2019年10月29日

東京国際映画祭始まりました!その1(白)

10月28日(月)TIFF1日目

プレスセンターへキットを取りに行って、一番近い試写室(映画祭とは別)で『i新聞記者ドキュメント』ともう1本。
オープニングイベントとレッドカーペットは、(暁)さんと(K)さんが手分けして撮影に走っています。私は2日目から参戦予定。動画中継で雰囲気に浸りました。
『i新聞記者ドキュメント』(森達也監督)は話題になった映画『新聞記者』の原案者/東京新聞社会部記者・望月衣塑子さんを追ったドキュメンタリー。あらためて質疑応答のシーンなどをみると、望月記者のがんばりに頭が下がります。国会前のデモや沖縄でたくさん声をかけられていました。孤立無援にさせてはいけません。試写激込みでした。映画祭でも上映されますが、1日、4日とも満席。11月15日公開です。

10月29日(火)TIFF2日目
1本目は『 ゴーストタウン・アンソロジー』(カナダ)
凍てつく過疎の村で交通事故が起きて一人が死亡。残された家族は喪失感が埋まりません。
以後いるはずのない人間を見たり、空き家に人影が現れたりと不可解な現象が続きます。

IMG_1834.jpg

IMG_1845.jpg

ワールド・フォーカス『ファストフード店の住人たち』ゲスト:ミリアム・ヨン、アーロン・クォック、ウォン・シンファン監督
アーロン・クォックは金融ブローカーからホームレスに転落し、24時間営業のハンバーガー店に集まる人々の中心になる阿博(アボッ)。ミリアム・ヨンは彼に思いを寄せる歌姫シュウホン。香港映画ファンには嬉しい俳優さんたちが登場する群像人情劇。
初めてTIFFのゲストに来日したアーロン・クォック、香港四天王の一人として認識したのは90年代の初め。かれこれ30年になります。「對你愛不完」のめちゃめちゃ可愛かったアーロンをよく覚えています。映画では観ていますが、生アーロンは2002年の日本でのコンサート(シネジャ記事)以来かな。その後結婚してパパになり渋さも加わって、素敵なおじさま(1965年10月26日生まれ54歳!)になっていました。写真は上映前の舞台挨拶。ゲストたちは観客席で一緒に映画を鑑賞、上映後はQ&A。私は上映終了と同時に次の作品へすっとんでいき、続きは(暁)さんが取材。アーロンたちはサイン会や握手会までしてくれたようです。みなさまラッキーでしたね。

ワールド・フォーカス『チェリー・レイン7番地』ヨン・ファン 監督
1967年の香港。飛行機が空を横切る最初のシーンから、今はもうなくなった懐かしい香港の風景がひろがります。大学生が美しい母と娘の住む家を家庭教師として訪れ、独特のテンポでラブストーリーが進んでいきます。
ヨン・ファン監督の美意識と、香港と映画への愛があふれていました。主人公はもちろん美青年で、のぞき見する男子もいれば、一目で彼に執心の元京劇俳優も。人々が歩くのもゆっくりゆったりで、最近のアニメに慣れた目には少々まだるっこしいですが、ヨン・ファン監督の愛する香港のスピードはこれなのでしょう。ボイス・キャストが豪華、監督の人脈の豊かさが伺えます。
『美少年の恋』(1998)ファンのみなさま、ダニエル・ウー、スティーブン・フォンの声を聞き取ってくださいね。(白)

posted by shiraishi at 23:50| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月20日

ショートショートフィルムフェスティバル& アジア (SSFF & ASIA)「秋の映画祭」@写真美術館に行ってきました(白)

10月19日(土)
「2019年 受賞プログラム 5 〜ヒューマンドラマ特集」を鑑賞。1本目に遅刻。
(咲)さんおすすめのイラン発の『Aプラス』。学校帰りの男の子(10、11歳くらい?)が赤ちゃんを抱いた奥さんに呼び止められ、たくさんの買い物袋を部屋まで運ぶお手伝いをする。この奥さん、帰ろうとした男の子(名前忘れちゃった)に「脚立に登ってカーテンをレールに取り付けてくれない」と頼む。その間にタバコを吸いながら、根掘り葉掘り男の子の家の事情まで聞き出して(両親は離婚して父親と住み、母親には会っていない)、友達との電話でそのことを肴に「哀れな子」とまで言う。ひとしきり夫の悪口(喧嘩して昨日から帰宅していない)で盛り上がっている。数分で終わる(と図々しい奥さん)はずのカーテン取り付けはまだ終わらない。
その夫本人が戻ってきて「よその子にやらせるなんて」と言い、「あんたが帰ってこないからよ」と夫婦喧嘩再燃。男の子はやっと解放され、エレベーターに乗り込むと、妻の浮気を疑っている旦那さんが追いかけてくる。電話の相手は女性だったと返事したものの、門を出てから取って返す。インターホンに出た旦那さんにあることを告げ、ニンマリして歩き出す。
「Aプラス」は奥さんに聞かれて男の子が答えた成績のこと。「みんなそう言うわね」と奥さん。
この子がほんとに賢いのに、侮ってこき使い、しっぺ返しされたっていうことかな。

「BRANDED SHORTS プログラム」
世界の広告作品から映画的なものを集めています。企業がお金も手間をかけて作ったものなので、どれも面白い。
22AGAIN』は人付き合いの悪い鍵屋の店主が宝くじ(日本とはちょっと違うグループ買い)に一口乗り、大当たり!翌日換金するつもりが、きのうと同じ22日がまた始まってしまう。くじを買い足したり、いろいろ変えてみるが目がさめるとまた22日。何度も繰り返して店主が人に優しくなり、幸運をシェアしてやっと23日になるというハッピーなラストに。
『AT&T Cinema』映像の配信会社の短いけれどインパクトのあるCM。何本あったかな〜。
「The Shot」
「bus」
レイティングが厳しいアメリカですが、これいいの?と思うようなのもありました。
This is America

IMG_1743.jpg

画像はトークセミナーでの濱口竜介監督(右)。短編作品『明日のキス』『天国はまだ遠い』を上映。キャラクター造形のポイント、『ハッピーアワー』『寝ても覚めても』についてのお話も楽しかったです。(白)
posted by shiraishi at 19:07| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

二年ぶりのヤマガタです (千)

E766C948-927F-4F5D-979D-59FCC5F40FB4.jpeg


台風19号で被災された皆様にお見舞い申し上げます
私的には先日の「あいち国際女性映画祭」でも台風に追われ、また今回も台風で…映画祭ごとに台風に遭ってる…雨女ならぬ台風女でしょうか、泪。
間引き運転で動いていた東北新幹線で仙台まで行き、仙台駅から高速バスで山形駅へ、15日の午前中には到着できました。二年ぶりのヤマガタは、街の風景が少し変わっていて、なんとなく迷子にもなったりしながら山形国際ドキュメンタリー映画祭会場の一つである「山形まなび館」へ向かいました。此処には観光情報コーナーもあったりするので情報入手にもオススメです☆

A83D03C1-D08E-49A3-B6AF-5820B3A268C4.jpeg

FCE64E12-CDA4-44FF-A4D0-874341C5A8A8.jpeg

812EA7D3-66FB-4D67-8AD2-2AF8C0D16000.jpeg

映画祭の合間に食べる山形ゴハンも愉しみの一つ。初日のランチは映画祭関連イベント会場でもあるBrunoさんへ、生ハムとキノコのチーズリゾット美味しかったです&ご馳走様でした‼︎ 私は三日間のヤマガタ滞在ですが先輩スタッフ(暁)さんと(美)さんは、ほぼ全日程いますので、いろいろとお話しを聞くのも楽しいです。 (千)

☆ミッキーの毎日映画三昧
http://mikki-eigazanmai.seesaa.net/

☆山形国際ドキュメンタリー映画祭レポート
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/category/26963878-1.html

★山形国際ドキュメンタリー映画祭公式サイト
https://www.yidff.jp/home.html



posted by chie at 10:05| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月29日

アジアフォーカス福岡の旅 町歩きも楽し 2日目 3日目 (咲)

9月18日(水)
DSCF1219 eclair.JPG
ホテルエクレール博多、1階のアイリッシュパブで朝食。
一番奥の落ち着ける席が空いていてラッキー。

DSCF1225 kushida.JPG
昨日、時間がなくて寄れなかった櫛田神社にお参り。

10:45より、今回の一番の目的、 『恋の街、テヘラン』
監督 : アリ・ジャベルアンサリ
2019年/イラン、イギリス、オランダ/102分

ボディービルの元チャンピオンの男性、美容クリニック受付のアイスクリーム好きの太った女性、モスクで葬儀の折、葬送歌を唄う男性。恋に縁遠い3人のそれぞれの恋模様。

笑わせてくれました。そして、ほろ苦さも。
古式体操のズールハーネと今風のジム、男女別の合法的な結婚披露宴と、男女混合の非合法結婚披露宴、葬送の歌と結婚を祝する歌、いろいろな対比も楽しいものでした。
監督にぜひ話を伺いたかったです。ほんとに残念。
語りたいことがいっぱい。 なので、別に書きます。

午後の映画まで少し時間があるので、4人で柳橋連合市場の鮮魚店がやっている食事処へ。 海鮮丼 670円也。

おしゃべりしていたら、13:45からの『夜明けを待ちながら』 (インドネシア、監督: テディ・スリアアトマジャ)に少し遅刻。
東南アジア最大のレイブ“DWP”を間近に控えたジャカルタで暮らす若い女性。レコード店を営む青年と知り合うも、ドラッグディーラーの元カレが横やりを入れてくる・・・

ナイトクラブや、大規模なレイブでかかる音楽が、私の好みじゃなくて、うるさいばかり。
ストーリーも若い人向き? なんとか我慢して最後まで観たという感じ。
DSCF1238 yoakemae.JPG
ゲストのジョージ・ティモシーさん(共同プロデューサー)は、なかなかの好青年でした♪

16:15〜 
『シヴァランジャニとふたりの女』 (インド、監督: ヴァサント・S・サーイ)
上映後の7時からインタビューの時間をいただいていたので、とにかく寝ないで、しっかり観なくては!と、緊張。

上映後のQ&Aの模様はこちらで!

DSCF1283.jpg
7時からヴァサント・S・サーイ監督インタビュー。 とにかく、よくしゃべる!
福岡観客賞も受賞し、ご機嫌でした。
インタビューは、こちらでどうぞ!

インタビューを終えて、7時半から上映されていた福岡パノラマの会場に途中から入りました。『アオハルフラッグ』と『私刑執行日』の二本立て。
後半の『私刑執行日』に、映画談議仲間の福岡の映画サークルのOさんが出演しているので、間に合うといいなと思っていたら、ちょうど始まるところでした。

『私刑執行日』
 小田憲和監督
郊外のある部屋に集められた16人。部屋に置かれたパソコンの中から声がして、それぞれの過去の罪をあばいていく・・・
いつもの姿のOさんがスクリーンに。 一部屋での出来事なので出ずっぱり。ちょっと不思議な気分でした。
前日、Oさんから、主演女優二人は、常にメイクをチェックされていたと聞かされたのですが、確かに、主演二人は最後までばっちりメイク。 撮影場所には、おトイレもなくて、休憩になると、血まみれの役の人も、そのまま近くのコンビニに走ったとか。 そんな話を聞いていたので、映画作りって大変だなぁ〜と思いながら、画面を眺めました。

この日は、Oさんのご家族も大分からいらしていて、終わってからの映画談議には、さすがに参加されなくて、あれこれ聞きたかったのに残念でした。
福岡の映友さんが、野菜の肉巻きの串焼きが美味しい居酒屋さんに連れていってくださって、この日も映画談議。 


9月19日(木)

あっという間に、最終日。
でも、午前中の2本は既に観た映画。残念ながら、もう1回観たいという程じゃない。
2時45分に始まる映画まで、たっぷり時間があるので福岡を楽しむことに。

ホテルから歩いて、まず天神方面へ。
DSCF1307 tenjin.JPG
福岡市赤煉瓦文化館 その裏手には、金毘羅社とお稲荷さんの秋葉社。

DSCF1313.JPG
福博であい橋の手前にある旧福岡県公会堂貴賓館

DSCF1320 siyakusyo.JPG
福岡市役所の中の博多人形

地下鉄の一日乗車券を買って、まず「桜坂」に行ってみました。
2017年の観客賞授賞式の後に上映された福岡フィルムコミッション支援作品の香港映画『毒。誡(どくのいましめ)』に出て来たところなので、ちょっと行ってみたかった次第。
DSCF1326 sakurazaka.JPG
映画に出たお店を調べていかなかったので、こんなお店もあるということで一枚。

DSCF1347 seinan.JPG
地下鉄・西神で降りて、西南学院大学博物館へ。 恒例になってます。

DSCF1341 seinan.JPG
常設展の「キリスト教の母胎としてのユダヤ教」のコーナーがなんといっても興味津々
特別展は、「明治日本とキリスト教―蒔かれた種―」10月26日(土)まで。

DSCF1350 oobori.JPG
大濠公園にも寄ってみました。町のど真ん中に贅沢な存在。

DSCF1356 syoogetsu.JPG
地下鉄・祇園で降りて、キャナルシティそばの松月亭でランチ。福岡の映友さんから教えていただいたお店。後乗せ海鮮丼をいただきました。(1670円が千円に!)

14:45〜 『マルガド、月を喰らうもの』 (フィリピン、監督: ジョー・バクス)
実写にミニチュアセットとフィギュアによるストップモーションアニメを組み入れた構成。

すみません・・・ これは私向きじゃないと、5分で、出ました。
というか、西南学院大学博物館で知った[世界を変えた書物]展がどうしても気になったのです。

DSCF1374 sekai.JPG
「世界を変えた書物展」 博多駅上のJR九州ホールにて
金沢工業大学による、コペルニクスやガリレイ、ニュートン、アインシュタイン、ダーウィンなど、世界を一変させた発見や科学技術に関する初版本約130冊の展示。 (東京では、2018年の秋に開催されていたとわかりました)

イスラーム関係では、イラン生まれのアラビア物理学者・天文学者。数学者のアル・ハゼン(イブン・アル・ハイサム 965年〜1040年)の「光学宝典」のラテン語訳本が出展されていました。あと、アブ・マァシャルの「占星術」のラテン語訳。
ギリシャの学問が、イスラームの全盛時代にアラビア語に翻訳され、それがさらにスペインやシチリアでラテン語に翻訳されてヨーロッパ社会に伝わったことが、ほんの少しですが紹介されていました。もっと大きく言及してほしいところ。
*11月8日に公開される映画『スペインは呼んでいる』の中で、実はこの史実が語られています。 ぜひ注目を!

思い切って映画を抜け出して、観ることができ、満足の展示でした。
5時から熊本市賞『アルファ 殺しの権利』を観る選択もあったのですが、4時45分から『恋の街、テヘラン』をもう一度拝見。2度観ると、いろいろな発見があるもの。

映画が終わって、7時にレスリー・チャン追っかけ仲間の福岡在住のN子さんと待ち合わせ。
21:15分のフライトに間に合うぎりぎりまで、おしゃべりを楽しみました。

映画は結局7本しか観なかったアジアフォーカスですが、充実の3日間でした。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭事務局の皆さま、福岡の映画サークルの皆さま、ありがとうございました。また来年♪





posted by sakiko at 10:03| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

アジアフォーカス福岡の旅 短いながら充実! 1日目 (咲)

今さらですが、今年のアジアフォーカス福岡の旅の顛末です。
毎年楽しみにしているアジアフォーカス。今年はいつもより早く8月初めに上映スケジュールが発表されました。絶対観たいのは、イラン、インド、カザフスタンの3作品。さらに、イランの『恋の街、テヘラン』の監督Q&Aが、9月14日と18日の上映後にあるので、17日〜19日の2泊3日に決定。航空券とホテルのパッケージで予約しました。なのに、9月に入って、スケジュール表から、18日のQ&Aが消えました。映画祭事務局に問い合わせたら、監督が予定を変更されて17日に帰国されることになったとのこと。あ〜 残念!

17日、10時15分からの『フンバ・ドリーム』も是非観たいと、羽田7:25発のフライトで福岡へ。9時20分福岡空港着。地下鉄・中洲川端駅で降りてホテルエクレール博多に荷物を預けてから会場へ。10時10分にはキャナルシティに到着♪ 福岡は空港から町がほんとに近い! 

『フンバ・ドリーム』監督: リリ・リザ
2019年/インドネシア/75分
ジャカルタで映画作りを学ぶ青年。卒業制作に行き詰まり、故郷フンバ島に赴く。父の遺した未現像の16mmフィルムを、なんとか現像して見てみたいと奔走する。

インドネシア東部にある神秘的なサバンナの島フンバ。独特の家屋に、葬儀や女性たちの踊りなどを興味深く拝見。青年は子どもの頃、父が買ってくれた馬のことを懐かしく思い出すのですが、女性たちの衣装に馬の模様があって、フンバで馬が大事にされていることも感じさせてくれました。

見終わって、佐賀に住む大学の後輩Tさんとグランドハイアットホテル1階のお店でランチ。キャナルの噴水を眺めながら、てんこ盛りのローストビーフ丼をいただきました。

14:05〜
『ナイト・ゴッド』 監督: アディルハン・イェルジャノフ
2018年/カザフスタン/110分
終末を迎え闇が世界を支配し、空に現われた神を見た者はすべて焼き尽くされるという。ネオンがわびしく光る中、男一人と女二人。どこへ旅立とうとしているのか・・・

終始暗闇の中の、まるで舞台のセットのような街角。話も難解で、カザフスタンの風景も見れなかったのが残念でした。監督は、「不条理」を描いたそうですが、監督ご本人は来日されなかったので、映画にこめた思いを直接伺うことはできませんでした。
DSCF1146 nihgt god.JPG

制作会社のボータ・アブディラフマノワさんが来日。笑顔が素敵な25歳。
インタビューの時間をいただきました。
通訳になりたくて大学で英語を専攻。通訳として映画祭に参加する機会があり、映画に興味を持ったそうです。映画を通じてカザフスタンのことを紹介できるのが嬉しいと、にっこり。夢は、いつか自分の主宰する映画祭を開くこと。映画を通じて異文化をカザフの人たちに紹介したいと語ってくださいました。

18:30〜 福岡観客賞授賞式

福岡観客賞 『シヴァランジャニとふたりの女』(インド、ヴァサント・S・サーイ監督)写真下:左

熊本市賞 『アルファ 殺しの権利』 (フィリピン、ブリランテ・メンドーサ監督)写真下;右
DSCF1204.JPG

授賞式の模様は、こちらで!
http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/470387038.html

授賞式の後、福岡フィルムコミッション支援作品『電気海月のインシデント』の特別上映。
映画が終わって、映画談義の宴。 1年ぶりにお会いする福岡の映画サークルの方たちや、東京、名古屋から駆けつけたお仲間と、美味しいお料理をいただきながらの至福の時。
福岡観客賞 『シヴァランジャニとふたりの女』は、まだ誰も観てなくて、観るのを楽しみに。
熊本市賞 『アルファ 殺しの権利』は、観た人すべての評価が高く、納得の第二位。
それにしても、今年のアジアフォーカスは、暗い作品や、若者向きの作品が多いとの苦言が。ラインナップを見て、そそられる作品が少なかったのも事実。 社会派でありながら、楽しめる作品を期待したいところ。

皆と別れ、夜の町・中州を通ってホテルへ。 深夜営業している洋菓子店「ボン・サンク」で、ラムレーズンの生クリームどら焼きをおやつに購入。石村萬盛堂の洋菓子部門。思えば、ホテルの並びに石村萬盛堂の本店があるのですが、趣のある和風2階建ての建物が取り壊されて、現在、建て替え中。新しい博多の風景に生まれ変わるそうです。
P1210928.JPG

こちらは、去年撮った石村萬盛堂本店





posted by sakiko at 21:39| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする