2019年07月20日

今年は暑くなかったSKIPシティ国際Dシネマ映画祭 (咲)

会場がちょっと遠いけど、毎年楽しみにしているSKIPシティ国際Dシネマ映画祭。そして、毎年、この映画祭の時にはすごく暑くて、夏到来を感じるのですが、今年は涼しい映画祭でした。もっとも明日のクロージングは暑いかも。
DSCF0207 skip 320.JPG

全作品観たいところですが、上映予定をにらめっこして、行く日程を決定。
今年は、すごく迷いました。
なにしろ、国際コンペティションの10作品のうち、下記4作品が中東絡み。

『私の影が消えた日』 シリア内戦に翻弄される庶民
『ミッドナイト・トラベラー』 アフガニスタンから、ドイツを目指す映画監督の一家
『ザ・タワー』レバノンの難民キャンプで暮らすパレスチナの少女の物語 (アニメーション)
『陰謀のデンマーク』 イラク移民の両親のもとデンマークに生まれた監督の作品

さらに、下記5作品が女性監督作品。
『私の影が消えた日』 監督:スダーデ・カダン(シリア人)
『ブラインド・スポット』 監督:ツヴァ・ノヴォトニー (ノルウェー)
『イリーナ』 監督:ナデジダ・コセバ (ブルガリア)
『バッド・アート』 監督:タニア・レイモンド (アメリカ) ジオ・ゼッグラーとの共同監督
『旅愁』 監督:呉沁遥(日本、中国)

上記に挙げた以外の2作品
韓国の俳優キム・ユンソクの初監督作品『未成年(原題)』 、
ハンガリーの『ロケットマンの憂鬱』も、もちろん気になります。

迷った結果、フラットな多目的ホールで3本観るのはつらいと、14日(日)はやめて、15日(月・祝)と、夜に椎名桔平さんの登壇するトークのある17日(水)に決定!

上映を観られない作品は、DVDルームで観せていただくつもりでいたら、『陰謀のデンマーク』はDVDの提供がなくて、見損ねてしまいました。これが、重く暗い作品だけどよかったというのが観た人の共通する感想。日本で公開されることを切に願います。

17日、早起きできなくて、11時からの『イリ―ナ』は諦めたのですが、DVDを観ようと川口駅に11時半過ぎに着いたら、当てにしていた11:40の無料シャトルバスがない! 平日の時刻表をちゃんと見てなかったら、12:40までないことがわかりました。大急ぎで路線バスでのアクセスを調べて行きました。そのバスで、偶然『イリ―ナ』のプロデュ―サ―の方とご一緒になりました。アテンドしていた女性が、私に川口市立高校に行きますか?と聞いてきたのでわかった次第。
QAまで40分位しかなかったのですが、96分の『イリ―ナ』を早送りで観て映像ホールでのQAに行きました。
DSCF0209 kitano 320.JPG

プロデュ―サ―のお名前は、キタノフさん。「キタノに聞こえるでしょう。昨日は妻と一緒に京都に行って、真っ先に北野に行ってきました」とキタノフさん。
キタノフさんは、帽子がお好きで、この日被っていらしたのは、ホテルのある浦和で買ったもの。毎年、カンヌで必ず寄る帽子屋さんがあるけれど、自分の頭に合うサイズの帽子は、一つくらいしかなくて、色も選べないのに、浦和のお店には、7種類位あって嬉しかったとおっしゃってました。一見、いかつい感じの方ですが、ジョークのお好きな方でした。
DSCF0227 irina 320.JPG

Q&Aの詳細は映画祭の公式レポ―トでどうぞ!


さて、明日はクロージング・セレモニー。どの作品が受賞するか見守りに行きたいと思います。


posted by sakiko at 22:04| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

フランス映画祭横浜 取材終わって北朝鮮の工作船に中華街 (咲)

6月20日(木)
今日から「フランス映画祭2019 横浜」が開幕しました。
夜のオープニングセレモニーの前に、午後1時から3件の個別取材の時間をいただきました。

DSCF8494 my reborution 320.JPG
『マイ・レボリューション』ジュディス・デイヴィス監督
インタビューは、こちらで!

DSCF8500 kabul.JPG
『カブールのツバメ』ザブー・ブライトマン監督とエレア・ゴベ・メヴェレク監督
インタビューは、こちらで!

そして、『シノニズム』ナダヴ・ラピド監督にお会いするはずでした。
『カブールのツバメ』の監督さんたち取材が2時半に終わって出てきたら、あ〜なんと、ナダヴ・ラピド監督、予定のフライトに乗り損ねて、羽田到着が夕方になるとのこと。レッドカーペットとオープニングセレモニーが終わってからいかがでしょう?と提案いただいたのですが、それは無理。『シノニズム』は、今回、とても興味を持った作品だったので、ほんとに残念でしたが諦めました。
『シノニズム』作品紹介はこちらで!

DSCF8497 yokohama 320.JPG
取材場所 ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル 12Fから眺めた真下の景色

思いもかけず時間が出来たので、もう今日は横浜散策♪

ホテルから赤レンガ倉庫方面を目指し、海沿いにある海上保安資料館横浜館へ。
DSCF8511 yokohama 320.JPG
数か月前に横浜で高校の時の同級生と会った時に、ここに北朝鮮の工作船が展示されていると聞いて、一度行ってみたいと思っていた次第。

平成13年12月22日に発生した九州南西海域工作船事件で回収された工作船と中にあった銃や通信機など様々な回収物が展示されていました。
乗組員は、日本の海上保安庁に見つかった時点で自爆。その自爆装置も展示されていました。
漁船に見立てた工作船は30メートルの長さ。船自体は意外と大きいのですが、居住空間はとても狭くて、お国の為とはいえ、どんな思いで乗っていたのだろうと涙が出ました。

展示館を出ると、青空に下に海が広がっていて、平穏に暮らせることにあらためて感謝。
中華街で酢豚と春巻きに杏仁豆腐も付いたセット(880円也)をいただき、山下公園を通りの向こうに眺めながら元町へ。
DSCF8515 yokohama.JPG
山下公園は、高校時代、土曜日の放課後によく来たところ。一緒に来た同級生の中には、あの世に旅立ってしまった人もいます。もう会えないと思うと、涙。



posted by sakiko at 22:52| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

イスラーム映画祭4と、イランのお正月で大忙しの1週間 (咲)

3月16日(土)から、待ちに待った「イスラーム映画祭4」が始まりました。
主宰する藤本高之さんから日程を聞いた時、あ〜今年もまたイランの新年ノウルーズ(春分の日が元旦)とバッティング! お正月イベントと重ならなければいいけど・・・と危惧していたのが大当たり。苦渋の選択を迫られました。
上映後のトークは、どれも興味津々で全部聴いてみたかったけど、半分は諦めました。
映画は、なんとか8本拝見。未見のもので観られなかったのは、『乳牛たちのインティファーダ』のみ。BS世界のドキュメンタリーで50分の短縮版は観ていますが、75分の全長版、観たかったです。
『僕たちのキックオフ』『幸せのアレンジ』『西ベイルート』は、かつて観た作品でした。『西ベイルート』は、ほんとに観たのか?という位、忘れていて、でも、はっきり覚えているシーンがあったので、やっぱり観ているのよねと。よく覚えていると思っていた『僕たちのキックオフ』『幸せのアレンジ』も、新たな発見があって、映画って、ほんとに観るたびに違って面白い!

『僕たちのキックオフ』のシャウキャット・アミン・コルキ監督に、10年ぶりに映画を観たことと2008年のインタビューをWebに掲載したことをメールでお伝えしたら、さっそく「ノウルーズおめでとう」のメッセージと共に、今、新しい作品を作っているので、ぜひそれを携えて東京を再訪したいとお返事がありました。 藤本さん、ぜひ次回のイスラーム映画祭で上映してください♪
P1290022 fujimoto s.JPG
イスラーム映画祭 主宰 藤本高之さん
ほんとに、ありがとうございました! お疲れさまでした。 
また次回を期待しています。頑張ってください♪

さて、イランのお正月の催し。
イラン・イスラム共和国大使館文化参事室 イラン文化センター主催で、イランより、イラン伝統音楽団「ビーストゥン・ケルマンシャー」が招かれ、「ノウルーズ元旦伝統音楽祭」が開かれました。
大晦日にあたる3月20日には、イラン大使館のホールで、しっとりとした音楽会。

元旦3月21日には、上野の東京国立博物館平成館大講堂で、華やかな祝賀会。
半分近くは、在住のイランの方たち。「ノウルーズおめでとう」の挨拶が飛び交って、まさにお正月ムード。
P1290015 haft sin s.JPG
(ノウルーズの飾り物)
家族連れでいらした方も多く、子どもたちが最前列の大使や来賓の前を走り回っていたのも愛嬌でした。
P1290005 noruz.JPG
国歌に始まり、最高指導者ハメネイ師やロウハーニー大統領の新年の挨拶、イランのお正月ノウルーズの紹介動画などが1時間15分ほど続き、やっと伝統音楽の演奏。最後は、「エィ イラン」の歌で盛り上がり、予定の4時を20分越えて終わりました。
退場の列が滞っていると思ったら、イランのお菓子やナッツ、ジュースにバナナのお土産を一人一人に手渡ししていました。本来なら、終わってから飲み物や食べ物を提供したいところ、ここの会場では出来ないからと、イランらしいおもてなしです。

22日の夜には、白金プラチナ通りのペルシア絨毯ミーリーコレクションで、ノウルーズを祝う会。
P1290029 miri s.JPG
岩崎和音さんのサントゥールと、蔡レオさんのトンバックの演奏に酔いしれたあと、美味しいイラン料理に舌鼓。
DSC_1680 nouruz s.JPG
DSC_1683 nouruz s.JPG

その後、イランの友人宅に行き、ロサンジェルスやロンドンから発信されているペルシア語放送のお正月番組を見せてもらいました。どれも華やかな番組。女性たちは派手な化粧やドレス。もちろん髪の毛も出して。 踊るのが大好きなイランの人たち。男女一緒に踊る姿も。
イラン国内でも、これらの番組は、youtubeや他の方法で観られるので、イスラームの規範に則った国営放送の番組よりも人気だそう。1979年のイラン革命から40年。国外に出たイランの人たちの間で脈々と築かれている独自の文化。イランの国営放送の番組とは対極にあって、くらくらします。 これからのイラン、そして、イランの人たち、どんな方向に向かうのでしょう・・・

経済制裁でイラン国内では、物価が高騰。特に、イラン名産のピスタチオの値段は半端じゃなく高くなっています。お正月番組での面白いジョークを友人が教えてくれました。

ピスタチオの中古品 あります!

お年寄りが皮が固くて割れないので、まわりの塩をなめたもの。

ピスタチオの格安の飾り物 あります!

中身を食べたあとの皮だけを盛ったもの。

どんな境遇にあっても、したたかで、ユーモアを忘れないイランの人たち、大好きです!



posted by sakiko at 18:26| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

東京アニメアワードフェスティバル2019(白)

IMG_8450.jpg

本日3月8日(金)より始まりました。池袋のシネマサンシャイン池袋、新文芸坐、シネ・リーブル池袋、池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズなどを会場に3月11日(月)まで開催されます。

2015年と2016年には日本橋で取材しました。池袋に会場が移ってからは初めてです。急ぎ受付でパスをいただいて、まずコンペ作品『アナザー デイ オブ ライフ』(ポーランド)。詳しくは映画祭ブログのほうでレポします。また5月はじめには発行予定の本誌102号の映画祭特集にも掲載しますね。

京橋の試写室へ向かって『エマの瞳』『旅のおわり世界のはじまり』を2本続けて。

家に戻って大急ぎで夕飯。また池袋に戻ってオープニング作品『エセルとアーネスト ふたりの物語』(英)を鑑賞。「スノーマン」「さむがりやのサンタ」のレイモンド・ブリッグズの両親の実話です。カミーラ・ディーキンプロデューサーと『この世界の片隅に』の片渕須直監督がゲストでした。「ロンドンの片隅に暮らした普通の夫婦のリアルな暮らし」を丁寧に描いています。今年の秋に日本公開予定です。(白)

記事はこちらです。
アニメアワード1 http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/464565430.html
アニメアワード2 http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/464566180.html
アニメアワード3 http://cineja3filmfestival.seesaa.net/article/464577633.html
posted by shiraishi at 15:38| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

恵比寿映像祭 最終日

2月24日(日)
『ウロボロス』バスマ・アルシャリフ監督
自らの尾を噛む蛇、ウロボロスは、死と同時に復活の象徴である。ガザから始まるこの実験的な劇映画では、LA、モハーヴェ砂漠、マテラ、マルティーナ・フランカ、そしてブルターニュという異なる場所で、ある男が別れの痛みを繰り返し体験する。男の痛みは傷ついたガザと重なるが、舞台となっている他の地域もまた、長い歴史のなかで繰り返された破壊や忘却、再生を、風景の中に刻んでいる。(映像祭HPより)

IMG_8342.jpg

逆回しの映像が多く使われていて、台詞が少なく、想像力の必要な作品でした。ガザというとイスラエルとパレスチナの紛争で破壊されたところ、くらいの知識しかないのでこれは(咲)さんに観てほしかったです。理解力が不足のところに、アフタートークに田浪亜央江さん(中東地域研究・パレスチナ文化研究が専門)が登壇して、細かく解説。ありがたかったです。アルシャリフ監督は、円環する破壊と再生の歴史を表現したこと、暴力を直接描かない工夫をしたというのが腑に落ちました。

日仏会館でインスタレーション「ワールドツアー」を鑑賞。
映画は『ワイルドツアー』ですが、インスタレーションは「ワールドツアー」でした。
3面のスクリーンにそれぞれ違う映像が投影されています。映画に参加した学生たちが撮影した映像が次々と変化していきます。たくさんの若い人たちが熱心に見つめていました。

IMG_8351.jpg

いくつもの会場でさまざまな試みをしていた映像祭。少ない体験でしたが、普段劇場用の作品ばかり観ているので、斬新なアイディアや映像に驚きました。また来年びっくりしに行こうとおもいます。(白)
posted by shiraishi at 20:48| Comment(0) | 映画祭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする