2023年03月07日

花魁道中&特殊詐欺啓発活動@十条銀座商店街フジサンロード(白)

IMG_0672.jpg
王子警察署署長ご挨拶 のち、スタート地点での記念撮影

3月7日(火)12:45〜
王子警察署と大衆演劇が、横行する特殊詐欺にNOを突きつけ、一般の皆様を安全に守り啓発するために立ち上がりました。
2023年3月に篠原演芸劇場で上演中の劇団美松と、丁髷とスーツ姿でダンスを披露しSNSに旋風を巻き起こしておりますチョン烈による、「花魁道中&特殊詐欺啓発活動」を十条銀座商店街にて実施。
宣伝さんからお誘いあって、大衆演劇ファンの(白)が駆けつけましたので、ちょっとご報告いたします。

IMG_0684.jpg
劇団美松の松川小祐司座長の美しい花魁姿
30pほどもある高下駄を履いての道中。八の字歩きはしません。

IMG_0695s.jpg
篠原演芸場横にて「チョン烈」のパフォーマンス
動画はyoutubeなどでご覧になれます。

この後、王子警察が貸し切りにした篠原演芸場にて、特殊詐欺撲滅キャンペーンに寄せたオリジナル芝居を拝見。最初にこのところ増えている特殊詐欺について事例をあげてのご注意がありました。自分は大丈夫、と思って油断しないように。自転車盗難も多いので、ちょっと買い物で離れるときも必ず鍵を忘れずにとのこと。
劇団の協力で、だましの手口をコント風に見せて笑わせてくれました。
本編の人情噺のタイトルをメモし忘れ、すみません。

*ストーリー*
「泪橋」から身を投げようとした目の見えない老母が岡っ引きに止められる。わけを聞けば、「生き別れた息子」を探しに江戸に出て来たけれど見つからず、絶望して死にたくなったとのこと。なんとか落ち着かせたら、近づいてきたスリに懐の財布をすられてしまう。岡っ引きが捕まえて、見逃してやるから実の息子の代わりに孝行しろと諭します。しばらく親子として暮らしたある日、かつての悪い仲間に錠前破りを持ち掛けられ、母と呼ぶ人を傷つけたくないばかりに渋々加担することに。しかし、一味の一人が実の息子で・・・という展開になります。


最後列椅子のメディア席からは他の観客の様子がよく見えます。年配の男性観客もあちこちで目頭を拭いているのを発見。間をためて見えを切る大衆演劇のセリフ回しが懐かしい・・・第2部は華やかな踊りです。通常より劇もショーも短いものでしたが、初めてご覧になる方にはほど良い長さでしょう。コロナのせいもあってずっと行けなかったので、3年ぶりの観劇を楽しんできました。(白)

■劇団美松■ 演美座にルーツを持つ、歴史ある劇団。 2014 年 1 月より松川 小祐司座長、大和 歩夢副座長を中心に活動。 2017 年 6 月より劇団名を新喜楽座から劇団美松へ改名。 古き良き外題を更に進化させ、 驚きの演出などで楽しませてくれる松川小祐司が 演出・構成する正面突破する舞台は見ごたえ抜群。

■チョン烈■ 創業 23 年となる笑限会社チョン烈商事は、日本全国に笑顔と幸せをお届けする、笑いのパフォーマンス商事。裏の活動では、「大衆演劇一座」との噂も・・・。スタッフ構成は全てにおいてダメ社長「チョン太郎」、営業部の 2 枚目敏腕課長「チョン蓮」、蓮課長と同期の営業部窓際係長「チョン星」、営業部の新人「チョン夜叉」。
posted by shiraishi at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月04日

私も東急百貨店本店閉館の日に行きました(暁)

(咲)さんが東急百貨店本店閉館の日の記事を書いていますが、私もその日、映画美学校の試写が終わった後、東急本店に行き、キャピタルコーヒーでソフトクリームを食べ、閉店時間まで地下の食品街をウロウロしました。ここに通うようになってから日の浅い私ですが、シャッターが下りるところを見て、「一つの時代が過ぎていく」とジーンとなりました。ほんとにたくさんの人がその瞬間を見ていました。

その日(31日)、私は家で仕事をする予定でいたのですが、(咲)さんから前日に「東急百貨店本店閉館の日だから行ってみる」と連絡があり、私もその日映画美学校での試写に行くことにして、終わってから東急百貨店本店に行きました。数日前の新聞に本店7階にあった「MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店」閉店の記事があり、ここに本屋さんがあったことを知らなかった私は、「え、そうだったの、何十年もこの東急本店の前は通っていたのに、知らなかった!」とびっくりし、気にはなっていたのですが、行くことは考えていませんでした。
そもそも、元々東京国際映画祭はこの近辺が主な会場だったこともあり30年以上前からこのあたりは通っていたし、ル・シネマができてからも本店の前は通っていたし、ユーロスペースがこちらに移ってからも、映画美学校がこちらに移ってからも、この本店の前は通っていたのですが、百貨店に興味がなかった私は、BUNKAMURAのコンサートや映画を観にル・シネマに行くことはあっても東急本店にはほとんど行ったことがありませんでした。
でも3年くらい前、(咲)さんから地下に食品売り場があることを聞き、それから映画美学校やユーロスペースの帰りに時々通うようになりました。(咲)さんに誘われミカドコーヒーにソフトクリームを食べに行ったのが、東急本店地下、初めての体験でした。軽井沢発祥のミカドコーヒーですが、日本橋にあることを知り、いつか行ってみたいと思っていた店でした。でも日本橋にはなかなか行く機会がなく行けないでいたのでした。いつも通っている渋谷の、こんな近くにあったなんて、灯台下暗しでした。それから、時々行くようになりました。その後、隣にあるキャピタルコーヒーにもソフトクリーム(コーヒーではなく)を食べに行くようになりました。
そして最終日は、結局、キャピトルコーヒーに入りました。ミカドコーヒーがすごく並んでいるということを知らずにキャピトルコーヒーに入ったのですが、こちらも15分ほど待たされました。前に並んでいる人の列がミカドコーヒーに並んでいる人たちでした。キャピトルコーヒーに入ってソフトクリームを食べたのですが、これまでここでコーヒーを飲んだことがなかったのを思いだし、最後だしコーヒーも飲むことにしました。ここは珍しいコーヒーを置いているのですが、高くてなかなか手が出なかったのです。それにここのソフトクリームもおいしいので、映画を観終わったあと、ここに来て、ミカドコーヒーかキャピトルコーヒーでソフトクリームを食べるのが楽しみでした。
その場所がなくなってしまったのはとても残念です。
でも、井の頭線渋谷駅地下の東急フードショーにもキャピトルコーヒーはあるので、今度はこちらに食べに行くことにします(笑)。
posted by akemi at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月29日

『百姓の百の声』上映会情報(暁)

昨年(2022)11月5日からポレポレ東中野を皮切りに劇場公開した『百姓の百の声』(柴田昌平監督)ですが、今後は全国各地で上映が始まっています。柴田監督から「『百姓の百の声』は今年も各地で上映していきます」と上映情報が来ましたのでスタッフ日記に載せます。
また自主上映の受付が2月1日から始まります。希望の方は最後に連絡先がありますので、ぜひ応募を!

00_Hyakusyo_poster_R_R.jpg


柴田昌平監督より
「農」への理解を「点」から「面」に広げたい 僕の30年来の夢でした。
この映画は、百姓の叡智の世界へダイブしていきます。長い時間かけて培われてきた技術と知恵を分かち合い、日本の食を守りつづけてきた百姓たちの姿を映しています。
「百姓」という言葉は放送禁止用語でもあり、差別用語と思っていらっしゃる方も多いかもしれません。しかし実際は農家の人たちにとっては「何でもできる人」という誇りある言葉。近代の中で歪められてきた「農」にまつわる言論空間に対して、「百姓」の復権を願った意味も込めてこの作品を作りました。

柴田昌平監督
ドキュメンタリー映像作家。代表作に『ひめゆり』『千年の一滴 だし しょうゆ』『森聞き』など。プロダクション・エイシア代表。

『百姓の百の声』公式サイト
2022年製作/130分/日本
配給:プロダクション・エイシア

『百姓の百の声』上映情報 HP劇場情報

■ Denkikan(熊本) 1/27〜2/2  
 ◎1/28(土)監督とゲストによるトークイベント予定

■ガーデンズシネマ(鹿児島)1/28〜2/3 ※1/31休館
 ◎1/29(日)監督とゲストによるトークイベント予定

■シネマ・チュプキ・タバタ(東京)1/19〜/1/31 ★上映中
 ◎1/31(火)プロデューサー舞台挨拶予定

■長野相生座・ロキシー 1/20〜2/2 ★上映中
  
■フォーラム山形 2/3〜9 ※1週間限定上映
 ◎2/4(土)監督とゲストによるトークイベント予定

■フォーラム福島 2/3〜9 ※1週間限定上映
 ◎2/4(土)監督とゲストによるトークイベント予定

■チネ・ラヴィータ(仙台)2/3〜9 ※1週間限定上映
 ◎2/5(日)監督とゲストによるトークイベント予定

■エイシア映画広場(東京)2/10 ※1日のみ
 ◎以後不定期に上映予定

■新宿・野鳥の森シアター(東京)2/11 ※1日のみ
 ◎以後不定期に上映予定

■円◎結(シネまるむすび)(岡山)2/17〜20、2/24〜27 
 ◎2/25(土)監督舞台挨拶予定 

■宝塚シネ・ピピア(兵庫)2/17〜2/23 ※1週間限定上映

■シネマアミーゴ(神奈川)2/19〜3/4

■シネマ尾道(広島)2/25〜3/3
 ◎2/25(土)、26(日)トークイベント予定

■シネマテークたかさき(群馬)3/3〜3/9 
 ◎3/5(日)監督とゲストによるトークイベント予定

■シネ・ウインド(新潟)3/4〜3/17
 ◎3/4(土)監督とゲストによるトークイベント予定

■YCAMシネマ(山口)3/4〜5、3/11〜3/21※3/6〜3/10休館
 ◎3/4(土)プロデューサーとゲストによるトークイベント予定

■萩ツインシネマ(山口)3/4〜
◎3/5(日)プロデューサーとゲストによるトークイベント予定

■シネマディクト(青森)3/18〜
◎監督とゲストによるトークイベント予定

■KBCシネマ1・2(福岡)3/21(火・祝)※1日限定上映

■シアター・シエマ(佐賀)3/24〜3/30
 ◎3/25(土)監督とゲストによるトークイベント予定

■日田リベルテ(大分)3/25〜
 ◎3/26(日)監督とゲストによるトークイベント予定

■深谷シネマ(埼玉)3/26〜4/8 ※火曜休館
 ◎3/26(日)プロデューサー舞台挨拶予定

掲載以外の地域でも決まり次第、映画公式サイトでお知らせいたします。
https://www.100sho.info/

【自主上映会スタート】
自主上映会をしてくださる皆さんも動き出しています。
映画館での上映予定が無い地域では、2月から受付を始めます。
詳細は2月上旬に公式サイトでお知らせいたします。
詳しくは下記事務所へお問合せください。

************************************
プロダクション・エイシア
〒202-0015 東京都西東京市保谷町2−7−13
電話 042-497-6975
http://www.asia-documentary.com/
info@asia-documentary.com
*************************************
posted by akemi at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

2022年もありがとうございました。(白)

年の初めの願いと違って、全然おだやかじゃない1年でした。
私の周りでもいくつもの訃報がありました。
近い人が結婚したとか、あかちゃんが生まれたとかいう話は全然ありません。そういう年頃です。ともあれ生き延びました。

IMG_0120.jpg

さて今年最後の映画は、これはベストテンで外せないだろうと駆け込んだ13年ぶりの続編『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』とアニメーション『かがみの孤城』(辻村深月原作)。
次の日はレンタルやさんで『アバター』を借りました。ほとんど忘れていましたが、やっぱり戦争映画でした。今昔のさまざまな戦争を思い出させます。『アバター』でクオリッチ大佐がナヴィたちを見る目は、開拓時代の先住民、大戦やベトナム戦争下のアジア人へ向けられたのと通じます。日本も大東亜共栄圏を目指してアジアへ進出したのですから、大差なかったでしょう。
続編は、アバターからナヴィの一族となってネイティリと結婚し家族を得たジェイクが守りに入り、人間と戦わず森から海へと逃げ出します。この海がすばらしく美しく、森の民と海の民の違いもよくわかります。しかしジェイク夫婦や、混血の子供たちが差別を受けるのも浮き彫りにします。後半は怒涛の戦いシーン! 船が沈む様子に『タイタニック』を思い出しましたが、同じジェームズ・キャメロン監督でした。興行成績1位と3位なんですね。(2位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』2019) 情報元はこちら
シガニー・ウィーバーがモーションキャプチャーで演じた少女のキリ(グレース博士の娘、ジェイクの養女になった)が覚醒していき、この後に続いていくようです。3は遠からず公開予定、5までできるらしいです。
『かがみの孤城』は本屋大賞受賞作、てっきり読んだと勘違いしていましたが未読でした。中学生の心持ちが繊細に描かれていて、話の展開が新鮮。想像しながら最後までひきつけられて観ました。同年代の人にはもっと深く届くでしょう。

今年の話題作『トップガン マーヴェリック』は見逃してしまい、そんな人が多かったのかレンタルやさんに1本も残ってませんでした。返却される年明けを待たねば。オンライン試写を中心に今年も340本くらい観たかなぁ(定かでありません)。ベスト10を書きだす前に数えてみます。皆様のベスト10(ジャンル、順位つけなしでも可)はなんでしたか?
1月末には「おすすめ映画ブログ」で発表しますので、コメント欄などにお寄せください。
2023年は良い年になりますように。
できることからこつこつやっていきましょう。(白)

posted by shiraishi at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月16日

映画祭チケット争奪戦! (暁)

「2022東京・中国映画週間 10月18日(火)〜10月25日(火)」「第35回東京国際映画祭10月24日(月)〜11月2日(水)」「第23回東京フィルメックス / TOKYO FILMeX 202210月29日〜11月5日」と、いよいよ東京での映画祭シーズンが始まります。そして昨日10月15日(土)は東京国際、16(日)はフィルメックスの一般上映のチケット発売が始まりました。
微妙に重なっていて、重なっている部分はどちらの映画祭に行くか、どれを優先するかをチケット発売の前に把握しないといけないのだけど、私はいつも後手後手に回っていて、何が上映され、何が重なっているから、どれを優先するかをチケット発売の前に把握できないで来た。今回も、前日まで東京国際映画祭で見たい作品は何か、フィルメックスで見たい作品は何か、重なっているのはどれか把握できないまま、チケット発売日を迎えてしまった。
私の場合は、もう20年以上、一般上映とプレス上映との兼ね合わせで映画祭作品を見てきたが、以前は中国映画週間と東京国際映画祭の上映作との調整だけで済んだのに、フィルメックスが同時開催になってからは、こちらと重なっている作品は何かも考えなくてはならずだけど、今回はフィルメックスの上映スケジュールもなかなか出てこないし、何よりも東京国際映画祭のプレス試写日程がチケット発売の前に出てこなかったので、一般上映はどれを買うかの判断に迷った。さらにネットでの発売になってしまったので、ネット購入が苦手な私は困っている。それでも徹夜して、なんとか購入日の15日朝8時頃に、どうしても買っておいたほうがいい作品を確認した。最近は当日にならないと体調がわからずで、予約しても当日いけないということが増えてきたので、あまり前売りは買いたくないけど、売り切れ必至の作品は買っておくしかない。
朝10時の発売分はなかったので、13時からの発売に備えた。チケット発売の15分くらい前には東京国際映画祭サイト内の、一番最初に買う作品のチケット発売にすぐアクセスできるページを開け準備はできた。それは、シルヴィア・チャン&サイモン・ヤムの『消えゆく燈火』。2回上映のうち、28日の21時台の上映に挑戦することにした。
他にもフィルメックスとか中国映画週間のサイトも立ち上げておいて、重なっているものの確認とかに備えて13時開始を待った。13時になって、このサイトのオンラインチケットショップにアクセスしたけど、何度挑戦しても☝マークにならず入っていけない。かれこれ20回くらい試したけど、全然反応せず、私にはそれ以上どうすることもできず、ラインで映画仲間(山形国際ドキュメンタリー映画祭仲間とアンディ・ラウファン仲間)にSOS。そうするとどちらのメンバーからも「アクセスできず」ときたので、入れないのは私だけではないということが分かった。さらに、「チケット発売日であることを忘れていた。私も挑戦してみる」と、以前、分担で映画祭チケットを買っていたTさんからも連絡が来た。30分くらいすぎて、『消えゆく燈火』のチケットとれたと2人の友人からの連絡。一人は平日の15時からの上映なので、そちらのほうは、まだアクセスが集中していなかったのかもしれない。
あまりアクセスができないので、別枠で東京国際映画祭サイトを立ち上げたら、アクセスが集中していてホームページでさえたどりつかなかった。何度も挑戦したけど、20分以上HPにさえたどり着けなかった。
Tさんもなかなか入れないと言っていたけど、1時間くらいたって「オンラインに入っていけて、チケット発売にたどりついた」と言ってきたので、チケット取れたら私の分もよろしくと伝える。私のほうもさらにアクセス続けたけどアクセスできず。結局、Tさんがチケットをとれたので一安心。
さらに、ラウ・チンワン主演の『神探大戦』に挑戦。これは3回上映があり、Tさんとは見たい日程が違ったので、なんとか自分でゲットしたいと思ったけど、やはり、オンラインチケット発売に入っていけない。20分以上挑戦したけど全然だめなので、Tさんの状況を尋ねたら「オンラインに入って行けたけど一緒に買う?」と来たので、11月1日18:50からの回のチケットを一緒に買ってもらうことにした。この日はフィルメックスの14:40〜17:12の『石門』を見る予定だったし、場所も近いのでちょうどいいかもしれないと思った。ここまでで、すでに14時半すぎ。あとの見たい作品はプレス試写日程が出てから考えることにして、当日売りでチケットがまだある作品を買うことにして、ネットでの映画祭チケット購入挑戦を終えた。
それにしても、結局私は、オンラインチケット販売の中に入っていくこともできずだった。とってくれたTさんは日常的にオンラインでチケットを買っているし、他のチケットがとれたメンバーもチケットを買い慣れている。混み合うネット回線の中に入っていくには、何か技があるのかな? と思った。パソコンでチケットを買いながら、グループラインでチャットをしていたら、ほかのラインメンバーにも影響を与えたらしく、買う予定のなかった人も2人チケット買ったと連絡が来たので、少しは観客動員の役にたったかな。
そのあと、すでに10月5日に発売が始まっていた10月18日からの中国映画週間のチケットをまだ買ってなかったので買うことにした。すでに『月ではじまるソロライフ』は売り切れとのことだった。去年も2作品くらい売り切れだったけど、ま、買えるものだけでいいかという感じ。中国映画に詳しい友人たちの話によると、映画祭期間中のチケットはすでに買えるとのことだったけど、なぜだか私のパソコンでは、上映会場のTOHO日本橋のチケット売りの条件と同じで3日前までしか買えず、20日以降には「>」印を押しても先に進めずだった。なんでだろう。いろいろ教えてくれるのに、皆さんのようにはスムーズにいかず状態。
明日以降に、今回の映画祭で見たい作品の予定表を作ってみて、また、追加で買えるチケットを買おうと思う。それにしても各映画祭会場は日本橋、有楽町、銀座周辺になったものの、映画館自体の間が離れすぎていて、なかなか映画の組み合わせがしにくい。私は障害者になってしまっていて、皆さんの歩く速さの倍以上かかるので、よけい余裕を持って組まなくてはならないので、今年もプレスセンターや一般上映の会場には行きにくいかも。
posted by akemi at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする