2018年04月04日

『クジラの島の忘れもの』森崎ウィンさんインタビュー

森崎ウィンさんはミャンマー出身。小学4年生で来日、中学2年のときにスカウトされて、芸能界に入りました。ダンスボーカルユニットPrizmaXのメンバー(メインボーカル)として、またラジオ、テレビ、映画にも活動の場を拡げています。
阿部寛さん主演の『天国からのエール』(2011年)では高校生役。当時舞台挨拶を観ていたのをやっと思い出しました。沖縄での実話を元にした作品でしたが、この『クジラの島の忘れもの』も沖縄が舞台。日本とベトナムの国交樹立45周年を記念して製作されました。
阪神大震災で母親を失くした愛美(大野いと)と、べトナムからの研修生コア(森崎ウィン)の純愛を描いた作品です。誠実で努力家の青年役が印象深く、インタビューの時間をいただきました。ウィンさんは映画と同じく真面目な頑張りやの面と“ライブでは盛り上げ係”という陽気で楽しい面を併せ持った素敵な青年でした。おばあちゃん子だそうで、こんな可愛い孫がいたら生きるエネルギーがわきそうです。ぜひシニアもターゲットに>事務所の皆様
4月20日から公開されるスピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』(DAITO役です!)をご覧になったら、5月には『クジラの島の忘れもの』で別のウィンさんを観てください〜。4月末には特別記事にアップします。急ぎまとめますので、しばしお待ち下さい。(白)

kujiranoshima_main.jpg
(C)クジラの島の忘れもの製作委員会

★5月12日(土)より渋谷シネパレス他全国公開
こちらに昨年の「日本・ミャンマー共同制作映画&ドラマ『My Country My Home』の会見」記事があります。(咲)さんレポです。
posted by shiraishi at 23:40| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月05日

12年間撮り続けたドキュメンタリー『願いと揺らぎ』我妻監督にお会いしました!! (千)

チラシ2.jpg

震災が生んだひずみを乗り越え、人は何故再びともに生きようとするのか。東北の一被災漁村の12年の記録を凝縮した震災映画の大いなる到達点。
★2月24日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開
監督・撮影・編集:我妻和樹/プロデューサー:佐藤裕美
製作・配給:ピーストゥリー・プロダクツ/宣伝:佐々木瑠郁
2017年/日本/HD/カラー・モノクロ/16:9/147分
公式 https://negaitoyuragi.wixsite.com/peacetree


IMG_20180201_173218_734.jpg

もうすぐあれから7年が経ちます。震災前から南三陸の波伝谷地区を撮り続けている宮城県出身、在住の我妻和樹監督に先日、取材でお会いしました*後日、シネジャweb版・特別記事にてup予定です。
(*追記:2/23UP http://www.cinemajournal.net/special/2018/negaitoyuragi/index.html

連日の活動で少々お疲れ気味だったのでしょうか、差し入れしたチョコをパクパクと!! 「ぼく甘党なんです」とのこと。チョコレートを持って行って大正解でした☆
シネジャ映画作品紹介はコチラ
http://cinemajournal-review.seesaa.net/article/456690825.html

20140406075307ee0_20140518180059af0.jpg
*blog「土と石と」より
http://daikiwakachi.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

震災の津波で他界した叔母夫婦のお寺(宮城県名取市・東禅寺)も、やっと再建が叶い とうとう来月に復興します。7年かかった……  (千)

posted by chie at 00:00| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

寒い日々です

1月22日(月)
東京も思わぬ積雪。雪国ではなんてこともない量ですが、慣れない首都圏の交通は大混乱でした。
25cm近く積もった後、なかなか寒さも緩まず日陰の雪も溶けない2週間でした。昼間も凍っている道路を久々に見ました。

1月25日(金)
第29回東京国際映画祭(2016)日本映画スプラッシュ部門で上映の『かぞくへ』春本雄二郎監督のインタビューの機会をいただきました。これが初長編監督作というのに、きちんとできていて心ゆさぶられ驚いた作品です。私の落ち着かない性格ゆえあちこち脱線しつつ、たくさんお話が聞けました。のちほど特別記事に掲載いたします。
IMG_5027.jpg

★2018年2月24日(土)より渋谷ユーロスペースほかにて順次公開

1月30日(火)
『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロ監督来日会見。会場は赤坂プリンスクラシックハウス、結婚式場としても使われる素敵なところでした。会見の最後に『パシフィック・リム』に出演した菊池凛子さんが花束を持って登場。再会を喜んでおられました。第90回アカデミー賞では最多13部門にノミネート中(発表は3月4日現地時間)。
IMG_0667s.jpg

IMG_0628.jpg

★2018年3月1日(木)より全国ロードショー

2月1日(木)
石巻を舞台に被災後の家族を描いた『生きる街』の完成披露試写会@飯田橋
上映前に主演の夏木マリさんと榊英雄監督の舞台挨拶がありました。
夏木さんの主演を熱望した榊監督に応えて普通のおばさんになりきった夏木さん。「妖怪の役が多いので」と笑わせます。「絹の靴下」を歌ったころを覚えていますが、痩せているのにグラマーだったんですよね。黒尽くめの衣装がよく映っていませんが、今もきりりとカッコイイ方です。
IMG_5095.jpg

★2018年3月3日(土)より新宿武蔵野館、ユーロスペース、イオンシネマ石巻ほか全国順次ロードショー
posted by staff at 00:32| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

『ウイスキーと2人の花嫁』ギリーズ・マッキノン監督にインタビュー

5日(火)映画宣伝のためロンドンから前日到着したばかりのマッキノン監督にお会いしました。
久しぶりに自分より年上の方の取材ですw
スコットランド出身のベテランの監督さんはとても気さくで楽しい方でした。
映画は来年2月17日から全国ロードショーです。
まだ早いので、のんびりまとめようっと…いやいやすぐに時間は経ってしまう>自分

IMG_0588s.jpg

「しゃがんだ方がいい?」とお茶目なマッキノン監督

第2次大戦中のスコットランドの島。食料品の配給を待ちかねる人たちが登場しますが、敗色濃かった日本とはずいぶん違う雰囲気です。ウイスキーの配給がストップして島民たちはおおいに落胆します。そんな折、濃霧のため島の近くで1隻の貨物船が座礁します。乗組員を助けたところ、なんと積み荷はアメリカに輸出するウイスキー!
嬉しいにつけ、悲しいにつけウイスキーと共に生きる人たちの喜ぶまいことか!!
この座礁事件は史実で、小説にもなり1949年には映画化もされています。そのリメイク版。ウイスキーをめぐっての島の住人たちのやり取りと、郵便局長の二人の娘の結婚話とが絡み合って楽しくほっこりするストーリーになっています。
殺伐とした作品、暴力的な作品が続くとさすがにぐったりするので、こういう作品が観られるとほっとします。来年になってからの記事掲載になります。
http://www.synca.jp/whisky/ (まだトップページのみ)
posted by shiraishi at 19:44| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

松本卓也監督インタビュー

2011年『花子の日記』でお目にかかり特別記事に。その後したコメでもばったりお会いした松本監督。3度目は新作『ミスムーンライト』のインタビューになりました。すでにイオン系の劇場で封切られていますが、11月には新宿で上映されます。可愛い女の子たちが街のためにひと肌脱ぐストーリーで、水着姿がたくさんです。それが松本監督らしく、ゆるくて可愛くて健康的。
今回のインタビューは初台で、オペラハウスの緑が雨に濡れて綺麗なので、そこで写真をと思っていたのです。
しか〜し、お話しはずんで「あっ、時間が」とあわてて終了。アホな私はそのまま地下鉄に乗ってしまいました。先にファストフード店で数枚撮ったのがあるだけです。車内ではたと気づき、携帯にメールしましたら、“こうちゃん”を演じた後藤龍馬さんと監督で“インタビュー風写真”をたくさん撮って送ってくれました。ありがとうございますっ!!
ここで、インタビュー前の画像(白石撮影)とインタビュー風(後藤龍馬さん撮影)をお見せしましょう。
IMG_0236ss.jpg

松本インタビュー風 (27)ss.jpg

記事を上映の前にまとめなければなりません。がっ、すぐ映画祭に突入してしまいました。
もうちょっとお待ちくださいませ。
ちなみに2011年の『花子の日記』インタビューはこちら
今も若いですが、さすがに6年前は20代に見えるくらい可愛らしい。
posted by shiraishi at 09:04| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする