったのに、シャンテに行ったら、『七人楽隊』の上映はヒューマントラストと言われ、慌てて移動。ぎりぎり間に合った。ヒヤヒヤ。この日までは、帰宅が0時前だったのだけど、以後、0時すぎに。

11月5日(木)
連日でかけているので、この日はもし可能なら休みの日にしようと思っていたのだけど、映画友Tさんが、この日と9日しか東京国際映画祭に行けないと言っていて、しかもこの日、六本木の香港料理の店、尖沙咀(チムサーチョイ)でランチするというので、これはやっぱり行くしかないと出かけました。プレス試写で観ることができなかった『恋唄 1980』の上映が14:30からあるのでチケットを買い、他にも映画友Nさんを誘い、久しぶりに尖沙咀に。ここは1年に1回、映画祭の時に行きます。映画祭は映画を観る以外に、こういうのが楽しみ。それに、今は香港にも行けないので久しぶりの香港気分。この日は、最後にプレス試写で『悪の絵』(台湾)を観た。その後、新宿ヨドバシに行き、ルーターを買い換える。
前の日、家に帰ってパソコン作業と思ったら、ルーターの充電池が膨張してしまって、後ろの蓋が閉まらず状態になってしまった。充電ができないとパソコンを使うことができない。明日以降もネットでの情報連絡や、授賞式の申し込みもネットでしかできないと言われていたのでどうしよう状態に。パソコンを9月末までに買い換えようと思っていたのにタイミングが合わず。映画祭シーズンに突入してしまったので、買い換えられずにいたのですが、さすがにネットがつながらないと困るので、ルーターだけでも変えないとと思いヨドバシに行ったのでした。おかげでネット環境が少し改善。ウインドウズ7での動画鑑賞は難しいけど、パソコンをウインドウズ10に買い換えたらオンラインでの映画鑑賞も可能になるかも。このところ、試写も映画祭でのイベントもオンラインでのことが多く、それができない状態だったから、パソコン変えたら可能になるかも。

11月6日(金)
さすがに疲れが出て、プレス試写を2本パス。Wさんから『チンパンジー属』面白かったといわれていたので、この作品と『アラヤ』は観たかったので夕方から出かける。『チンパンジー属』は悪くはなかったけど、もう少し短い作品だったら良かったかも。『アラヤ』もよくわからない作品だった。因果応酬的な作品なんだろうか。

11月7日(土)
この日はほとんど東京フィルメックスの作品。朝10時から朝日ホールで上映の『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』。こんなに早い時間の映画は、明け方4時、5時に寝ている私としては、朝、起きることができなくて、すぐパスにしていたのだけど、『デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング』(スー・ウィリアムズ監督/アメリカ)は、雨傘運動への支援や同性愛者であることをカミングアウトしているデニス・ホー(何韻詩)を追ったドキュメンタリー作品。これは観逃してはならないと思い、がんばって起きた。彼女のCD1枚くらい持っていたと思うけど、どのタイトルのものか忘れてしまった。勇気ある彼女の行動にリスペクトの念はあるけど、香港の今の現状を思うと暗い気持ちに。この後はやっと時間が合ったシネジャ読者Kさんとランチ。8階にある京おばんざいの店に。彼女とは2017年の山形国際ドキュメンタリー映画祭の飲み会で出会ったのだけど、シネマジャーナルの長年の読者だった。「中国語圏映画、この10年」「華影天地」という本も出している。今年2月台湾の天燈祭りに一緒に行き、その時、台湾の慰安婦記念館 阿嬤の家にも行った、私と興味の対象が近い方。
次は『平静』。中国の栄方(ソン・ファン)監督の作品。これにフィルメックス ディレクターの市村さんが出演していてびっくり。そしてフィルメックスのクロージング(授賞式)。詳細は映画祭ページにて。クロージング作品の『天国にちがいない』も観たかったけど、チケットを買ってあった東京国際映画祭の『弱くて強い女たち』(台湾)へ。原題は『孤歌』。このタイトルのままでいいのにと思ってしまった。原題の雰囲気がぴったりの作品だった。

11月8日(日)
東京国際映画祭のプレス試写2本の予定だったけど、さすがに疲れ果ててしまったし、日曜日でシネマジャーナルHPの更新日だったので休むことにした。ほんとは『HOKUSAI』と『メコン2030』を観たかったのだけども、2週間休まずに映画祭通いでさすがにもう限界。明日は9日で、東京国際映画祭最終日。クロージングと授賞式に行ってきます。



posted by akemi at 21:14| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

『おろかもの』芳賀俊監督、笠松七海さん、村田唯さんインタビュー(白)

10月28日
IMG_4554.jpg
村田唯さん、芳賀俊監督、笠松七海さん

コロナ禍はまだ続いていますが、試写室や劇場の座席も徐々に戻ってきました。消毒と手洗い、マスクは必須ですが、寒くなってきたので、マスクが辛くないのがいいです。
テアトル新宿で11月20日から公開する『おろかもの』の監督と女優さんの取材に行きました。去年のSKIP映画祭で観客賞を受賞しています。近々結婚するお兄さんが浮気しているのを見てしまった高校生の妹(笠松七海さん)が、その女性(村田唯さん)に会いに行って、なんと「結婚式をやめさせる」提案をもちかけます。
おばちゃんが見ると、優柔不断なお兄ちゃんに腹立ちます。あれ、これはちょっと『本気のしるし』に似たところがある?意外な展開とか。
結婚相手はしっかりもので、うすうす勘付いても問い詰めたりせず。愛人は家事はできなそうだけれど、色っぽくてお兄ちゃんにぞっこんです。
一度に3人に取材することはあまりないので、質問がとっちらかってしまってまとめるのが難しい…。力不足を年の功で無理やり補ってきました。はああ。公開前にアップできるように頑張らないと。
★記事アップしました。こちらです。

東京国際映画祭(TIFF)も今日から始まりました。オープニングに行かないで、作品紹介ブログを書いていました。明日から六本木通いです。いろいろ例年と違っているので、戸惑いそう。(白)



posted by shiraishi at 17:35| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

なかまぁるShort Film Contest2020

2020-09-26a.jpg

2020年9月26日(土)オンライン授賞式
朝日新聞社が運営する認知症当事者とともにつくるウェブメディア「なかまぁる」が主催する映画祭。
コロナ禍のため、今年はオンライン開催となりました。

詳細は「映画祭報告」ブログのほうへ。こちらです。

posted by shiraishi at 18:24| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする