2020年03月24日

『花のあとさき ムツばあさんの歩いた道』取材(白)

IMG_3264 (3).jpg
百崎満晴監督、伊藤純プロデューサー

テレビ番組のときから18年間携わってこられた百崎満晴監督、伊藤純プロデューサーにお話を伺ってきました。
このドキュメンタリー映画の主人公ムツさんは私の母と同い年(1923年生まれ)でした。秩父の山間の集落の人たちは一人去り、二人去りとだんだん少なくなっていきます。ムツさんの子どもたちも山を下りて暮らし、農業を継ぐ人はいません。公一さんムツさんのご夫婦は耕さなくなった畑に花を植え、山に還そうと思い立ちました。自分たちがいなくなった後も、毎年咲いてくれる丈夫な花木を選んで。山に来た人が花が咲いているのを見たら嬉しかろうと、コツコツと植え続ける日々を映しています。
予告編でもその里山の美しさ、ご夫婦の人柄の良さがわかります。インタビュー記事は4月末発行の本誌に掲載します。(白)

公式HP https://hana-ato.jp/
★2020年5月15日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開
posted by shiraishi at 11:03| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

『いざなぎ暮れた。』無観客舞台挨拶(白)

IMG_3227.jpg

3月21日(土)テアトル新宿で、20日からレイトショー上映の始まった『いざなぎ暮れた。』の笠木望監督・キャスト(毎熊克哉さん、武田梨奈さん、青山フォール勝ちさん、岸健之助さん、MC:奥村隼也さん)の舞台挨拶がありました。
どこかの会場で行う記者会見みたいですが、本来お客様がたくさんいるはずの席はカラです。新型コロナウイルス感染拡大のため、この形になりました。うーん寂しい。こういう時期なので「みなさん劇場に来てください」とは言いにくく、ご挨拶も言葉をていねいに選んでいる様子がうかがえました。
15分のショートフィルムのはずが、長編映画になったことは、毎熊克哉さん、武田梨奈さんのインタビューでご承知と思います。
世界各地の映画祭に35ノミネート、16の受賞と良い評価を受けています。賞状の授与も行われました。動画はこちらです。(白)

IMG_3253.jpg


毎熊克哉さんインタビュー 
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/473993438.html
武田梨奈さんインタビュー
http://cineja-film-report.seesaa.net/article/474009867.html
posted by shiraishi at 20:27| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

『ミセス・ノイズィ』天野千尋監督取材

3月11日、青空が広がって気温が21,2℃、マスクが暑い。
9年前のこの日も取材(香港のパン・ホーチョン監督)に行っていたのを思い出しました。このときの映画は『ドリーム・ホーム』。香港の地価が高騰してマイホームが手の届かない夢となり、真面目に働いてきたのに人生が狂ってしまったOLの話でした。
今日の天野監督の作品はベランダの布団叩きの音から始まる騒動『ミセス・ノイズィ』。騒音おばさんとして何年も前にマスコミを賑わしたあの「隣人騒音バトル」事件がモデルのフィクションです。去年のTIFFでお披露目されて話題になりました。5月からの劇場公開を前に、アムステルダム映画祭から戻ったばかりの天野監督にお話を伺いました。ウェブと4月末に発行予定の本誌に掲載します。

IMG_3125.jpg
天野千尋監督

IMG_3120.jpg
制作会社さんの窓から見える新宿御苑

パンデミック宣言が出ましたが、ウィルスは目に見えないので(放射能もそうだ)怖さがもひとつ実感できません。みなさまできることをして、体力もつけて乗り切りましょう。

震災当時私は山手線を降りて歩いていたところ、めまいかと思ったら信号機や電線が大きく揺れて驚きました。近くのビルから人が大勢出てきて地震とわかりました。やっと帰宅して見た津波の映像は信じられませんでした。大阪アジアン映画祭では上映最中に揺れて大騒ぎだったと聞きました。被災地のみなさま、当日のそれぞれの体験とともに私たちは忘れていません。(白)
posted by shiraishi at 10:51| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

『いざなぎ暮れた。』取材(白)

IMG_3090.jpg
毎熊克哉さん

IMG_3109.jpg
武田梨奈さん
いざなぎ暮れた。』は島根県松江市美保関を舞台にした崖っぷちカップルの弾丸旅行映画(?)です。借金で首の回らないホストクラブ経営ノボル(毎熊克哉)が実の親戚を頼るのですが、ほぼオレオレ詐欺状態。恋人のキャバ嬢ノリコ(武田梨奈)はそんなこととは知らず、巻き込まれています。神様に一番近い街に全く似合わない二人が喋りっぱなしです。こんなに台詞の多い二人を初めて観ました。
びっちり取材の入っているお二人それぞれにインタビューできました。
映画は3月20日(金)からテアトル新宿でレイトショー公開です。(白)

★毎熊克哉さんインタビューはこちら 
★武田梨奈さんインタビューはこちら 
posted by shiraishi at 17:12| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

『カゾクデッサン』取材(白)

IMG_3082.jpg
今井文寛監督

初の長編作品『カゾクデッサン』が3月21日(土)から公開になる今井監督のインタビューをさせていただきました。
先日『ソン・ランの響き』取材があった新宿のK'sシネマです。とっても真面目なお人柄のわかる取材でした。年頃がうちの息子と近いので、ついお母さん的になってしまって失礼いたしました。息子たちとこんなにびっちり話すことがない今日この頃。楽しかったです。もうすぐ掲載しますのでちょっとお待ちくださいませ。(白)

今井監督インタビュー掲載しました。こちらです。
posted by shiraishi at 18:00| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする