2024年02月19日

方向音痴で(白)

2月19日(月)

雨が降ったりやんだりの一日でした。
13時から代々木で取材の予定があり、30分も多く見積もって、地図も持って家を出たのに、駅で別の出口から出てしまい…あれれ??
一度お訪ねした事務所なので、大丈夫〜と宣伝さんに返事していたのに。。。頼みの地図は雨に濡れてにじんできます。目印が見つからないし、時間はなくなるしで大慌てで連絡しました。途中まで迎えに来てくれた宣伝さんに会えました。
お待たせしてしまったのは『青春ジャック、止められるか俺たちを2』の井上淳一監督(脚本・製作も)。『誰がために憲法はある』のときは千駄ヶ谷駅で反対方向に行ってしまって、やっぱり遅刻しちゃったのでした。申し訳ないやら恥ずかしいやら。

jack2.jpg
(C)若松プロダクション
次の取材の方が来られるまで少し余裕があったおかげで、予定の1時間お話をうかがうことができました。映画は若松孝二監督と若い映画人を描いた『止められるか、俺たちを』の10年後。若松監督を引き続き井浦新さん、名古屋に若松監督が開いた映画館「シネマスコーレ」の木全支配人を東出昌大さん。田舎の映画青年・井上淳一を杉田雷麟さん、この映画のために生み出したヒロイン金本法子を芋生悠さん、ほかたくさんの出演者がこの映画を支えています。

★2024年3月15日(金)全国順次公開!

IMG_2627.jpg

帰りは、初めの取材場所のはずだった若松プロ(水道工事で断水のため変更)まで足をのばしました。こちらは全然迷わず。ポケ活もしながら無事帰宅。(白)

posted by shiraishi at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月03日

オーストラリア先住民映画祭

IMG_2609.jpg

2月2日(金)
明日一日限りの「オーストラリア先住民映画祭」のために、リア・パーセル監督とプロデューサーのベイン・スチュワート氏が来日して、取材させていただくことになりました。リア監督が脚本・主演も務めた『家畜商の妻 モリー・ジョンソンの伝説』は、1893年の南西部が舞台。当時の厳しい暮らしの中での先住民差別や女性蔑視、それに伴って起こる殺人事件と オーストラリア版西部劇な感じの作品です。
まとめた頃には、映画が終わってしまうのが残念。

IMG_2606.jpg

リア・パーセル監督はすらりとした長身で、若々しくエネルギーにあふれた方でした。北海道の先住民アイヌのこともご存じで、(暁)さんがちょうど渋谷で上映中の『カムイのうた』の紹介をしましたが、残念ながら日程に余裕がないので無理とのことでした。英語字幕もありませんしね。それにしても、映画祭ができるほど先住民の方が映画界に進出しているんですね。
この取材のときは話が出ませんでしたが、『家畜商の妻 モリー・ジョンソンの伝説』は、映画より先に戯曲を書いて、シドニーで上演されていました。これは翌日のトークショー冒頭でのお話、映画ではさらにラストのエピソードを追加しているそうです。
来年また映画祭開催が実現しますように。(白)

posted by shiraishi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月28日

『フィリピンパブ嬢の社会学』と『瞼の転校生』取材(白)

IMG_2496.jpg

1月24日(水)
白羽弥仁(しらは みつひと)監督と原作者の中島弘象(なかしま こうしょう)さんの取材日。お二人一緒のインタビューです。
2018年、中島さんの実体験を書いた原作を読んだ監督が4年がかりで映画化したものです。試写を観た後に、原作を読んでみましたら、できごとがかなり忠実に描かれていました。映画に全部は盛り込めないのでもちろん取捨選択します。細部は中島さんの著書「フィリピンパブ嬢の社会学」(新潮新書)をご覧ください。その後を書いた「フィリピンパブ嬢の経済学」も出ています。
前田航基さん、一宮レイゼルさんら、俳優さんの好演もあいまって、ドキュメンタリーのようにリアルに思えました。
2月17日(土)より公開
https://mabuhay.jp/
◎インタビュー掲載しました。こちらです。

IMG_2521.jpg

1月25日(木)
前日の取材の後、試写に駆け付けて観たばかりの『瞼の転校生』関連イベントが川口市のskipシティで開催されました。終了後、藤田直哉監督インタビュー。試写のときにちょっとお話できたので、その続きから。
大衆演劇の劇団で育った中学生の主人公は、一ヶ月間の公演ごとに転校をくりかえしています。「すぐいなくなるから友達はいりません」と担任に告げるのですが、公演を観てもらいたい友達ができます。
少年の成長物語が主軸ですが、大衆演劇好きの私には劇団の楽屋など内側が見られてお得感マシマシでした(笑)。大衆演劇を観たことのない方、入門編にどうぞ!
3月2日(土)より公開
https://mabuta-no-tenkousei.com/
◎インタビュー掲載しました。こちらです。

イベントでは映画に協力した劇団美松の役者さんたちが、劇中劇として登場する「瞼の母」のお芝居と舞踊ショーを披露。書割も大道具もありませんが、ちゃんと想像させます。松川小祐司座長の津軽三味線も聴けて嬉しいひとときとなりました。
前述のように劇団はひと月ごとに劇場を替えて公演を行います。次に観劇できるのはずっと先になるので、見そびれた劇団の公演を観ておこうと月末は忙しいです。原稿をいくらか片付けないことには出かけられません。う〜〜。
(白)
posted by shiraishi at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月06日

8月6日『夢みる校長先生』トークへ(白)

広島原爆忌です。78年経ちました。
「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という碑文が毎年紹介されます。
市民局 国際平和推進部 平和推進課の説明によりますと
「すべての人びとが原爆犠牲者の冥福を祈り、戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う言葉であり、過去の悲しみに耐え、憎しみを乗り越えて、全人類の共存と繁栄を願い、真の世界平和の実現を祈念する「ヒロシマの心」が刻まれているものです」
この誓い、祈りは今もちゃんと守られているでしょうか。

5日に公開された『夢みる校長先生』のトークを取材にシネスイッチ銀座に行ってきました。シネジャ作品紹介はこちら
昨日は出演した校長先生たちが揃って登壇されたのですが、所用で行けず、尾木ママこと尾木直樹さんゲストの今日拝聴しました。
オオタヴィン監督との対談は上映の間の20分ほど。

その中で尾木ママが先にあげた碑文のことに言及。また、子どもファーストでなくてはいけない、子どもの権利についてこういう本があります、と掲げた絵本が「ようこそ、こどものけんりのほん」(白泉社)。やさしいことばで大事なことが書かれています。
映画は「教員採用試験」を受ける人に見てもらいたい、と製作と宣伝のまほろばの方がおっしゃっていたとおり、先生になりたい若い人たち、今先生をされてて疲れていらっしゃる方々は特に!ぜひご覧ください。

IMG_2188.jpg

1989年国連が定めた「子どもの権利条約」では18歳未満を子ども・児童と定義。日本は1994年に批准。
4つの原則
・差別の禁止(差別のないこと)
・子どもの最善の利益(子どもにとって最もよいこと)
・生命、生存及び発達に対する権利
(命を守られ成長できること)
・子どもの意見の尊重
(意見を表明し参加できること)


今年4月1日「子ども家庭庁」が発足しました。
https://www.cfa.go.jp/top/
子ども基本法(子どもの権利条約を取り入れています)
https://www.cfa.go.jp/policies/kodomo-kihon/

posted by shiraishi at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月16日

『ウムイ 芸能の村』初日トーク(白)

umui3.jpg

7月15日(土)
沖縄の伝統芸能を守る人たちを活写した『ウムイ 芸能の村』が、ポレポレ東中野での公開初日を迎えました。
やっとオンライン試写を見終えて、トークに間に合うよう慌てて劇場に向かいました。
ダニエル・ロペス監督(左)とゲストの写真家エバレット・ケネディ・ブラウンさん(右)が登壇。このお二人は同時期に撮影をしていたのだそうです。ロペス監督はこの映画を、ブラウンさんは写真集の撮影。共通の友人もいて、大好きな沖縄で出会い、しかもお互いの作品のタイトルが同じ「ウムイ」だというのにご縁の深さを感じます。
日本人ではないお二人が、流ちょうな日本語の沖縄トークで盛り上がっているのは不思議な感じでした(笑)。沖縄はいつも戦争や基地の話題でニュースになりますが、いつもの沖縄の日常を撮影したかったそうです。その中に息づいている芸能に携わっているいろいろな人たちをリスペクトした作品です。あっというまに時間がたってしまったので、あの後もお話の続きがあったのではないでしょうか。監督は19日(水)まで、連日舞台挨拶に登壇予定です。こちら
トークの書き起こしできました。こちら
(白)
posted by shiraishi at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする