2019年10月20日

シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎 ヤマトタケル』(白)

IMG_1803 (2).jpg

10月20日(日)
シネマ歌舞伎『スーパー歌舞伎 ヤマトタケル』が東銀座の東劇で上映中です。本日は市川團子(5代目)さんの舞台挨拶がありました。2012年6月のこの演目が團子さん(8歳)の初舞台。父の市川中車さんが舞台上では祖父の帝役、團子さんはヤマトタケル(市川猿之助)の息子のワカタケル役です。
当時の親子そろってのインタビュー映像も披露されました。九代目市川中車の襲名披露でもあり、中車さんが緊張して大汗をかいている横で、初舞台の團子さんは少しも臆するところなく元気いっぱい。「緊張感0%!」「遊びまわっています」などなど。「終わった〜!」と走り去る自分の姿に、15歳になった團子さん「失礼な子どもだったんですね」と苦笑。
昨年6月の『東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖』父の日舞台挨拶のときから1年余り。また身長が伸びた感じです。伸び盛りですね。
詳しくは、また後程。(白)

★「おとうさまぁ〜」と叫ぶ可愛い團子さんを見られるのは10月24日まで。
チケットは一般料金3,100円(税込) 学生・小人 2,000円(税込)
詳細はこちらです。
posted by shiraishi at 23:30| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

『夕陽のあと』越川道夫監督インタビュー(白)

10月10日(木)
IMG_1711.jpg

『無限ファンデーション』のプロデューサーでもあった越川道夫監督、TIFFで初監督作『アレノ』が上映されたとき、取材に行って写真を撮りました。助監督、演劇、制作、配給とたくさんのお仕事をなさって、主な肩書はプロデューサーでも「何でも屋」です、とおっしゃっているのをほかの記事で読みました。大崎監督からもお話は伺っていましたが、直にお目にかかるのは初めてです。3本インタビューがあった最後が私でした。ドキドキ。
一つの質問にいろいろな例を挙げてわかりやすく説明をしてくださいます。作家や演劇や映画の題名がたくさん出てきて、後で調べたりしました。ワークショップに参加するとこんな感じなのかも。知識が増えた気がします。
台風直撃で週末家から出られず、ずっと録音を聞いて文字起こしをしていました。おかげでいつになく早く進みました。
今は音声を文字にできるようになってきたんだとか?私がその恩恵にあずかるまで、現役でいられるかなぁ。
映画は11月8日(金)公開です。

↓は10月8日に出かけたクイントアートハウス1F。煎茶器がずらりと並んでいます。小さくて可愛い。
2Fのアートスペースでは(咲)さんもあげていた「はらだたけひで個展」。白いひげのパシュラル先生の色鉛筆画の本を買ってきました。

IMG_1693.jpg

台風は東京中を吹き荒れて通過。朝は青空でしたが、川の水位が上がって被害を受けた地域があるのをニュースで知りました。お見舞い申し上げます。なんだか呑気なスタッフ日記を書いていてすみません。
昨日ストップしていた交通機関は徐々に運転再開しているようですが、東北方面はどうでしょうか。みなさま無事でありますように。
posted by shiraishi at 00:13| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

『ジョージア、ワインが生まれたところ』監督インタビュー & はらだたけひで個展  (咲)

P1300032 harada (2).JPG
9日(木)本郷3丁目のクイントアートハウス / 煎茶器会館で開かれていた「はらだ たけひで 個展」―ニコ・ピロスマニのほうへ に行ってきました。
岩波ホールに勤務しながら絵本作家としても実績をあげてきた原田さんの個展。
P1300030 harada.JPG
1978年に岩波ホールで上映したグルジア(ジョージア)のギオルギ・シェンゲラヤ監督作品『ピロスマニ』(写真右端がその折のパンフレット)を通じて、グルジアの魅力にすっかりはまった原田さん。
私自身、40年程前にコーカサス3カ国のツアーに申し込みしたのに、友人の結婚式と重なり諦め、それ以来、結局まだ見ぬ憧れのジョージア。 会場には、絵だけでなく、ジョージアの写真もたっぷり。 1時間半ほど、楽しませていただきました。

私がその会場にいる間に、まるで見越したようにアップリンクさんから『ジョージア、ワインが生まれたところ』のエミリー・レイルズバック監督へのスカイプインタビュー打診のメールが届いていました。 翌日の午前中! でも、これは是非お話をお伺いしたい。即答でお願いしました。

さて、どんな質問をしよう・・・と、原田さんの個展の会場でいただいてきた「GEORGIA ワインの揺りかご」の素敵な小冊子も見てみました。
映画の中で、ジョージアの人たちが「スプラ」と呼ぶ宴会を大事にしていると出てきたのですが、その小冊子に、スプラがもともと食卓に敷かれる布のこととありました。イランでは、ソフレ(食布)を絨毯に上に敷いて皆で囲みます。スプラとソフレ、もしかしたら同じ語源かも! 歴史的にペルシアはジョージアを攻めた国ですが、お互い文化的に影響もしあっているのではないかと思いました。
イランでは今はイスラーム政権でお酒は禁止ですが、40年前までは、ワインも作っていました。特にウルミエ湖の近くの古代遺跡で見つかった壺に葡萄の種が残っていて、かなり古い時代からワインが作られていたことも証明されています。その壷の形が、ジョージアの伝統醸造に使われるクヴェヴリと呼ばれる壷と似ているのも繋がりを感じます。

翌日のインタビューで、そのことをお話してみました。エミリー監督はアメリカ人で、その繋がりについてはわからないけれど興味深い話ねと。
ジョージアでの伝統的なスプラ(宴会)は、男性は男性だけで囲むものだったそうです。日本もかつては、そんな時代があったと思い至りました。一方、イランの家庭では、男女一緒にソフレを囲んでいます。イスラームの国なのにと言われそうですが。思えば不思議。

『ジョージア、ワインが生まれたところ』
エミリー・レイルズバック監督インタビューは後日報告します。


「映画で旅する自然派ワイン」
映画で旅する自然派ワイン_poster 320.jpg
『ジョージア、ワインが生まれたところ』(アメリカ)と、『ワイン・コーリング』(フランス、ブリュノ・ソヴァール監督)の2本が、自然派ワインにまつわるドキュメンタリー映画として同時公開されます。
★2019年11月1日(金)、シネスイッチ銀座、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開




posted by sakiko at 18:27| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

「なかまぁる」Short Film Contest受賞発表&上映&トークイベントに行ってきました。(白)

「なかまぁる」は認知症当事者とともに作るウェブメディアです。多くの人が認知症を「自分ごと」としてとらえ、誰が、いつ、どこで、認知症になっても自分らしく、安心して暮らしていける「認知症フレ ンドリー社会」の実現と発展のために情報発信とコミュニティづくりに取り組んでいきます。 朝日新聞社が運営しています。
サイトのオープン1周年を記念して、ショートフィルムの総合ブランドSHORTSHORTSと、ショートフィルムを募集し、このほど受賞作品の発表と上映が行われました。ご案内をいただき、もはや「若年性」でもなく、日々記憶装置に不安を感じ他人事ではないわたくし、取材に行ってきました。

IMG_1625.jpg


第1回なかまぁるShort Film Contest受賞発表&上映と トークイベント

■日時:2019年10月7日(月)19:00〜21:00
■会場:浜離宮朝日ホール 小ホール

■第1回なかまぁるShort Film Contest受賞発表

★最優秀賞 『The Right Combination』
 監督:坂部敬史(さかべたかふみ) / 14:21 / アメリカ / フィクション / 2014

★優秀賞 『英爺』
 監督:小野光洋(おのみつひろ) / 13:41 / 日本 / フィクション / 2019

★丹野智文特別賞 『介護しよう。MV feat.おばあちゃん』
 監督:川端真央(かわばたまお) / 4:31 / 日本 / フィクション / 2014

★ミュージックビデオ特別賞『愛のカタチ』
 監督:加藤マニ(かとうまに) / 5:39 / 日本 / フィクション / 2016

■トークイベント「認知症のイメージを変えるショートフィルムの可能性」
LiLiCoさん、丹野智文さん、 冨岡史穂「なかまぁる」編集長

詳細はこちら

受賞作品はいずれも、認知症を理解し見守り、ともに生きようという愛にあふれたものでした。特に最優秀作品は坂部監督がアメリカで映画を学んでいる折に作ったもので「ハリウッド映画?」と見まがう素敵なお爺ちゃまが登場。照明もカメラワークももちろんストーリーもよくできた完成度の高いものでした。
『カメラを止めるな!』のテレビディレクター役が印象的だった竹原芳子さんは「どんぐり」と改名して、世界カラオケの優勝者からプロデビューした海蔵亮太さんの「愛のカタチ」のミュージックビデオに出演。加藤マニ監督の演出のもと、認知症を患っても亡き夫への愛は変わらない、可愛いおばあちゃんを演じています。
受賞作品は「なかまぁる」サイトで公開できるよう準備中だそうです。少しお待ちくださいませ。(白)
posted by shiraishi at 22:17| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

『テルアビブ・オン・ファイア』アカデミー国際長編映画賞ルクセンブルク代表に決定!!

昨年の東京国際映画祭で「イスラエル映画の現在2018」の一環として、コンペティション部門で上映された『テルアビブ・オン・ファイア』。
ヨルダン川西岸地区で製作中のメロドラマのヘブライ語のチェック係の青年が、毎日通る検問所の所長に脚本家と間違えられ、ドラマの筋に介入されるという大笑いのブラックコメディー。

DSCF1389 telaviv.JPG
このたび、11月22日より新宿シネマカリテほかにて公開されることになり、サメフ・ゾアビ監督が来日。9月21日にインタビューの機会をいただきました。
その折に、アカデミー国際長編映画賞の代表に決まりそうだとおっしゃっていたのですが、見事、ルクセンブルグ代表に選出されました。
イスラエルとルクセンブルグ合作で、劇中で展開するドラマ部分をルクセンブルグのスタジオで撮影され、プロデューサーをはじめ、多くのルクセンブルクのスタッフも参加しているということもあり、ルクセンブルグ代表となったとのことです。

宣伝さんより、監督の喜びのコメントをいただきました。
「文化や芸術に国境や境界線はなく、この映画が世界中の映画祭や劇場の
両方で大きな成功を収めていることをとても嬉しく思います。実際、これから公開を予定している東京でのプロモーションから戻ってきたばかりです。オスカーの候補に選ばれたことはとても光栄で、わくわくと感謝の気持ちでいっぱいです。ルクセンブルクは、芸術的かつ設備的な部分で、本作を製作する上でかけがえのないパートナーで、すばらしいクリエイティブなスタッフとキャストとともに、映画の70%部分をルクセンブルクで撮影を行いました。」

サメフ・ゾアビ監督は、イスラエル国籍のパレスチナ人。
昨年の東京国際映画祭の折の記事をお見せしたら、写真を見て、1年前だけど、若いなぁ〜と。いえいえ、今も充分お若いです。いろいろと語ってくださいました。
インタビューの詳細は、こちらで!

去年の東京国際映画祭の舞台挨拶の模様は、こちらで!



『テルアビブ・オン・ファイア』

監督:サメフ・ゾアビ
出演:カイス・ナシェフ、ルブナ・アザバル、ヤニブ・ビトン、マイサ・アブドゥ・エルハディ、ナディム・サワラ、ユーセフ・スウェイド
2018年/97分/ルクセンブルク・仏・イスラエル・ベルギー/カラー/アラビア語=ヘブライ語
配給:アット エンタテインメント  
★2019年11月22日(金)、新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開






posted by sakiko at 21:36| Comment(0) | 取材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする